インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

教団新報:一覧

【4985号】源流を知り、 将来を望む(4面)

2022年11月12日
 富士見町教会の案内リーフレットの略沿革の最初に、こう記されている。「1886年植村正久が麹町に『一番町基督教講義所』を開設。1887年J・P・モール宣教師の番町教会が合流し『番町教会』を設立」。この1887年を教会創立年とし、植村正久を創立者としているが、植村の集会と共にモール宣教師の教会も富士見町教会の源流だ。モール宣教師は仙台神学校(現東北学院)に転任となり、植村の集会と合同するが、植村牧師の集会よりもモール宣教師の教会の方が教勢的には大きかった。  モールは、アメリカのドイツ改革派教会が派遣した二人目の宣教師で、一人目が「ハイデルベルク信仰問答」を日本語に翻訳したアンブローズ・グリング。この二人は同じ改革派でありながら、両極端と言われるほどに、それぞれ違った伝道論を持っていた。思い切り単純化して言えば、グリング宣教師はいかにも改革派のガチガチ、モール宣教師はブロードで、神との生き……

【4985号】事務局報、お詫び・訂正(4面)

事務局報 萬代慎逸(隠退教師)  22年7月29日逝去、86歳。和歌山県生まれ。63年同志社大学大学院修了。同年より善通寺、京都、洛陽、立花教会を牧会し、頌栄保育学院に務め、16年隠退。遺族は妻・萬代昌子さん。 船越 諭(兵庫区南部伝道所主任担任教師)  22年10月5日逝去、88歳。兵庫県生まれ。59年関西学院大学大学院修了。同年より甲子園、神戸栄光、福山東、大阪西淀川、兵庫教会、兵庫区南部伝道所を牧会。遺族は娘・船越善子さん。 大木英夫(聖学院教務教師)  22年10月12日逝去、93歳。福島県生まれ。54年日本基督教神学専門学校卒業。同年より中野桃園、滝野川教会を牧会し、東京神学大学に務め、滝野川教会を経て聖学院に務める。遺族は妻・大木泰子さん。 内田武士(隠退教師)  22年9月27日逝去、91歳。愛知県生まれ。95年東京神学大学大学院修了。同年より館林教会を牧会し……

【4985号】人ひととき(4面)

神の愛を見出しながら 1941年生まれ、本多記念教会員 小栗 庸一さん  英国エリザベス女王の国葬の際に皇后陛下が着用したスーツを仕立てたのが小栗庸一さん、その人である。  小栗さんは名古屋生まれ。教会の伝道の手伝いをしていた父親は、小栗さん誕生の数日前に肺炎で召された。  高校卒業後、祖父の母校であった青山学院大学に入学。「教会って何だろう」と思い青山学院教会に通い始め野呂芳男牧師と出会う。卒業後に単立みずき教会で野呂牧師より受洗したが、やがて様々な事情から教会を長く離れた。その後、大学の宗教音楽合唱団同期で同じくみずき教会で受洗した妻に誘われて本多記念教会に通うようになり後に転会。礼拝担当の役員を務めるなど教会を支えている。  仕事では大学卒業後に営業マンになるもファッションデザイナーを志し1年で辞め、服飾デザイナーの伊東茂平氏に師事。4年間内弟子として学び、呉服問屋勤務を……

【4985号】伝道報告 伝道のともしび(4面)

一人ひとりの育ちに寄り添い 認定こども園宮古ひかり園長・宮古教会牧師 森分和基  宮古教会は1909年にこの地域に産声を上げました。当初は拠点となる建物を持たず、様々な場所で礼拝をしていました。そのような教会の働きは宣教師からの支援で成り立っていました。自給自足の教会を目指すことを掲げ、拠点となる会堂建築を行い、そして、会堂ができた1938年に幼稚園の働きを始めました。宮古市で最初の幼児施設で「宮古幼稚園」と名付けられました。  1969年に宮古幼稚園の附属幼稚園として別の場所に「ひかり幼稚園」が建てられました。  更に、この計画は最終的に失敗に終わってしまいましたが、保育所の開設が計画されました。この保育所は今日でも目を見張るものがあり、1階が保育所、2階が保護者の研修所(子育て支援)、3階が保育者の研修所(特色ある教育)という機能を持っており、近年でも大切になされているこ……

【4985号】常議員(教職)プロフィール(3面)

⑴出身地 ⑵出身神学校 ⑶牧会歴 以下より選択して自由に ☆趣味 ☆愛唱聖句(聖書箇所)・讃美歌 ☆長所・短所 ◎50音順 勇 文人(いさみふみと)」 中部教区 富山二番町教会 ⑴新潟県佐渡島 ⑵東京神学大学 ⑶輪島教会、若草教会、富山二番町教会 ☆愛唱聖句は「夜はふけ、日が近づいている。それだから、わたしたちは、やみのわざを捨てて、光の武具を着けようではないか」(ローマ13・12)。召命を与えられた時の御言葉です。愛唱讃美歌はこどもさんびか53番「主にしたがいゆくは」で、子供の頃から勇気づけられてきました。 大友英樹(おおともひでき) 東京教区 赤羽教会 ⑴東京都 ⑵東京聖書学校 ⑶28年。小松川教会、新庄新生教会、赤羽教会、塩谷一粒教会、東京聖書学校舎監、赤羽教会 ☆「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり わたしの道はあなたたちの道と異なる」(イザヤ5……

【4985号】教区議長コラム(2面)

『AND』はいかが? 北海教区 原 和人    約10年前、「VS映画」が流行した。それぞれに単体で映画の主人公になる存在同士を敢えて対決(VS)させるジャンルである。代表的なのは「ゴジラVSキングコング」。全くの別世界の架空の存在が闘うのである。あるいは「エイリアンVSプレデター」。どちらも異星からやってきた人間の敵という設定で、地球で人間を完全に無視してバトルに終始する。はたまた「フレディVSジェイソン」という映画もあった。どちらも不死身で故に結末はどうなるの?という感じである。  話し合っても、闘っても、頭脳戦でも勝敗が付かない。2時間の間に、どうしたら相手を倒せるか、相手と分かり合えるかを繰り返すのだが、結局勝敗は付かず。互いに「お互いは違うのね」と認め合うところでエンディングを迎える。part2では互いに協力し、共通の敵を倒す映画もあった。その場合のタイトルは「……

【4985号】 ▼部落解放ユースゼミナール▲(2面)

「水平社宣言100年」と「部落女性」をテーマに  部落解放ユースゼミナールが9月18〜19日に開催された。テーマは「『水平社宣言100年』と『部落女性』」。講師に川﨑那恵さんを迎え、一日目は尼崎教会を会場にし、オンラインも併用して講演を聞いた。二日目は水平社博物館の見学とフィールドワークを予定していたが、台風の接近のためプログラムを変更し、オンラインにて講演の分かち合いと意見交換のときを持った。参加者は34名だった。なお計画していた水平社博物館の見学は、日を改めて行う予定である。  川﨑さんは、「福音と世界」2022年3月号にて「部落女性のスティグマ」と題して記事を執筆しており、この内容をさらに深めて話した。部落差別と解放運動の歴史を振り返りながら、家父長制による女性差別と部落差別の中で孤立させられ、沈黙させられていった「部落女性」の声を、丁寧な聞き取りの中から紹介した。また自身の部落……

【4985号】 ▼教団教誨師会総会・教区代表者会・研修会▲(2面)

4年分の報告と新期の計画を承認  教団教誨師会総会・教区代表者会・研修会が、9月5、6日の両日、東京山手教会において34名の出席で開催された。コロナ感染症拡大によって、総会は4年ぶり、教区代表者会・研修会は3年ぶりとなった。また、両日とも感染対策を行い、日程に食事をはさまず、短縮したプログラムとしたが、内容はとても充実したものとなった。  総会は、2018年度から4年分の事業報告、決算が承認され、2022年度から1期2年の新運営委員選出と事業計画、予算案が可決された。新運営委員は次の通り。会長=加藤幹夫、副会長=福田哲、書記=浦上結慈、会計=塚本吉興、総務=原裕、ひとやの友=横井伸夫、監査=岸本光子、海老原佳奈子。  教区代表者会では、各教区における教誨師の働きについて、課題を協議し分かち合った。  研修会は、映画「教誨師」の監督をされた佐向大氏に「光と闇」というテーマで、御自身の……

【4985号】▼EMS(連帯福音宣教会)▲(2面)

神の国を地上にもたらすために  9月19〜21日にドイツのシュトゥットガルトにてEMSのProPro委員会が行われた。  東日本大震災時、EMSから日本基督教団に多額の支援金が送られた。また部落解放センター、教誨師活動、アジア学院等のためにも支援をいただいている。EMSは南西ドイツの教会の働きと基金が元となって始まった活動だが、今は国際的な広がりを見せている。  その申請書類について検討するのがProPro委員会であり、ドイツ、インドネシア、中東、アフリカ、インド・東アジアのそれぞれの地域から計6名の委員が選出される。今年度より西之園路子世界宣教委員長がこの委員に加わった。また今年は委員会に先立ち9月16日にEMSの50周年記念礼拝と祝賀会が開催され、EMS関係者やPro Pro委員たちの共同司式で礼拝が捧げられた。  申請書類に目を通していると、それぞれの地域に人々の生活や命を脅……

【4985号】▼隠退教師を支える運動・全教区推進協議会▲(2面)

基本姿勢を確認し課題を共有  「隠退教師を支える運動・全教区推進協議会」が10月7日、教団会議室を主会場として対面16名、ズーム参加6名、書面報告7名で開催された。コロナ感染リスクによる過去2年間の書面協議会を経た、久し振りの会話を通しての恵みと感謝に満ちた協議会であった。  協議会に先立ち開会礼拝が捧げられ、秋山徹教団総幹事より、コリントの信徒への手紙二8章1〜9節を通して「この恵みの業を」と題する説教に与り、「慈善の基本姿勢、私共のために貧しくなられた主の豊かな恵みによって、この運動へと押し出される私共でありたい」と祈らされたことであった。次いで協議会に入り、鈴木秀信委員長より過去2年間に逝去、退任、新たに就任した方の紹介、続いて山田昌人事務局長より21年度事業および決算、22年度計画の報告、中川義幸年金局理事長より教団年金の近況報告を受けた。また例年のごとく「隠退教師を支える運動……
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2023
The United Church of Christ in Japan