インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

教団新報:一覧

【4976・77号】「東北地方地震被災教会支援募金」献金報告(3面)

2022年7月9日
2021年8月〜2022年3月末現在  2021東北地方地震被災教会会堂牧師館等再建募金にご協力くださり心から感謝申し上げます。2022年3月16日に再び震度6弱の地震が東北地方を襲いました。これまで被害を免れていた教会も、度重なる地震により被害が出ており、これらも支援の対象として引き続き献金を続けてゆきます。主にあって愛の連帯をお願いします。 7/14 修正 大阪教区の熊取教会が九州教区として記載されていました。 お詫びして訂正いたします。下記の画像は修正後の一覧です。 北 海     161,020 岩見沢      10,000 江別       3,000 厚別       9,350 函館千歳     16,270 札幌       100,000 札幌北部     5,000 北広島      17,400 奥 羽     2……

【4976・77号】事務局報(3面)

大西邦彦(無任所教師) 22年4月23日逝去、76歳。中国生まれ。91年シカゴ大学大学院修了、03年より17年まで主座教会を牧会。 遺族は妻・大西リベカさん。 川崎 望(隠退教師) 22年6月3日逝去、92歳。長崎県生まれ。59年農村伝道神学校卒業。同年より田無、武雄、富高、羽犬塚、世真留教会を牧会し、09年隠退。 遺族は妻・川崎美保子さん。

【4976・77号】カルト問題相談会(3面)

カルト問題相談会 ◎日時 2022年7月29日(金)午後1時〜3時 ◎会場 日本キリスト教会館4階 (東京都新宿区西早稲田2-3-18、電話03-3203-4270)  この相談会は、隔月でおこなわれており、毎回、カルト被害者が相談に訪れています。専門の牧師たちが責任をもって対応をしております。  日本基督教団東京地区カルト問題 連絡会 2022年度世話人  安倍愛樹(久我山教会牧師)

【4976・77号】伝道推進室(3面)

信徒の友の配布について協議    第15回伝道推進室委員会は6月6日、石橋秀雄室長、齋藤篤、中嶌暁彦、村上恵理也(伝道委員会より)、網中彰子各委員の出席と道家紀一(担当幹事)、神田修(担当職員)の陪席をもってオンラインで開催された。  毎月第3主日は日本基督教団の定めた「日本伝道の推進を祈る日」として覚え、『信徒の友』の企画として「共に祈るために」と題して全国17教区が取り組んでいる伝道の働きを2教区ずつ(東京は支区)紹介している。  日本基督教団伝道推進基本方針◎祈祷運動「共に祈ろう」、◎信徒運動「共に伝えよう」、◎献金運動「共に献げよう」、これらを一層深めていくための方法の一つとして、祈りの課題の共有のため記事が掲載されている『信徒の友』をまだ購入していない教会があれば紹介していきたいと願っている。  少なくとも誌面に個別に掲載された教会・伝道所の教区地区の教会・伝……

【4976・77号】教育委員会(3面)

クリスマス献金、配布額・献金先を決定  第12回教育委員会が6月7日にオンラインで開かれた。報告事項では事務局より2021年度会計決算報告がなされ、教育委員会会計の年度予算120万円(2020年度当初予算240万円の50%)に対して決算額が35万5160円、その他クリスマス献金会計や台湾ユースミッション会計、幼稚園融資貸出金などの報告が承認された。  主な協議事項は2021年度のクリスマス献金(425件628万3814円)に関連して、国内外の配布額(4件)と2022年献金先(4件)を決定した。2021年配布額は次の通り。海外は、ミャンマー・バプテスト・コンヴェンションとNPO法人「ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会」のそれぞれに100万円。国内は北海教区アイヌ民族情報センターとアイヌ奨学金キリスト教協力会、および東北教区放射能問題対策支援室いずみのそれぞれに150万円と……

【4976・77号】予算決算委員会(2面)

諸経費の削減により、21年度決算は差益を計上  第11回予算決算委員会を監査委員会と合同で6月10日に一部オンライン会議にて開催した。秋山 徹総幹事、道家紀一総務幹事、大三島義孝財務幹事より幹事報告がなされた。  その後、21年度決算に関する件を扱った。はじめに、部落解放センター、年金局の決算報告を扱った後、教団出版局決算に関する件を扱った。当初事業計画では売上高3億円を目標としたが、前年度の売上に比べ609万円の増となり、2億8289万円となった。教団年鑑の発行があったので、広告売上は321万円の増となった。当期純利益は732万円となり、566万円の増となった。委員会から、貸倒引当金が大幅に増えたこと、長期借入金の現状、在庫の「みえる化」への意見、要望があった。また、監査委員会からは、事業規模として、未払金が4370万円あるのは気になるとの意見も出された。  続いて、教団決算に関す……

【4976・77号】教団四役沖縄教区訪問記(2面)

 5月29〜30日に開かれた沖縄教区総会のため教団四役で沖縄を訪れた。前日より沖縄に入り、翌日、日曜日午前中は各自が選んだ教会、石橋秀雄議長は首里教会(上地武牧師)、久世そらち副議長は佐敷教会(金井創牧師)、雲然俊美書記は志真志教会(望月智牧師)、秋山は読谷教会(具志堅篤牧師)で礼拝し、牧師・教会員の方々との交わりの時をもった。  沖縄教区の総会は、石垣や宮古など先島の教会が礼拝を終えてから集まることを考慮し、初日は、夕刻4時過ぎから夕食を挟んで9時過ぎまで行うことが通例で、今回も宜野湾市にある沖縄キリスト教センターで、対面で開催された。  我々としては、傍聴の形ででも総会に参加させてほしいと申し入れたが、コロナ対策として、すべての内外からの傍聴者を認めないことにしているとの理由で認められなかった。また、この機会に、今後の教団との交わりの回復に向けて話し合う機会を得られればとの願いも果……

【4976・77号】2022年度❷教区総会報告(2面)

沖縄教区  教団総会議員、選出しないことを承認  5月29日、30日に、沖縄キリスト教センター大会議室にて開催。正議員48名中、35名出席にて総会成立した。  議案3号「教区総会議長・教区総会副議長・教区総会書記選挙に関する件」以下のとおり決定した。【議長】羽柴禎(名護)、【副議長】具志堅篤(読谷)、【書記】玉城凉子(兼次)。  議案4号「教区幹事選任に関する件」外間永二(多良川)を選任。  議案第5号「常置委員選挙に関する件」以下のとおり決定した。【教職】上地武(首里)、髙多新(高原)。【信徒】城間枝都子(首里)、仲本瑩(多良川)、山口八重子(宜野湾)。(推薦)徳門米子(与勝)。  議案第6号「各部、委員会委員選任に関する件」選考委員会より提案された選考案を承認。若干の調整を常置委員会に付託。  議案第7号「会計監査委員選任に関する件」常置委員会付託。  議案……

【4976・77号】お知らせ・荒野の声(1面)

お知らせ  「教団新報」今号を4976・77合併号とし、次号は8月6日に発行します。  なお夏期休暇は、教団事務局が8月3〜5日、年金局が8月3〜8日、出版局が7月15日と8月4〜5日となります。  総幹事 秋山 徹 荒野の声  「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」(ヨハネ15・13)、軍事侵攻に舵を切った大統領は、戦意高揚のための集会で聖句を引用した。大統領の業績を「神の奇跡」と称賛する総主教も侵攻を正当化する言葉を語る。▼自らの正しさを主張し、人間の思いを実現するために、主の名を唱え、聖書を用いる。この、人間が歴史の中でしばしば陥る過ちは、主を信じて歩む私たち自身の問題でもある。▼かつて、エルサレムがバビロンに包囲された時、偽預言者たちは、「平和があなたたちに臨むと主が語られた」と語り、民もその言葉を疑わなかった。しかし、真の預言者は、「わたし……

【4976・77号】2022年度❷ 教区総会報告(1面)

東京・西中国・沖縄・東中国 延期されていた選挙を実施 東京教区  三役、常置委員、教団総会議員改選  第82回定期教区総会が5月31日〜6月1日、赤羽会館を会場にして開催された。組織会に先立って小橋孝一教師(新島)が聖書を朗読して祈祷をささげた。組織会において、議員461名のうち263名の出席があり総会が成立した。  教団問安使として石橋秀雄総会議長、挨拶者として、事務局より秋山徹総幹事、出版局より山北宣久理事長、年金局より中川義幸理事長、隠退教師を支える運動推進委員会より鈴木秀信委員長、会堂共済組合より辻井秀雄常務理事が出席した。  事前に提出された議案および建議・請願はなく、岸俊彦総会議長による議長報告・2021年度常置委員会報告および三役報告が審議承認された後に、教区三役選挙と東京教区選出教団総会議員の第一選挙(教職16名・信徒16名、計32名選出)が行わ……
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan