インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

教団新報:一覧

【4946・47号】教育委員会 「台湾ユースミッション2020」を開催

2021年3月27日
教育委員会が2月12日にオンライン会議で開催された。主な事柄は教会学校応援セットの贈呈教会の選定と、9月に開催する予定の「教区青年担当者会」である。コロナ禍で「教会とは何か」が問われている中、今回は講演形式ではなく、教区または教会での取り組みや若者の活動の事例を青年担当者に話してもらい、共有し語り合う機会としたい。 その他、クリスマス献金の会計についての問い合わせが教会から寄せられた。これを示唆に富む委員会への励ましと捉え、これらの声の背後にある課題に目を向け、今後委員会として何ができるか考えていきたい。 「台湾ユースミッション2020」が2月19日夕方から翌日20日の夜までズームを用いて開催された。昨年8月断腸の思いで中止した集いが、若者たちの熱意によって開催に至った。特筆すべきことの一つは準備の過程である。実行委員会のもとで積極的に青年委員が企画し準備を進めてきた。ここには……

【4946・47号】事務局報

逝去 石田正弘(隠退教師) 20年12月15日逝去、92歳。京都府生まれ。53年同志社大学大学院卒業。同年より天満、枚方くずは教会を牧会し、10年隠退。遺族は息・石田正宣さん。 平池晃子(隠退教師) 20年12月20日逝去、90歳。韓国ソウル市生まれ。80年東京聖書学校卒業。同年より狛江教会を牧会し、東京聖書学校に務め03年隠退。遺族は息・平池晋さん。 井上金子(隠退教師) 21年2月14日逝去、91歳。石川県生まれ。63年軽井沢聖書学院卒業、83年受允。84年より赤坂教会を牧会し、89年隠退。遺族は妹・上野信子さん。 渡邊聖一(隠退教師) 21年1月25日逝去、81歳。岡山県生まれ。83年同志社大学大学院卒業。93年より河内天美、泉南、鶴見橋教会を牧会し、09年隠退。遺族は妻・渡邊加代子さん。 白石仁志(隠退教師) 21年2月1日逝去、84歳。兵庫県生まれ。96年受允……

【4946・47号】東日本大震災から10年

東日本大震災から10年が経った。教団書記に選出されてから4カ月が過ぎたところで震災があり、それ以後、教団救援対策本部を中心とする救援・支援活動に多くの時間を費やした。 奥羽教区にいることから、被災地調査のため、岩手県から宮城県にかけて、海岸沿いに車を走らせた。延々と続く津波による惨状に言葉を失いつつ、被災した教会を訪ねては、ひたすら主の慰めと癒やしを祈った。その後、東北教区に行き、津波に見舞われた家屋の清掃や片付けに励むボランティアの方たちと共に、主の支えを祈った。関東教区の被災教会を訪ねた時は、地震で傾いた教会堂や建物内の大きな亀裂に恐怖を覚えつつ、神の平安を祈った。これらの経験で、各地に立つ教会は、まさに祈りの家であることを実感した。そして、全体教会としての教団の形成と伝道は、このような各地の教会において展開されていることを学んだ。 この10年の間に、牧師が転任したり、懸命に教会を……

【4946・47号】豪雪災害報告

覚悟をはるかに超える積雪 【北海教区】 雪や寒さと共に歩んできた北海道でも今シーズンは厳しさを強いられた地域がありました。 まず、その一つである岩見沢教会(佐藤幹雄牧師/3月8日)からの報告を紹介します。 「西北西の風に乗ってやってきた雪雲が、夕張岳にぶつかって雪を降らせる…それが、岩見沢周辺に雪が降る時の要因であると言われています。その西北西の風は、冬型の気圧配置の時には最も頻度高く吹きますから、もともと岩見沢は、積雪が多いことで知られています。住民もそれに慣れていて、少しぐらいの降雪では、めげたりしません。 しかし、今冬の雪は、わたしたちの『覚悟』をはるかに超えるものでした。12月中旬から降り始めた雪は、2週間を超えても降り続けました。その間、晴れや曇りの日がなかったという程度のことではありません。とにかく、ほとんど途切れることなく降り続けたのです。普通は、雪があがったら除雪……

【4946・47号】在日韓国朝鮮人連帯特設委員会 日韓問題に関しての学習会を開催

2月5日、オンライン会議で第5回在日韓国朝鮮人連帯特設委員会が開催された。 報告事項では、1月28〜29日、オンライン会議によって開催された第35回外キ協全国協議会に出席した宮本義弘委員長から、その報告がなされた。主題は「コロナ危機と21世紀移民社会の宣教課題」。 協議事項は、以下の通り。①今年度の委員派遣の件、全国キリスト教学校人権教育セミナーは、8月16〜17日にオンラインで計画されている。開催される場合は土井しのぶ委員を派遣する。また在日大韓基督教会と日本基督教団との宣教協力委員会が開催される場合は宮本委員長が出席する。 ②国会請願署名活動の件、毎年行っている「外国人住民基本法と人民差別撤回基本法」の制定を求める署名は、コロナ禍のため、各教区総会の通常開催が出来ない場合がある。このため、毎年行っていた教区総会での署名用紙の配布は行わない。代わって、署名用紙と共に在日……

【4946・47号】教師検定試験公告

教師検定試験公告 2021年秋季教師検定試験を左記の要領で行います。 一、受験要綱の申し込み 受験要綱と教団指定の願書用紙は160円切手を同封し、正教師受験志願者か補教師(A、B、Cコースの別も)受験志願者かを明記した上、封書でお申し込みください。 二、受験願書の提出 受験願書と必要書類を整えて、受験料とともに所属教区に提出してください。 ①教区締切 2021年6月4日(金) (教区により締切が異なりますので、教区事務所に確認してください) ②教団締切 2021年7月1日(木) (各教区から教師検定委員会に提出する際の締切です) *受験料は正教師1万3千円、補教師1万円。 三、正教師「説教」「釈義」の課題テキスト ①旧約 エゼキエル書18章25〜32節 ②新約 ローマの信徒への手紙10章5〜13節 四、正教師の「神学論文」の課題 『今日における宣教の課題』に、……

【4946・47号】WCC総会青年奉仕者募集

◎日時 2022年8月21日〜 9月10日 ◎場所 ドイツ ◎応募資格 18〜30歳、英語 (渡航費補助あり) ◎WCC応募締切 2021年4月10日 ◎問い合わせ先 世界宣教委員会

【4944・45号】予算決算委員会

2021年2月27日
「救援対策引当金」を「救援対策基金」に 第7回予算決算委員会は、1月29日に一部リモート会議にて開催した。 秋山徹総幹事より各教区で教師、信徒が新型コロナウイルスに罹患し、礼拝自粛も報告されているため、教団として1月15日付諸教区宛に「教会・伝道所で新型コロナウイルス感染者が発生した場合について」文書を送付し注意喚起した旨報告があった。 また、道家紀一総務幹事並びに大三島義孝財務幹事より事業活動等に関して報告があった。事務局職員に対しては在宅勤務や時差出勤を推奨し、更に「テレワーク規定」を作成、会議も出来る限り、ズームによるオンライン会議を推奨している。また会議出席者にズーム日当(一回1000円)を拠出した等の報告を受けた。 2020年度第三次補正予算案に関する件と2020年度半期決算報告に関する件を承認した後、救援対策引当金の取り扱いに関する件を検討した。日本基督教団は「救援対策……

【4944・45号】2・11メッセージ

「慰安婦問題」で韓国の裁判所が賠償責任を日本に問うていることへの対応について日韓関係への影響が懸念されている。そのことに思いを巡らせていた日々、「めぐみの高き嶺」という讃美歌を思い出した(聖歌589番)。「ひかりときよきと平和にみちたる めぐみのたかきね われにふましめよ」のリフレインフレーズが心を打つ。 思い出すのは実話をもとにしたノンフィクション映画の一シーンだ。日帝支配時代の韓国で、韓国の民衆が神社参拝を強要されていた頃、朱基徹(チュキッチョル)牧師はそれを拒否した。さまざまな抑圧と迫害の中で、決して自らの意志を曲げない牧師は拷問による苦痛の中で獄死する。燃えさかる火の中を歩かされる痛々しい拷問は見ていられないほどの辛い、酷いシーンで深く印象に残っている。この映画のタイトルが「恵みの高き嶺」で、私は90年代にこの映画を観た。信教の自由のことを思う度にこの映画のことを思い出す。 2……

【4944・45号】伝道対策検討委員会

機構改定スケジュールについて協議 1月22日、オンラインで、第9回教団伝道対策検討委員会を開催した。 前回記録承認後、教団伝道推進基本方針展開検討小委員会より、全国伝道推進献金送付および同献金の現状報告、『信徒の友』への「日本伝道の推進を祈る日」記事掲載(2巡目)計画が報告され、これらを承認した。 次に、教団機構改定検討小委員会より、「『教団機構改定に関する検討資料』についてのQ&A」について、現段階では特に質問・意見が寄せられていないこと、大阪・神奈川・東中国の各教区において、オンラインで、教団機構改定についての学習会や協議会がもたれたことが報告され、これらを承認した。 また、第11回常議員会において各小委員会の報告をするほか、今年の4〜6月に開催される各教区総会において配付する、教団機構改定に関する資料を確定することとした。 続いて、伝道推進室委員会より、教団における伝道推進……
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan