インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

教団新報:一覧

【4975号】記事一覧

2022年6月25日
■教団新報 第4975号 【4975号】2022年度❶教区総会報告(1面) 【4975号】2022年度❶教区総会報告(2面) 【4975号】☆教会幼稚園・幼児施設融資金募集☆(2面) 【4975号】▼社会委員会▼アクトアライアンスについて(3面) 【4975号】事務局報(3面) 【4975号】伝道のともしび 伝道報告(4面) 【4975号】フィリピン合同教会総会報告(4面) 【4975号】人ひととき(4面) 【4975号】聖公会の新しい歩み(4面)……

【4975号】聖公会の新しい歩み(4面)

 4月23日、札幌で行われた日本聖公会北海道教区の新主教按手・就任式に出席した。  英国国教会の流れをくむ日本聖公会では長く女性の聖職就任は制限されていた。1998年、初めて女性の司祭が任じられ、ついに昨年、北海道教区が新主教に笹森田鶴司祭を選出して、東アジアの聖公会で初めての女性主教按手に至った。コロナ禍で出席者が制限される中、笹森新主教とは神学校の同期のよしみで招かれて歴史的瞬間に立ち会わせていただいた。  新主教は挨拶で「女性の主教按手は日本聖公会が多様な人々の信仰共同体であることを示す。いっぽう、そのことに違和感を覚えたり神学的に違う立場の方々もいる。それでよい。今は長いプロセスの途上にある。今、日本聖公会の多様性の中での一致への模索の機会があらためて与えらえた。分裂ではなく対話による一致への招きに応えなければならない」と述べた。  『日本聖公会における女性の司祭按手に関する……

【4975号】人ひととき(4面)

知る力と見抜く力とを身に着けて 静岡一番町教会員 杉山真里菜さん  キリスト者の母と共に、幼い頃から静岡一番町教会に通っていた杉山真里菜さんは、中学・高校と静岡英和女学院で過ごし、高校2年生の頃に受洗した。教会員でもあった家庭科の先生の勧めで、高校時代には積極的に国外に出かけた。  カンボジアのスタディーツアーでは、幼い子どもたちが物乞いをしている姿に衝撃を受けた。タイのカレン族の村にホームステイをした際には、自然と共生する生活の豊かさを経験。近代化された先進国の生活が必ずしも幸せではないと感じた。これらの経験から「誰かのために役に立ちたい」という思いと共に、「何かをしてあげようというのも違うのではないか」との思いを抱いたという。  秋田の大学に進学し、農作業をしつつ生活をする中で、水の循環の中で生かされている恵みを体感、関心を環境へと向けて行った。在学中に1年間ノルウェーに……

【4975号】フィリピン合同教会総会報告(4面)

讃美と信仰の喜びに溢れる総会  5月23〜25日に、マニラの Century Park Hotel で開催されたフィリピン合同教会(United Church of Christ in the Philipp-ines 以下、UCCPと表記)総会に、西之園路子世界宣教委員長と高田輝樹職員が出席した。  UCCPは教団と同じくプロテスタント諸教派が合同してできた教会で、総会は4年に一度開催されている。本総会には代表議員356名、海外ゲスト数名、スタッフを含め、計400名ほどが参加。  フィリピンは人口のうち、80%がカトリック、13%がプロテスタント、両方合わせれば93%の人々がクリスチャンというキリスト教国。UCCPの方々も信仰に篤く讃美の喜びに溢れ、聖書の御言葉に従うからこそ、貧困や病気、その他の助けを必要とする人々に手を差し伸べる様々な活動を行っている。  総会初日は夕食と……

【4975号】伝道のともしび 伝道報告(4面)

祈りによって整えられた器 学校法人羔学園羔幼稚園 副園長 岸  惠  羔幼稚園は、1929年日本メソヂスト千葉教会(現日本基督教団千葉本町教会)の宣教の一貫として教会の創立と同時に設置されました。創設当時は教会敷地内にあり、1950年代に区画整理に伴い、教会裏の道路を挟んだ現在地に幼稚園のみ移転しました。その後、学校法人化を経て、現在に至っています。  学校法人化された今日でも、建学の精神としてのキリスト教を明確に位置付けています。創設以来、園長職は千葉本町教会の牧師が務め、今日、7代目となっています。また、学校法人の理事・評議員の多くは教会員がなし、その働きの中心を担っています。  2011年の東日本大震災での被災により補修を重ねつつも劣化していく園舎に、急遽、園舎新築を行うこととなり2020年に竣工となりました。本来は2029年の百周年に向けた事業となるはずでした。  幼稚園……

【4975号】事務局報(3面)

西 富三郎(隠退教師)  22年3月25日逝去、97歳。埼玉県生まれ。53年関西聖書神学校卒業、57年より恵良(現、玖珠)、三重、天草平安教会を牧会し、93年隠退。遺族は、妻・西薫子さん。 小原 正(隠退教師)  22年5月1日逝去、80歳。福島県生まれ。71年日本聖書神学校卒業。72年より小金、浜北、福生教会を牧会し、12年隠退。遺族は、妻・小原光恵さん。 谷田禎造(無任所教師)  22年5月1日逝去、90歳。兵庫県生まれ。56年同志社大学大学院修了。同年より錦林教会を牧会し、頌栄短期大学、広島女学院に97年まで務める。遺族は、妻・谷田悦子さん。 芦澤元造(隠退教師)  22年5月14日逝去、88歳。東京都生まれ。63年日本聖書神学校卒業。65年より大和キリスト、下川、名寄、苫小牧弥生教会を牧会し、01年隠退。遺族は、妻・芦澤雅子さん。 藤田正樹(無任所教……

【4975号】▼社会委員会▼アクトアライアンスについて(3面)

 4月28日に、社会委員会の学びをオンラインで行った。CWS(チャーチワールドサービス)Japan事務局の牧由希子氏より、「人道支援におけるグローバル・エキュメニカルネットワークの中で連携する私たち」というテーマで、主にactalliance、ACTジャパンフォーラムの説明を受けた。 actallianceとは? ◎世界最大のプロテスタント諸教会・正教会・キリスト教系組織によって構成されるグローバルな連合体、世界教会協議会(WCC)・ルーテル世界連盟(LWF)によって、緊急事態における人道支援を行うACT(Action by Chruches  Together)Internationalが1995年に設立され、2010年開発支援部門が統合され、現在のactallianceとなった。 ◎設立目的:各国地域レベルにおける人道支援・開発支援・政策提言 ◎世界140以上の教派・団体加……

【4975号】☆教会幼稚園・幼児施設融資金募集☆(2面)

 幼稚園・ 幼児施設(認定こども園・保育園等)の土地拡張、増改築、新築のため、幼稚園・幼児施設融資金2022年度分を次の要領で募集します。なお、今回「融資実施要綱」を改定しました。 ◎金額 50万円〜300万円 ◎返済期限 5年以内  ◎利子 期限内 年  0.5%(1%より変更)     期限後 年  1.0%(2%より変更)  2022年度は総額600万円を貸し出します。教区事務所を通して教団教育委員までお申し込み下さい。締め切りは8月31日です。融資実施要綱、申請書は教育委員会まで(電話03-3202-0544)。*教団HPからも。 幼稚園・幼児施設融資実施要綱・申請書類一式(PDF)……

【4975号】2022年度❶教区総会報告(2面)

京都教区  機構改定に反対し、2議案を教団総会に提出  京都教区定期総会を5月20〜21日に平安教会で開催した。開会時に議員144名中84名出席、二日目冒頭70名出席で総会成立。コロナ禍での時間短縮・会場設営の工夫を伴う3年ぶりの対面総会を行った。  一日目に三役・常置委員・教団総会議員選挙を行った。三役は全員再選、他の選挙結果は顔ぶれが約3分の1が前回から変わった。議長報告以下の報告議事では、教勢やコロナ禍に伴う教区財政などが問われた。そうした議事の休憩時には、議員相互が語らう姿があちこちに見られ、コロナ禍で久しくできなかった、大勢の人が集まる交流の活気が会場に感じられた。  議案19号「一般財団法人クラッパードイン設立に伴う定款に関する件」を可決した。これはアメリカ合同教会のWCM(ワイダー・チャーチ・ミニストリーズ)が京都市内に所有する元宣教師住居の土地建物を、社会的少数……

【4975号】2022年度❶教区総会報告(1面)

東北・関東・中部・京都・九州・東海 3年ぶりに対面で開催 東北教区  教会合併議案を承認  第77回東北教区総会は5月4〜5日、山形学院高校において、3年ぶりに対面方式で新型コロナウイルスの感染防止対策を取りながら行った。  総会正議員総数139名のうち、102名で総会成立を確認して議事に入り、その中で1名の准允式が執行された。  また、「郡山教会」と「郡山細沼教会」の合併の議案を審議。結果、可決され、新たに「郡山教会」として歩み出していくこととなった。  2021年度の活動報告・決算報告、2022年度の活動計画案・予算案、東日本大震災議案等の議案が審議され、各議案が承認、可決された。  さらに教区四役と常置委員、第42回教団総会議員選挙の各選挙が行われ、髙橋真人議長(会津坂下)、布田秀治副議長(いずみ愛泉)、瀬谷寛書記(仙台東一番丁)、荒井偉作宣教部委員長(名取)……
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan