インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白
Confession on the Responsibility during WWⅡ

 わたくしどもは、1966年10月、第14回教団総会において、教団創立25周年を記念いたしました。今やわたくしどもの真剣な課題は「明日の教団」であります。わたくしどもは、これを主題として、教団が日本及び世界の将来に対して負っている光栄ある責任について考え、また祈りました。

 まさにこのときにおいてこそ、わたくしどもは、教団成立とそれにつづく戦時下に、教団の名において犯したあやまちを、今一度改めて自覚し、主のあわれみと隣人のゆるしを請い求めるものであります。

 わが国の政府は、そのころ戦争遂行の必要から、諸宗教団体に統合と戦争への協力を、国策として要請いたしました。

 明治初年の宣教開始以来、わが国のキリスト者の多くは、かねがね諸教派を解消して日本における一つの福音的教会を樹立したく願ってはおりましたが、当時の教会の指導者たちは、この政府の要請を契機に教会合同にふみきり、ここに教団が成立いたしました。

 わたくしどもはこの教団の成立と存続において、わたくしどもの弱さとあやまちにもかかわらず働かれる歴史の主なる神の摂理を覚え、深い感謝とともにおそれと責任を痛感するものであります。「世の光」「地の塩」である教会は、あの戦争に同調すべきではありませんでした。

まさに国を愛する故にこそ、キリスト者の良心的判断によって、祖国の歩みに対し正しい判断をなすべきでありました。

 しかるにわたくしどもは、教団の名において、あの戦争を是認し、支持し、その勝利のために祈り努めることを、内外にむかって声明いたしました。まことにわたくしどもの祖国が罪を犯したとき、わたくしどもの教会もまたその罪におちいりました。わたくしどもは「見張り」の使命をないがしろにいたしました。

 心の深い痛みをもって、この罪を懺悔し、主にゆるしを願うとともに、世界の、ことにアジアの諸国、そこにある教会と兄弟姉妹、またわが国の同胞にこころからのゆるしを請う次第であります。

 終戦から20年余を経過し、わたくしどもの愛する祖国は、今日多くの問題をはらむ世界の中にあって、ふたたび憂慮すべき方向にむかっていることを恐れます。この時点においてわたくしどもは、教団がふたたびそのあやまちをくり返すことなく、日本と世界に負っている使命を正しく果たすことができるように、主の助けと導きを祈り求めつつ、明日にむかっての決意を表明するものであります。

1967年3月26日 復活主日
日本基督教団総会議長  鈴木正久
 

Official Translation under consideration April 4, 1968)

Protestant Christianity in our country originated from the work of foreign missionaries who came to Japan in 1859.  On February 2, 1872 (according to the old calendar), the first Protestant Church, the Nihon Kirisuto Kokai, was established in Yokohama.  This church belonged to none of the denominations found in foreign countries but was, as it were, a supra-denominational church.  Subsequently, however, denominations from Europe and America were transplanted to Japan, and their mission work expanded.  From a different angle at about the same time, proposals for union arouse frequently among the several denominations, partly stimulated from abroad by the ecumenical movement.  Finally, the opportunity arose, coincidentally occasioned by the promulgation of the Religious Organizations Law, for all the Protestant churches of the country to unite.  On October 17, 1940, at a mass meeting in Tokyo of Christian laypersons from all parts of Japan, a declaration of church unity was made.  On the basis of this declaration, over thirty Protestant denominations achieved unity at a Founding General Assembly held at the Fujimichio Church on June 24-25,1941.  Thus, the present United church was established, in accordance with the following general doctrinal statement:

“The Triune God, being Father, Son and Holy Spirit, revealed by the Lord Jesus Christ and attested in the Holy Scriptures, grants forgiveness of sins to those who believe in the atonement affected by the Son who, for the sins of the world and its salvation, became man, died, and rose from the dead.  These believers He accounts as righteous, He sanctifies them and grants them eternal life.

“The Church, as the body of Christ made up of those who are called by grace, observes worship, preaches the Gospel, administers the Sacraments, and wats in hope for the coming of the Lord.”

Later, in conjuncition with the annulment of the Religious Organizations Law, the proposal was made that the United Church’s organization be revised.  On October 16, 1946, the Constitution was re-enacted, making it publicly evident that this body was indeed a united church of its own volition.  Then on October 27, 1948, the Constitution was revised, and it was decided that the United Church would confess its faith in the words of the Apostles’ Creed.  At length, on October 26, 1954, the United Church adopted its own Confession of Faith.  Thus this United Church, which under a wondrous providence and in the unity of the Holy Spirit had from the time of its founding labored for the formation of a stable church, in this way publicly established its oneness with the holy catholic church.

Enacted


もどる
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan