【4953号】2021年度教区総会報告 東海教区

感染対策を施して実施、四役一新

第108回東海教区総会が5月25日から26日、池の平ホテル(長野県北佐久郡立科町)にて開催された。感染予防対策を実施した上で行われた開会礼拝では、宮本義弘議長による説教「務めを果たす」(二テモテ4・1〜5)が語られ、聖餐式が執行された。開会時出席議員は総議員数204名中91名。

議長報告において宮本議長は「東海教区五カ年計画」の最終年であったことに触れ、「疫病下にあって多くの集会が中止となり、主題の展開が不十分な一年であったことは否めない。しかし、5年間の歩みを通して、私たちは御言葉に聞く姿勢が整えられたという大きな成果を与えられた。折しも日本基督教団全体が疫病によって信仰が揺さぶられる中、東海教区では御言葉の響きの中に歩むことができたことを感謝している」と述べた。また、五カ年計画を踏まえ、特に終末論的な視点が現代において重要であることを考慮し、2021年度主題を「『終わり』に向かう教会」とすることを示した。

二日間にわたる議事では、特に伝道委員長を含む四役選挙および常置委員選挙、准允式執行の件、教会設立の件が扱われた。

四役選挙では、四役ともに多選禁止条項に触れるため、四役が一新された。この四役および新しく選出された常置委員によって「東海教区五カ年計画」後の教区形成が担われることになる。

准允式執行の件については4名の准允式執行が可決され、二日目の朝に執り行われた。

また、この総会には「八ヶ岳教会設立に関する件」が議案として提案され、可決された。可決後、疫病下にあっても神のくすしき御業がなされたことを感謝し、祈祷がささげられた。

四役選挙結果

【議長】宇田真(岩村田)

【副議長】柳谷知之(松本)

【書記】新里正英(三島)

【伝道委員長】宍戸俊介(愛宕町)

常置委員選挙結果

【教職】石井佑二(遠州)、高橋爾(清水)、兵藤辰也(中遠)、宮本義弘(沼津)

【信徒】土屋芳子(長野県町)、稲松義人(遠州栄光)、新庄田鶴子(静岡草深)、山室設子(沼津大岡)

(新里正英報)

【4953号】人ひととき 蒔かれた種はいつか芽を出す

心は貧しさや困難の中にある人と共に。それが昱子さんの人生だ。

今では高層ビルの立ち並ぶ川崎市武蔵小杉で終戦の年に生まれ、復興期の貧しさ中で育った。父は町工場の主人で、仕事を手伝うと掛け算を教えてくれた。屑やボロを求めてやってきた外国出身の方々に、優しく対等に接する姿が印象的だった。

中学では学校の体育館でドキュメンタリー映画を見た。「蟻の町のマリア」…神父の呼びかけを耳にし、山谷クズ屋部落で人々と生活を共にするに至った若きクリスチャン女性、北原怜子の姿に接し、自らのありようを恥じた。

私立で初めて短大から大学に改組された聖路加看護大学に1期生として入学。卒業後は隣の聖路加国際病院へ。当時病院は看護師の労働環境を巡って揺れていた。大卒看護師と贔屓される立場を捨て、仕事を教えてくれた先輩看護師らと共に、改善を求めて虐げられる道を選んだ。定年までを無役で通し、患者と向き合った。モーセのようだ。

見えない方の力に支えられ、身籠っても仕事を辞めずに産休をとる同病院で最初の看護師になった。眼科勤務だった1995年春の朝、視界が暗くなった患者が次々と運ばれてきた。地下鉄サリン事件の被害者だった。病室兼用に設計されたチャペルは患者で溢れ、時代遅れの点滴スタンドが重宝した。病院のサークル活動では復興を目指すカンボジアに数回足を運んで奉仕した。

高校生の頃はカトリック教会に通った。20年以上教会から足が遠のいていたが、三浦文学に親しんだ夫、貞昭さんの提案で草加教会に足を運び、二人で受洗。神様は蒔かれた種を必ず芽生えさせて下さる。今は毎朝二人で聖書を読む。困難の中にある人を覚えては祈りの手を休めない。

