インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

教団新報:一覧

【4985号】 ▼部落解放ユースゼミナール▲(2面)

2022年11月12日
「水平社宣言100年」と「部落女性」をテーマに  部落解放ユースゼミナールが9月18〜19日に開催された。テーマは「『水平社宣言100年』と『部落女性』」。講師に川﨑那恵さんを迎え、一日目は尼崎教会を会場にし、オンラインも併用して講演を聞いた。二日目は水平社博物館の見学とフィールドワークを予定していたが、台風の接近のためプログラムを変更し、オンラインにて講演の分かち合いと意見交換のときを持った。参加者は34名だった。なお計画していた水平社博物館の見学は、日を改めて行う予定である。  川﨑さんは、「福音と世界」2022年3月号にて「部落女性のスティグマ」と題して記事を執筆しており、この内容をさらに深めて話した。部落差別と解放運動の歴史を振り返りながら、家父長制による女性差別と部落差別の中で孤立させられ、沈黙させられていった「部落女性」の声を、丁寧な聞き取りの中から紹介した。また自身の部落……

【4985号】 ▼教団教誨師会総会・教区代表者会・研修会▲(2面)

4年分の報告と新期の計画を承認  教団教誨師会総会・教区代表者会・研修会が、9月5、6日の両日、東京山手教会において34名の出席で開催された。コロナ感染症拡大によって、総会は4年ぶり、教区代表者会・研修会は3年ぶりとなった。また、両日とも感染対策を行い、日程に食事をはさまず、短縮したプログラムとしたが、内容はとても充実したものとなった。  総会は、2018年度から4年分の事業報告、決算が承認され、2022年度から1期2年の新運営委員選出と事業計画、予算案が可決された。新運営委員は次の通り。会長=加藤幹夫、副会長=福田哲、書記=浦上結慈、会計=塚本吉興、総務=原裕、ひとやの友=横井伸夫、監査=岸本光子、海老原佳奈子。  教区代表者会では、各教区における教誨師の働きについて、課題を協議し分かち合った。  研修会は、映画「教誨師」の監督をされた佐向大氏に「光と闇」というテーマで、御自身の……

【4985号】▼EMS(連帯福音宣教会)▲(2面)

神の国を地上にもたらすために  9月19〜21日にドイツのシュトゥットガルトにてEMSのProPro委員会が行われた。  東日本大震災時、EMSから日本基督教団に多額の支援金が送られた。また部落解放センター、教誨師活動、アジア学院等のためにも支援をいただいている。EMSは南西ドイツの教会の働きと基金が元となって始まった活動だが、今は国際的な広がりを見せている。  その申請書類について検討するのがProPro委員会であり、ドイツ、インドネシア、中東、アフリカ、インド・東アジアのそれぞれの地域から計6名の委員が選出される。今年度より西之園路子世界宣教委員長がこの委員に加わった。また今年は委員会に先立ち9月16日にEMSの50周年記念礼拝と祝賀会が開催され、EMS関係者やPro Pro委員たちの共同司式で礼拝が捧げられた。  申請書類に目を通していると、それぞれの地域に人々の生活や命を脅……

【4985号】▼隠退教師を支える運動・全教区推進協議会▲(2面)

基本姿勢を確認し課題を共有  「隠退教師を支える運動・全教区推進協議会」が10月7日、教団会議室を主会場として対面16名、ズーム参加6名、書面報告7名で開催された。コロナ感染リスクによる過去2年間の書面協議会を経た、久し振りの会話を通しての恵みと感謝に満ちた協議会であった。  協議会に先立ち開会礼拝が捧げられ、秋山徹教団総幹事より、コリントの信徒への手紙二8章1〜9節を通して「この恵みの業を」と題する説教に与り、「慈善の基本姿勢、私共のために貧しくなられた主の豊かな恵みによって、この運動へと押し出される私共でありたい」と祈らされたことであった。次いで協議会に入り、鈴木秀信委員長より過去2年間に逝去、退任、新たに就任した方の紹介、続いて山田昌人事務局長より21年度事業および決算、22年度計画の報告、中川義幸年金局理事長より教団年金の近況報告を受けた。また例年のごとく「隠退教師を支える運動……

【4985号】三役抱負・祈り(1面)

キリストの体なる教会の形成 雲然俊美議長 〈神の召しとして〉  5期12年間教団書記の務めを担わせていただき、ようやくその役割を終えると思っていたところ、本当に思いがけないことに議長に選出されました。これはもはや、さらなる神の召しであると覚悟を決めた次第です。 〈キリストの体なる教会〉  教団の教師として立てられて39年目となりますが、この間、教会に仕える者として変わらずに祈り、励んでいることは、キリストの体なる教会の形成ということです。特に、新たに設立された教会(最初は伝道所)での働きを担わせていただく中で、旧教派の伝統を持たない日本基督教団の教会として、教団信仰告白を告白し、教憲・教規の規定に則って、キリストの体なる教会を形成することに務めています。  そして、各個教会においてはもちろんのこと、全体教会である日本基督教団においても、キリストの体なる教会の形成こそが、これまで……

【4984号】記事一覧

2022年10月29日
【4984号】第42回日本基督教団総会(1面) 【4984号】荒野の声(1面) 【4984号】第42回日本基督教団総会(2面) 【4984号】礼拝・第42回日本基督教団総会(3面) 【4984号】第41総会期 第22回常議員会(3面) 【4984号】WCC総会(3面) 【4984号】社会福祉施設援助金への推薦のお願い(3面) 【4984号】年金特集 年金局編集No. 76(4面) 【4984号】年金特集 年金局編集No. 76(6面) 【4984号】年金特集 年金局編集No. 76(7面) 【4984号】事務局報(8面) 【4984号】第62回「キリスト教教育主事」 認定試験公告(8面) 【4984号】人ひととき(8面) 【4984号】伝道の志と祈り(8面)  ……

【4984号】伝道の志と祈り(8面)

 第42回教団総会二日目朝の逝去者記念礼拝で、この4年間に召天された260名の教師の名前が読み上げられた。その中の何人もの先輩牧師から、私は伝道者の働きについて指導していただいた。名前を聞いてはその顔を思い浮かべ、その声や言葉を思い起こして胸が熱くなった。私はたしかにそれらの先輩牧師に育てていただいたのだ。  ある牧師からは、伝道の困難な地に踏みとどまった同労の牧師が、あらゆる伝道の手立てを尽くして、最後は、「刀折れ、矢尽きて」伝道の第一線から退いたとの壮絶な証しを聞いた。その後、その牧師は、牧師とその家族および教会を絶対に孤立させてはならないとの決意をもって、近隣の教会の牧師たちと共に、広域の伝道圏を形成したのだった。  教えられたことは、伝道集会をもつこと、案内チラシを戸別配付すること、家庭集会を持つこと、出会った一人ひとりとの関わりを大切にすることなど、どれも当たり前のことである……

【4984号】人ひととき(8面)

互いに足を洗い合う 埼玉新生教会員 奥田幸平さん  キリスト者の家庭に生まれ、東中野教会で大切に育てられた奥田幸平さん。高校入学時に神さまの導きを受け止め洗礼を受けた。高校卒業後、製薬会社に勤務。理科大の2部に入学し、学びながら働いた後、研究所、開発部門に属し、定年まで勤め上げた。  35歳の頃から、てんかんを持つ子の家族会に関わって来た奥田さんは、退職したら障がい者の就労支援に携わろうと考えていた。58歳の時、教会で出会った葬儀社の人に「葬儀には様々な仕事があるから」と葬儀社を営むことを勧められる。休日に葬儀社の手伝いをして仕事を覚え、定年と同時にキリスト教専門葬儀社「輝」を立ち上げた。  地道に教会訪問を行った結果、依頼が増えて行くと共に、教会の紹介で豊かな賜物を持つスタッフも与えられた。現在では、23名の社員が、ほぼ毎日、葬儀を行っている。  会社が大きくなるにつれて……

【4984号】第62回「キリスト教教育主事」 認定試験公告(8面)

 第62回(2023年)「キリスト教教育主事」認定試験を次のとおり行います。  *今回、新型コロナウイルス感染状況を鑑み、試験会場での実施を中止しました。  筆記試験をレポート試験に、会場での面接をオンライン面接に変更して実施いたします。 ◆受験願書提出期限 2022年12月12日(月)  (提出物1〜7を教区に提出) ◆論文提出期限 2023年2月3日(金)  (試験科目ハの論文・教団教育委員会に提出) ◆レポート提出期限 2023年2月24日(金)  (試験科目イのレポート・教団教育委員会に提出) ◆面接試験日時 2023年3月3日(金)  午前10時〜 オンラインによる面接試験 ◆試験科目 イ.レポート試験 「日本基督教団教憲教規および諸規則」についてのレポート(メール提出可) *提出期限1週間前、2023年2月17日(金)午前中にE……

【4984号】事務局報(8面)

 岸本恒夫(無任所教師)  11年2月18日逝去、69歳。大阪府生まれ。69年同志社大学大学院修了。同年より近江八幡、能登川教会を72年まで牧会。遺族は妻・岸本洋子さん。  赤羽 章(飯田馬場町教会主任担任教師)  22年7月21日逝去、70歳。長野県生まれ。85年関西聖書神学校卒業。同年より飯田馬場町教会を牧会。遺族は妻・赤羽泉さん。  播磨 醇(隠退教師)  22年8月7日逝去、90歳。兵庫県生まれ。57年関西学院大学大学院修了。同年より豊中、光明園家族、岡山信愛教会、虫明伝道所を牧会し、11年隠退。遺族は妻・播磨弘子さん。  佐川眞弓(隠退教師)  22年8月8日逝去、95歳。東京都生まれ。51年日本聖書神学校卒業。54年より川崎境町教会を牧会し、04年隠退。遺族は息・佐川義也さん。  菊地潤子(隠退教師)  22年8月18日逝去、87歳。栃木県生ま……
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan