インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

教団新報:一覧

【5018号】記事一覧

2024年5月25日
【5018号】教区総会報告2024年度 1(1・2面) 【5018号】能登半島地震報告(2面) 【5018号】年金局よりお詫び・訂正(2面) 【5018号】「東北地方地震被災教会支援募金」献金報告(2面) 【5018号】事務局報(3面) 【5018号】青年大会参加者募集中(3面) 【5018号】伝道のともしび(4面) 【5018号】第69回 台湾基督長老教会(PCT)総会(4面) 【5018号】人ひととき(4面) 【5018号】教会の役目は?(4面)……

【5018号】教会の役目は?(4面)

 この時期、教団三役と総幹事が分担して各教区総会に赴き、各教会・伝道所等の様子を見聞きし、伝道の状況を把握することに努めている。  近年、多くの教会・伝道所が教勢および財政力の低下で苦しんでいる。このことは以前からの課題であったが、コロナ禍で一気にその傾向が進んでいる。コロナ禍はだいぶ落ち着いたが、教会ではなかなか礼拝出席者が回復していないとのことを聞く。各教区では、懸命に教会相互の支援や教師謝儀互助等の取り組みを進めている。  そのような中で、ある教区において、以前のような伝道の取り組みができなくなっていることで悩み、あらためて教会は何のために存在するのか、教会の役目は何なのかを深く考えさせられているとのことを聞いた。  その教区総会でもたれた追悼式の司式をした牧師が式辞の中で、今年の1月に天に召された同僚の牧師に、自教会の会堂修繕等の取り組みに一区切りついたことを話したところ、そ……

【5018号】人ひととき(4面)

神さまに示されるままに 奈良高畑教会員 小川富佐子さん  キリスト者であった伯母に誘われ、初めて教会に来たのは19歳。自分を温かく迎えてくれた教会は、小川さんにとって、ほっとすることのできる場所だった。ある日、牧師から声かけがあった。「もう1年以上、教会に通ったから、ぼちぼち洗礼を受けたらどうですか」。当時、何の疑いもなく「そうなんだ」と洗礼の招きに答えた。23歳のイースターのこと。  その後、奈良高畑教会で結婚式をし、3人の息子を授かり、子育てと仕事に追われる日々が始まった。礼拝は月に1回出席するのが精一杯であった。自分が教会に行けない時には、子どもたちだけで教会学校に参加していた。今当時を振り返って、子どもたちが教会の祈りの中で育てられたと実感している。  子どもたちが成人し、子育てに一区切りがついた頃、思い切って転職を決意した。日曜日は休みの職場に入職し、毎週の礼拝に出席す……

【5018号】第69回 台湾基督長老教会(PCT)総会(4面)

宣教の歴史を学ぶ    4月16〜17日、台湾彰化市で開催された第69回台湾基督長老教会(PCT)総会に出席した(総会は18日まで)。コロナ禍後初めて、ミャンマー、日本、アメリカ、韓国、インド、タイ、カナダ、マレーシアなど、海外の教会からの出席者を迎えての総会であった。  16日は開会礼拝の後、来賓の頼清徳新総統の来場を待ち(そのため総会会場には厳しい警護態勢が敷かれていた)、新総統が到着したところで、アメリカ(アメリカ長老教会)、日本(日本基督教団)、韓国(韓国基督長老会)の各教会の代表者3名が挨拶をした。  その後、海外の教会からの出席者は、総会会場として使用された彰化基督教醫院の歴史、および、台湾におけるキリスト教宣教の歴史について学ぶ時間をもった。それぞれ多くの資料や写真等が展示されている記念室において、丁寧な説明を聞いた。  17日は近隣の柳原基督長老教會を訪……

【5018号】伝道のともしび(4面)

伝道報告 伝道推進室より応援した教会・伝道所 罪の告白と執り成しの祈りから 大島シオン教会牧師 勝山健一郎  1979年、宗教音楽の研究を終えて帰国した松山興志雄牧師は、「この地で伝道しよう」との新たな志をもって、東京の下町である江東区大島一丁目の自宅マンションで開拓伝道を始めました。朝子夫人は、ミッションスクールに勤めつつ、単身ドイツに渡った夫牧師を物心両面で支え、自宅も帰国にあわせて購入しました。  このマンションは広さや交通の利便性もありましたが、選んだ最大の理由は「ジュネシオン」(若きエルサレム)という名前で、キリスト教徒の少ない日本で、聖書に基づいた名前の建物で教会活動がはじめられることに感謝し、教会名を「大島シオン教会」と定めました。1981年ペンテコステ礼拝後に「日本基督教団大島シオン伝道所」として教団に開所届を提出し、教会での礼拝が行われ、伝道が開始されま……

【5018号】青年大会参加者募集中(3面)

《日本基督教団 青年大会2024》 ◎日時 9月16日(月・休) 11時00分〜16時30分 ◎内容 礼拝・講演・交流会     分団(高校生/大学生/社会人)・全体会 ◎場所 オンラインでもつながる全国6会場 札幌教会(北海道)、東北教区センター・エマオ(仙台)、三崎町教会(東京)、金城教会(名古屋)、茨木教会(大阪)、福岡中部教会(九州) ◎テーマ聖句 「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。」(ヨハネによる福音書15・5) ◎テーマ コネクト−なかま・イエスさまとつながる ◎メッセンジャー 野田沢(学生キリスト教友愛会総主事) ◎講師 久保哲哉(聖学院中学校・高等学校チャプレン)     堀岡満喜子(北陸学院学院長・中高校長) ◎開催の目的 1.信仰生活を送る者たちが、信仰を同じくする仲間と出会うために、2.主イエス・キリストにある交わりを思い起こすた……

【5018号】事務局報(3面)

菅野正夫(無任所教師)  24年2月28日逝去、67歳。宮城県生まれ。89年日本聖書神学校卒業、同年より名古屋新生、小石川白山、秦野西、馬見労祷、貝塚、生駒、大和榛原教会を牧会。遺族は兄・菅野文夫さん。 飯澤 忠(隠退教師)  24年3月15日逝去、92歳。北海道生まれ。57年日本聖書神学校卒業、59年より美唄教会を牧会し、キリスト教視聴覚センター北海道支部、北星学園に務め、代々木教会を経て00年隠退。遺族は妻・飯澤弘子さん。 愛澤豊重(隠退教師)  24年4月2日逝去、76歳。東京都生まれ。78年立教大学大学院修了、同年より宮古、阿佐谷東、立川教会を牧会し、日本基督教団事務局に務め、松沢、横浜菊名教会を経て22年隠退。遺族は妻・愛澤操子さん。 宗宮 進(隠退教師)  24年3月11日逝去、90歳。岐阜県生まれ。60年東京神学大学大学院修了、同年より金城、津山、九十九里教会を……

【5018号】「東北地方地震被災教会支援募金」献金報告(2面)

2023年4月〜2024年3月末現在  2021年2月13日と2022年3月16日に「福島県沖地震」、2021年3月20日に「宮城県沖地震」と東日本大震災から10年後、3回も震度6の地震が襲いました。これまでに東北教区10教会と関東教区2教会の再建に17,656,250円を支援しました。  2023年度も1,462,023円をささげていただき、総額15,826,793円となりましたが、諸経費も含めて未だ2,134,967円が満たされていません。(一時的に教団資金より支出しております)能登半島地震への支援も感謝しておりますが、今一度「東北地方地震」を想い起していただき、おささげいただけますようお願いいたします。 ……

【5018号】年金局よりお詫び・訂正(2面)

 新報5017号6面年金特集№79、「2023年度『謝恩日献金』明細」欄、東京教区合計金額を833万7220円に、達成率を32%に、参加比率・西南支区を79%、東中国教区を50%に、お詫びして訂正いたします。

【5018号】能登半島地震報告(2面)

輪島教会仮礼拝堂を設置  能登半島地震救援対策委員会は毎月総幹事室においてリモートも交えて開催しています。3月に教団副議長・書記・総幹事・社会委員長が被災教会を問安しました。葬儀のため同行できなかった雲然俊美議長は4月初めに富来伝道所の宿泊も含め羽咋・七尾・輪島の各教会を問安し、直近の会議ではその報告もなされました。また4月より加藤幹夫中部教区議長が委員会に陪席することとなりました。今後も引き続き現地の情報収集を地区・教区が行い、教区常置委員会・教区総会で決定した事項を実行に移していきます。  教会再建については信徒の方々の思いに寄り添いつつ、能登圏の伝道の課題と共に時間をかけて考えていくこととなります。様々な意見を大切に聞き、経緯を祈り支えていきたいと願います。  報道の通り公費による家屋等の撤去や上下水道等の工事は申請後、しばらく順番待ちの状態です。関係者が懸命に力を注いでおられ……
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2024
The United Church of Christ in Japan