インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

お知らせ:一覧

輪島教会仮礼拝堂設置のお知らせ

2024年5月16日
5月13日月曜日、輪島教会仮礼拝堂が設置されました。 教団関係者だけではなく、他教派の信仰者たちも集われ、総勢31名でこの時を喜びのうちに過ごしました。 (カトリック金沢教会の教職と信徒、バプテスト教会の3教会の教職と信徒、NCCの方々) 電気・水道工事を経て、5月19日のペンテコステから礼拝に使用します。 現在、牧師館の隣家が少しずつ倒れ、崩れてきているため、新藤牧師はこの仮のスペースで寝泊まりできるようになっています。   ……

I Love Taiwan Mission 2024 参加者募集

2024年5月7日
 日本基督教団と協約を結ぶ台湾基督長老教会(PCT)が主催するI Love Taiwan Mission 2024の参加者を募集します。  必要事項をよくお読みの上、ご応募ください。 I Love Taiwan Mission 2024 募集要項 I Love Taiwan Mission 2024 主催:台湾基督長老教会 ( The Presbyterian Church in Taiwan /PCT) 応募窓口:日本基督教団台湾協約委員会/世界宣教委員会 協力:学生キリスト教友愛会(SCF) 日時:2024年7月4日〜19日 参加人数:5名程度 参加条件:下記の全てを満たす者 〈I Love Taiwan Mission 2024 主催者参加条件〉  ①16歳〜35歳まで  ②異文化交流に使命感を持っている  ③台湾地方教会、組織のサマープログ……

賛美歌著作権について

2024年4月16日
出版局ホームページで、賛美歌著作権のご案内ページをリニューアルしました。 詳細は出版局ホームページをご覧ください。 https://bp-uccj.jp/company/c1950.html ・出版局の管理作品の礼拝の配信での使用について、 2020年より続いた新型コロナ感染症による特別措置を、2024年3月をもって終了しました。 替わって、各個教会・キリスト教主義教育機関が配信で賛美歌使用される場合に、 年度ごとに1回の申請で一括許諾することとなりました。 「年度一括許諾専用申請フォーム」により、Webでの申請が可能です。 ・各讃美歌集の著作権一覧をpdfで掲載しています。 (随時最新情報に更新します) ・キリスト教関連団体・学校の礼拝・集会での配布物への印刷使用については 「クイック申請フォーム」を掲載しました。web上で申請が可能になりました。……

2024年人権文化セミナー連続講座・第1回

2024年4月15日
浅草・弾左衛門の史跡フィールドワーク  人権文化セミナー連続講座の第1回は、NCC 部落差別問題委員会の水野委員の案内で「浅草・弾左衛門の史 跡フィールドワーク」です。事前学習では、幕末の弾左衛門の差別撤廃と近代の皮革・革靴産業の振興を中心に、 部落とは何か、部落差別とは何か、どのように部落差別をなくすことができるかを考えます。 幕府の医師・松本良順や新撰組の近藤勇との交流。皮革職人に対する醜名除去や第二次長州戦争、戊辰戦争へ の出兵。8代将軍徳川吉宗の金納令の「穢多」呼称の差別記載に対する6代弾左衛門の町奉行所への抗議の 13 代 弾左衛門の配下の皮革職人への周知。  150 年前の被差別部落出身者の祖先が部落差別に対して、どのような自尊感情を持って差別と向き合ったのか、 現代の部落差別をなくす人権教育の内容を具体的に考えます。 日時 2024……

台湾地震緊急救援募金のお願い

2024年4月12日
 主の御名を讃美いたします。  4月3日、台湾東部を中心に、マグニチュード7.2の地震が発生し、最大震度6強を観測した花蓮県を中心に、多くの被害が報告されています。台湾基督長老教会に属する玉山神学院の建物をはじめ、複数の教会の建物に被害が生じたほか、教会員にも死者・負傷者が出ています。  社会委員会では、緊急救援募金を開始しましたので、祈りをもってご協力をいただきますようお願い申し上げます。 2024年4月12日 日本基督教団社会委員会委員長 柳谷知之 募金期間 特に定めず 目 標 額 特に定めず 送 金 先 加入者名 日本基督教団社会委員会 郵便振替 00150-2-593699 (通信欄に「台湾地震緊急救援募金」とお書きください。) 〒169-0051東京都新宿区西早稲田2-3-18-31 日本基督教団社会委員会 電話 03-3202-0544 Mail  s……

エキュメニカル奨学金募集開始のお知らせ

2024年4月9日
主の御名を賛美いたします 2024年度日本基督教団エキュメニカル協力奨学金のご案内です。 この奨学金は、2007年に解散した宣教協力協議会(CoC)の留学生奨学金制度を受け継ぎ2008年に設置されたもので、毎年2名に支給されております。今年も公募を始めましたので、ご案内申し上げます。 <奨学金> ・支給する奨学金は、一人あたり36万円を上限とし、日本基督教団国際関係委員会の定める額とする。 ・奨学金の送金は2024年9月までに行う。 ・奨学金の送金は、奨学生の研究・研修機関を通じて行う。 <申し込み方法> 所定の申し込み用紙に必要事項を記入の上、研究・研修機関を通して、2024年6月28日金曜日(必着)までに下記に提出する。 申し込み先:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 日本基督教団事務局 国際関係委員会宛 <提出書類> (1) 願書 (2……

青年大会2024 開催のお知らせ

2024年3月28日
 青年大会実行委員会公式HP→https://uccjsenen.my.canva.site/    主の尊い御名を賛美いたします。  これまで日本基督教団では、2014年に伝道委員会・教育委員会・伝道推進室の共同開催で400人規模の教会中高生・⻘年大会を(YMCA 東山荘・御殿場にて)、2017 年夏には宗教改革500周年記念事業として200名規模の教会・中高生大会を(恵みシャレー軽井沢にて)、2018年春には1000人規模の教会⻘年大会を(⻘山学院大学にて、超教派のゲストを迎えて)実施してまいりました。継続して中高生・⻘年大会を実施してきた次第です。その後、コロナ禍に入り大会を止めざるを得ない状況となりました。  今期第42総会期の「教会中高生⻘年大会の目的」は、下記の通りです。 (1)日本伝道の幻に仕えるために、次代の教会を担う若き器が育てられる (2)……

「永住取り消し反対」オンライン緊急集会の発言者と集会参加へのお願い

2024年3月25日
 主の平和  政府は3月15日、技能実習制度を廃止して育成就労制度を創設する法案と合わせて「永住許可取り消し」法案を閣議決定し、国会に上程しました。私たち外キ協は同日、教会共同声明を出して各教派・団体、関係委員会、教会に賛同を呼びかけています。  この法案は4月中旬から衆議院法務委員会で審議されますが、倒産や失業、大病して、税金や社会保険料を何回も催促されても支払うことができなかった時/在留カードを常時携帯しないで何回も捕まった時/在留カードの更新(7年ごと)をつい忘れて入管に行かなかった時/何かのトラブルで、住居侵入罪など微罪で捕まり1年以下の拘禁刑(執行猶予も含む)になった時など――「永住者」という在留資格を取り消す、というのが今回の法案です。しかし、上記のような「予期しない事態」などは、日本人であろうと外国人であろうと、長い人生のなかで誰にも起こりうることです。  東京駐在のフ……

【5016号】2024年度「教師継続教育研修会」開催案内(4面)

2024年3月23日
◎日時 2024年7月30日(火)14時〜8月1日(木)12時 ◎場所 関西セミナーハウス(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23) ◎参加対象 准允後3〜10年までの教師、他教派から転入後10年までの教師、その他教師委員会が承認した者(最大准允後15年まで) ◎主題 「続・説教と牧会」 ◎講師 講演1=越川弘英、講演2=小泉 健 ◎参加費 15,000円(10,000円を超えた交通費を援助します) ◎申込 kyoshi-c☆uccj.org ※☆を@にかえてください     日本基督教団教師委員会まで。  開催要項・プログラム・申込書を送付するので、申込事項を記入の上、6月14日までにお申込みください。

Love Noto お祈りメッセージ募集

2024年2月27日
Never forget NOTO 能登半島の皆さんを覚え続けます Love, Peace and Harmony 愛、平和、そして調和を Pray for NOTO 能登半島への祈り 堅固な思いをあなたは平和に守られるあなたに言頼するゆえに、平和に。 どこまでも主に信頼せよ、主こそはとこしえの岩。 イザヤ書26章3節~4節  日本基督教団は能登半島地震で被災した皆さまへ向けて、お祈り、メッセージを募集します。  動画での投稿も受け付けます。  皆さんから送られてきたテキスト・動画・写真は編集して日本基督教団のInstagramに順次掲載してゆきます。  ・お名前  ・所属(教会名等)  ・お祈りメッセージ(文章、動画、写真等)  上記を明記の上、メールFAXでお送りください。  お祈り・メッセージ・動画・写真の送り先  MAIL ……
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2024
The United Church of Christ in Japan