佐竹 昱子さん

草加教会員、関東教区宣教部委員、埼玉地区社会委員会会計

【4953号】「障がい」を考える小委員会

6月10日、第5回委員会がズームを用いて開催された。協議では、主に「障がい」を考える全国交流会について話し合った。

新型コロナウイルス感染症拡大により教会を取り巻く状況が一変し、2020年10月に開催予定だった「第7回全国交流会」が中止となった。今年は、昨年よりも新型コロナウイルスが拡大し、変異株も出現しているが、教会がオンラインでの会議や研修に慣れてきたこともあり、オンラインでの全国交流会開催の可能性を検討した。本来、全国交流会は、研修と交流の2本柱であるが、研修の部を中心に置くなら、オンラインでも可能であるとの見通しが立ち、全国交流会開催を決定した。以下の事柄について確認した。

講師は津田望氏(社会福祉法人のゆり会理事長)。主題は「大人の発達障害の理解と対応」。日時は2021年10月4日(月)13時30分〜17時。原則ズームでの参加をお願いする。ただし、サポートが必要な方にもできるだけ希望に沿うよう、教団会議室での参加にも対処する。参加費は無料。案内は2021年6月下旬、各教区事務所に発送する。日本基督教団ホームページにも、案内を掲載する。

次回の委員会は、全国交流会後に行う。

(徳田宣義報)

 

「障がい」を考える小委員会よりのお知らせ

昨年10月中止となった第7回「障がい」を考える全国交流会は、10月4日(月)、オンライン講演会に変更して実施いたします。主題は「大人の発達障害の理解と対応」。詳しくは委員会記事をご覧下さい。

委員長 竹村眞知子

【4953号】伝道委員会 「こころの友」文書応援伝道の発展に期待

第8回伝道委員会は、6月7日、オンライン会議形式にて行った。

本委員会がコーディネイトする「こころの友」文書応援伝道について、3教会からの支援辞退の申し出があり、これを受理した。近年、支援教会数の減少、あるいは継続する教会においても支援部数の縮小が傾向として見られる。本委員会はこれまでの諸教会の支援に感謝しつつ、文書応援伝道をさらに周知させることにより、この制度を維持、発展させたいと考えている。支援を受ける教会からは、新来会者のために、地域の人々のために、そして関係教育・福祉施設の利用者や職員のために「こころの友」が用いられていることが随時感謝と喜びをもって報告されている。

建築資金貸出金について、返済が滞っている貸出先に再度返済督促を行うこととした。当該教会(あるいは伝道所)単独での返済が困難な場合は推薦教区に支援を要請するように促す。本制度の基盤となる諸教会・伝道所の信頼関係を損なわせることのないよう、本委員会の意志と取り組みを確認した。

自由な懇談形式で、各委員が仕える教会や施設の感染防止対策とそれに付随する伝道上の課題を共有した。表面的な事象としては異なれど、同質の困難と向き合う友がいることに励まされつつ委員会を結んだ。

(村上恵理也報)

 

【4952号】機構改定の前提

2016年の第40回教団総会で、教団の財政状況について「経常会計が従来の予算規模を維持できるのは2020年度まで」との見通しが示され、衝撃をもって受けとめられた。

これを受けて教団の機構・財政の検討が急ぎ進められ、教団機構改定の素案がまとめられた。昨年度の各教区総会等で素案について検討を加え、教団総会に提出する成案をまとめるてはずだったが、コロナ禍のために作業はストップしてしまった。そのまま今年度もなお検討を進めることができない状況が続いている。

この間に、40回総会で示された「2020年度」を過ぎてしまった。しかし、思ってもいなかった形で「従来の予算規模」はすでに維持されない状態となってしまっている。コロナ禍のために教団の活動が大幅に縮小し、オンラインの活用によって経費の構造がすっかり変わってしまったいっぽう、困難な事態の中で諸教区からの要望を受けて教団負担金は減額されている。機構・財政の検討に着手した時点での前提が大きく変わってしまっているのだ。

こうした要因が今後どのように推移していくか、まったく見通せない。しかし、検討の時間がもう少しだけ与えられたのは確かだ。教団としての大きな決断に至る前に、なすべき議論を進めるよう促されていると受けとめたい。(教団総会副議長 久世そらち)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友