インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

新型コロナウイルス感染拡大の渦中で,教団新報:一覧

【4953号】人ひととき 蒔かれた種はいつか芽を出す

2021年7月17日
蒔かれた種はいつか芽を出す 佐竹 昱子さん 草加教会員、関東教区宣教部委員、埼玉地区社会委員会会計 心は貧しさや困難の中にある人と共に。それが昱子さんの人生だ。 今では高層ビルの立ち並ぶ川崎市武蔵小杉で終戦の年に生まれ、復興期の貧しさ中で育った。父は町工場の主人で、仕事を手伝うと掛け算を教えてくれた。屑やボロを求めてやってきた外国出身の方々に、優しく対等に接する姿が印象的だった。 中学では学校の体育館でドキュメンタリー映画を見た。「蟻の町のマリア」…神父の呼びかけを耳にし、山谷クズ屋部落で人々と生活を共にするに至った若きクリスチャン女性、北原怜子の姿に接し、自らのありようを恥じた。 私立で初めて短大から大学に改組された聖路加看護大学に1期生として入学。卒業後は隣の聖路加国際病院へ。当時病院は看護師の労働環境を巡って揺れていた。大卒看護師と贔屓される立場を捨て、仕事を教えてくれた……

【4953号】「障がい」を考える小委員会

6月10日、第5回委員会がズームを用いて開催された。協議では、主に「障がい」を考える全国交流会について話し合った。 新型コロナウイルス感染症拡大により教会を取り巻く状況が一変し、2020年10月に開催予定だった「第7回全国交流会」が中止となった。今年は、昨年よりも新型コロナウイルスが拡大し、変異株も出現しているが、教会がオンラインでの会議や研修に慣れてきたこともあり、オンラインでの全国交流会開催の可能性を検討した。本来、全国交流会は、研修と交流の2本柱であるが、研修の部を中心に置くなら、オンラインでも可能であるとの見通しが立ち、全国交流会開催を決定した。以下の事柄について確認した。 講師は津田望氏(社会福祉法人のゆり会理事長)。主題は「大人の発達障害の理解と対応」。日時は2021年10月4日(月)13時30分〜17時。原則ズームでの参加をお願いする。ただし、サポートが必要な方にもできる……

【4953号】伝道委員会 「こころの友」文書応援伝道の発展に期待

第8回伝道委員会は、6月7日、オンライン会議形式にて行った。 本委員会がコーディネイトする「こころの友」文書応援伝道について、3教会からの支援辞退の申し出があり、これを受理した。近年、支援教会数の減少、あるいは継続する教会においても支援部数の縮小が傾向として見られる。本委員会はこれまでの諸教会の支援に感謝しつつ、文書応援伝道をさらに周知させることにより、この制度を維持、発展させたいと考えている。支援を受ける教会からは、新来会者のために、地域の人々のために、そして関係教育・福祉施設の利用者や職員のために「こころの友」が用いられていることが随時感謝と喜びをもって報告されている。 建築資金貸出金について、返済が滞っている貸出先に再度返済督促を行うこととした。当該教会(あるいは伝道所)単独での返済が困難な場合は推薦教区に支援を要請するように促す。本制度の基盤となる諸教会・伝道所の信頼関係を損な……

【4952号】機構改定の前提

2021年6月26日
2016年の第40回教団総会で、教団の財政状況について「経常会計が従来の予算規模を維持できるのは2020年度まで」との見通しが示され、衝撃をもって受けとめられた。 これを受けて教団の機構・財政の検討が急ぎ進められ、教団機構改定の素案がまとめられた。昨年度の各教区総会等で素案について検討を加え、教団総会に提出する成案をまとめるてはずだったが、コロナ禍のために作業はストップしてしまった。そのまま今年度もなお検討を進めることができない状況が続いている。 この間に、40回総会で示された「2020年度」を過ぎてしまった。しかし、思ってもいなかった形で「従来の予算規模」はすでに維持されない状態となってしまっている。コロナ禍のために教団の活動が大幅に縮小し、オンラインの活用によって経費の構造がすっかり変わってしまったいっぽう、困難な事態の中で諸教区からの要望を受けて教団負担金は減額されている。機構・……

【4952号】事務局報

逝去 松本明子(隠退教師) 21年4月23日逝去、90歳。東京都生まれ。53年日本聖書神学校卒業。55年より美竹、聖和、三島、溝ノ口教会を牧会し、98年隠退。遺族は息・松本牧生さん。 浅田容子(隠退教師) 21年4月27日逝去、78歳。愛知県生まれ。77年米国・ドルー神学校卒業。86年受按、88年転入。89年より米国長老教会シカゴ中会、米国合同キリスト教会ハワイ教区ヌアヌ組合教会、ユニオン日本語教会を牧会し、14年隠退。遺族は従妹・石原和子さん。 小林 望(無任所教師) 20年4月17日逝去、89歳。広島県生まれ。67年関西学院大学大学院卒業。同年より塚口教会を牧会し、67年より2000年まで活水学院に務める。遺族は妻・小林美智子さん。 松山幸生(隠退教師) 21年5月2日逝去、91歳。東京都生まれ。56年日本聖書神学校卒業。同年より東松山、井荻、西荒川、三・一(代々木山谷……

【4952号】人ひととき 韓国と日本の架け橋として 青戸 貞愛さん

韓国と日本の架け橋として 青戸 貞愛さん 韓国生まれ・韓国籍の青戸貞愛(アオト・ジョンエ)さんは、18歳の時に韓国で洗礼を受け、1992年、日本人男性との結婚を機に来日。信仰深かった義母と共に野田教会で教会生活を送ることとなったが、そのことは大いなる恵みであり、「クリスチャンホームでの教会生活という夢が叶い、義母の後を継いで奏楽の奉仕等をさせていただき、神様の導きに感謝している」とのこと。現在も野田教会で役員やCS教師等、多岐に渡る奉仕をされている。 2003年より全国教会婦人会連合に、2005年からACWC(アジア教会婦人会議)日本委員会に関わるようになり、2015年から日本代表としてACWCの会議に出席し、現在2期目を迎えている(2022年で任期満了)。「天国に国籍がある者として、与えられたところで主に仕えることに感謝しております」と述べられた。 ACWCは1958年に発足、草……

【4952号】伝道報告 バット博士の願い 〜子どもたちと共に〜

バット博士の願い 〜子どもたちと共に〜 社会福祉法人基督教児童福祉会バット博士記念ホーム 園長 宮本 和武 バット博士記念ホームの創立は65年前、バット博士記念センター(世田谷区玉川中町)に遡る。 1947年頃、米国CCF(現ChildFund International)は、児童福祉施設への援助を開始し、1952年9月、社会福祉法人基督教児童福祉会(以下、「本会」という)が誕生した。バット博士が援助を組織的計画的に遂行するよう懇願し実現した。CCFは26年間に渡り、援助児童総数19万2899人、援助金額25億円を投じた。終結と同時に、今度は私たちがアジアの子どもたちのために、国際精神里親運動部(現ChildFund Jap-an)を開始した。援助を受けた日本キリスト教児童福祉連盟が後押しした。バット博士はララ物資の配分責任者として尽力し、ララ終結や本会創立を見ないで召された。 本……

【4952号】第41総会期第13回臨時常議員会

出版局経営改善、ステアリング・コミッティとして協議 第13回常議員会(臨時)が、6月8日、常議員29名が参加して開催された。前常議員会から継続となっている、教団総会開催方法に関する件と出版局に関する件を扱った。 出版局関連ではまず前回からの継続審議案件となっている「出版局に関する件」(責任役員会下に経営監視チームを設置する)を取り下げ、新たな議案を提出することが雲然俊美書記より説明された。取り下げについては賛成多数で承認され、その上で「出版局経営改善に関する件」が上程された。 本議案は教団三役、総幹事、出版局理事長の五役がステアリング・コミッティ(運営委員会)として経営改善の取り組みについて協議し、必要に応じて経営および業務内容に専門的な知見を有する者を陪席者として迎えて意見を聞くことなどを旨とするもの。費用については常議員会費から支出される。 雲然書記は提案理由として、第12回常……

【4952号】社会での奉仕者の声に聞く-社会委員会が支援した活動の中から
新型コロナウイルス 感染拡大の渦中で

他人事が我が事に 京都の夜回り 《京都府》 京都の夜回りは週に2回、夜10時頃から京都駅周辺や市内の繁華街周辺を回ります。お茶と紙コップ、毛布、カイロ、下着や防寒具、時にはおにぎりや非常食を持って野宿している人に会いに行きます。新型コロナウイルス感染防止のため、マスクなしでは立ち入れない場所もあり、必要な方にはマスクも配布しています。 そこで野宿している人の生活の様子や体の具合を聞くのですが、聞くためにはそれなりの覚悟が必要で、例えば具合が悪いと聞けば「ではどうするのか」が問われます。相手が話してくれたことに応えようとする時に、他人事が我が事になるのだと思います。 体の具合を聞いて、場合によっては救急車を呼ぶこともありますが、私たちはひとり一人の要望に応じて病院に付き添ったり、施設の入所や生活保護の申請のために福祉事務所に行ったりします。入院すればお見舞いに、施設に入所したと聞けば……

【4952号】☆教会幼稚園融資金募集☆

幼稚園の土地拡張、増改築、新築のため、幼稚園融資金2021年度分を次の要領で募集します。 ◎金額 50万円〜300万円 ◎返済期限 5年以内 ◎利子 期限内 年1% 期限後 年2% 2021年度は総額600万円を2〜3の教会幼稚園に貸し出します。希望幼稚園は、教区事務所を通して教団教育委員会まで申し込んでください。 締切は、8月31日(締め切りました)。 融資規定、申請書は、教育委員会まで。
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan