【4892号】第41回教団総会 伝道協力の広がりを確認 教団総会・来賓挨拶

台湾基督長老教会  シェ・ポーツァン総会議長
 日本はこの一年多くの災害に見舞われた。同じ環太平洋に位置する台湾でも同様の災害が起こるが、教会には具体的な行動や相互扶助が求められる。私たちの心は日本の人々と共にある。2月の花蓮地震に際する教団からの支援に感謝する。

 中国の圧力がますます強まる中で原住民の人権と正義を守るために海外諸教会とのパートナーシップ保持を強く求めている。お互いのために祈ろう。また台湾独立デモ、プユマ号事故をおぼえ祈っていただきたい。

 

韓国基督長老会 キム・チュンソップ総会長
 韓国基督長老会と貴教団は1967年の宣教協約締結以来、長年パートナーとして歩んできた。私たちの第103回総会および平和会議に秋山徹総幹事をお迎えし、心温まる協働の時が持てたことは大きな喜びであり、忘れがたい財産である。

 一方で台風21、24号や大阪と北海道で起きた地震の被害と苦難から早く回復されるよう心からのお見舞いを祈る。被災した人々に神の恵みと癒しが届くように。この総会のすべてに神の知恵と導きを祈る。

 

基督教大韓監理会 イ・ヨンユン総幹事
 135万の信徒、6500の教会を代表して第41回教団総会を心からお祝い申し上げる。神は東北アジアに貴教団と韓国の教会を建てられ、各教会が東北アジアの平和と和解、神の国の拡張を求めて歩んできたことに感謝する。特に1967年の宣教協約締結以降、両教会の成長のために宣教師の受け入れなど交流と協力を行ってきた。今後も両教会の宣教協力が未来への希望となることを期待している。また朝鮮半島の統一と和解のために祈っていただきたい。

 

在日大韓基督教会 金鐘賢総会長
 神戸東部教会で行われた54回総会において教団世界宣教幹事より祝辞をいただいた。また8月の宣教110周年記念大会では石橋総会議長より暖かい祝辞を、秋山総幹事より記念講演をいただき感謝である。西日本豪雨、熊本地震でも教団の教会と同じ支援と励ましをいただき感謝申し上げる。

 韓国の教会との協約を模索しつつ貴教団と共に歩みたい。福音宣教が進まない時代だが、時が良くても悪くても互いにパートナーとして祈り合いたい。

 

アメリカ改革派教会 エン・ヨン・キム東アジア担当幹事
 今日の変わりゆく政治、経済、社会の課題の中で神の国の発展の一翼を担ってきた貴教団の信仰と献身的な奉仕に、深い感謝をこめて神を賛美する。

 RCAは事業協力と人事協力をとおして、日本での主イエス・キリストの伝道と宣教の共働者である貴教団のすべての献身的な働きに感謝を申し上げる。RCAと貴教団が今日の課題と困難に取り組む働きにおいて、神の恵みと導きがキリストの福音をとおして、私たちをさらに励まし強めてくださるように。

 

日本キリスト教協議会 金性済総幹事
 貴教団は戦中戦後、今日に至るまで日本におけるプロテスタント最大の合同教会として歩んでこられた。NCCには1948年の設立に際しても中心的に貢献し、人材を送るなど支えてくれている。21世紀も20年が過ぎて政治情勢は大きく変わり、人口減少の速度も増している。異常な事件も起こる。そんな時代にどのように福音を語り、どのように奉仕するのかを教会は深刻に問われている。NCCは加盟教派団体と共に、主にお応えしていく所存である。

 

世界教会協議会 チャン・サン アジア議長
 WCCは今年70周年を迎えたが、目指すクリスチャンの一致と行動において善き成果を得られた年だった。その一つの象徴として北朝鮮と韓国のクリスチャンが共に歌いダンスをする光景を見ることができた。歴史は動いている、北朝鮮は変わりつつあると認識した。

 貴教団は日本の教会一致のために労している。教団が労苦している働きは、イエスの働きを真似ているものと思う。教団がWCCと共通の目的をもって共に働いてくれると期待する。

 

アジアキリスト教協議会 マシューズ・ジョージ・チュナカラ総幹事
 CCAは、西はイランから東は日本まで、北はネパールから南はニュージーランドまで広範にわたる。貴教団は1957年のCCA創設以来のメンバーである。昨年ミャンマーで行われた60周年記念集会には教団から参加者が派遣され感謝する。

 CCAの総会は教会の目指すべき宣教と証の業を協議し、方向は未来に向いている。本日の総会も歴史においては一つの道標に過ぎない。どうかこの総会が教団に属する教会にとって励ましとなるよう願っている。

 

大韓イエス教長老会 キム・テヨン副総会長
 両教会は7回に渡り日韓5教団の宣教師の実務者協議会を行ったり貴教団から洛雲海宣教師が派遣されたりするなど協力関係にある。

 朝鮮半島では今、南北首脳会談が行われ和解による平和的交流や協力の道を進んでいる一方で東北アジアにはなお緊張や葛藤がある。 その中で韓日の教会は長年親しい友として歩んできた。今後も両教会が平和の福音伝道のために、共に歩み続けたいと願っている。

 

挨拶された来賓者の他、総会に出席の方々

台湾基督長老教会
 ジョシュア・リェン エキュメニカル幹事

英国メソジスト教会
 シーラ・ノリス宣教師

ミナハサ福音キリスト教会
 ヘイン・アリーナ議長

 へニー・スマクル前議長

在日大韓基督教会
 金柄鎬総幹事

ドイツ福音主義教会
 マルクス・ティブルスキ宣教師

 

海外派遣宣教師報告

ケルン・ボン日本語キリスト教会 佐々木良子宣教師
 なぜ教団は、国内の教会も大変な状況なのに海外に宣教師を遣わすのか、と思う方もおられるかも知れない。私もかつてはそう思っていた。しかし実際にドイツに派遣されて、海外で生活する日本人にとって母語で神の言葉を聞くことがいかに大切かということに気づかされた。礼拝での献金の際には「日本語で御言葉を聞けて感謝。これは当たり前ではなく恵みです」という祈りが必ず献げられる。私自身も母語で聞く御言葉に飢えを感じているが、この総会に来て開会礼拝で御言葉を聞き、日本語で賛美をすることができ現地の人々の気持ちが分かった思いである。海外に宣教師を遣わすことの大切さを実感させられる。

 ドイツのケルン・ボン教会は現住陪餐会員が19名、今年は8名減少した。人的にも経済的にもどん底である。教会員も「どこまで試みに遭わないといけないの」と絶句している。けれども絶望はしていない。お金も人も、身近な頼れる存在も「無い無い尽くし」だからこそ神が働くのを待ち望むしかない、祈るしかない。それはどん底の教会の特権だと考えている。

 経済的に独立することは難しく、ビザの関係で牧師が副業をすることもできない。だから支える会には感謝している。支援がプレッシャーに感じることもあったが、今は喜んで支えてくださる方々に応えていきたいと願っている。

 どうか私たちの教会を「遠い海外の教会」ではなく「一地方教会」として、教団の仲間としておぼえていただけたらと願っている。 (米山恭平報)

【4892号】人ひととき 秋山 徹さん 教団総幹事に就任

 第41回教団総会で、石橋秀雄教団議長が、「総幹事17カ月間の不在をお詫びします」と陳謝し、常議員会での秋山徹総幹事選任を報告すると、満場割れんばかりの拍手が、議場を覆った。

 秋山さんが、1968年、東京神学大学大学院を終え、担任教師として金沢教会に赴任した頃、教団は紛争のただ中にあり、「まさに、荒れ野の40年だった」と述懐する。秋山さんは、熊野義孝研究会に通った。荒れ野の時代だからこそ、温厚で、芯の強い秋山さんのような人を、教団は必要としたのだろう。秋山さんは、出版局長を6年務めた。教団全体が大きく揺らいだ時代で、各個教会でも、内部対立が表面化した教会も、数多く出た。金沢教会を出発点に4つの教会に仕えたが、上尾合同教会が、本年4月、総幹事就任で辞任するまで23年間と、一番長かった。上尾時代、関東教区議長を6年務めた。絶妙のバランス感覚で、難しい教区運営に務めたことが、総幹事就任に繋がることになる。

 秋山さんは、兄弟牧師として知られており、父通明牧師の後を継いだ3人の子、兄・英明牧師、弟・徹牧師、妹・恵牧師夫人。牧師一家だ。

 教団がどう進むのか。どうすべきなのか。秋山総幹事は、「教団は、機構改定に取り組まねばならない」と力強く語った。これは、これまで以上に、難しい対話を、根気よく続けねばならないことを意味している。

 インタビューと共に、秋山さんがもう一つ、力強く語ったのが、教団の青年対策だった。「青年活動を活発化しないと教団の未来はない」と、秋山さんの主張は明快だった。「関東教区時代、青年会活動にずっと関わっていたので、この思いは、ぶれることがない。青年の働きを結集しようという、リフォユース500の働きには、多いに関心があり、期待している」と結んだ。

1943年、愛媛県北条市生まれ。東神大大学院卒。元出版局長、関東教区議長。18年、教団総幹事。

【4890・91号】2018年秋季教師検定試験 正・補36名合格、18不合格を報告

聖書・会衆・世界を黙想し、語るために

 2018年秋季教師検定試験が、9月11~13日、大阪クリスチャンセンターで行われた。正教師42名、補教師19名が受験した。伝道者の不足が叫ばれている今日の日本のキリスト教会にあって、教団教師検定試験に61名の受験者が与えられたことは喜びであった。全ての受験者が真剣かつ誠実に試験に臨んでいた。試験の結果、正教師の合格27名、不合格15名、補教師の合格9名、不合格3名、継続7名と(教団総会の承認を経て確定)、厳しい結果となった。

 教師検定試験は提出試験、学科試験、面接試験を通して、伝道者としての召命を問う試験である。日本に生きる一人一人の魂に向かって御言葉を語るために、基本的な神学を身に着けることが求められる。試験問題はいずれも基本的な神学が身に着いているかどうか。そしてそれを咀嚼し、自分の言葉で表現することができているかどうかを問うものであった。しかし残念ながら、基本的な神学が身に着いていない受験者、それを自分の言葉で表現できない受験者が多くいた。

 提出試験は正教師試験においては、「旧約説教・釈義」、「新約説教・釈義」、「神学論文」、「組織神学」であった。釈義が不十分なため、メッセージが鮮明でない説教が多くあった。また、自分が牧会・伝道している教会、学校の現実が見えて来ない説教が多くあった。聖書の黙想と共に、会衆の黙想、私どもが生きている世界の黙想が問われる。「組織神学」論文では、いつも指摘されていることだが、組織神学的に思考することが甚だ弱い。これは説教作成の福音を明確にすることに繋がることである。

 学科試験は正教師試験においては、「教憲教規・宗教法人法」、「旧約聖書神学」、「新約聖書神学」、「教会史」であった。「教憲教規・宗教法人法」は、教憲教規で言い表されている公同教会理解が曖昧な解答があった。「旧約聖書神学」、「新約聖書神学」は、聖書を聖書神学的に捉える力が弱い。「教会史」は、暗記ではなく、教会史を学ぶことが、歴史を生きる現在の私たちの教会に教会の信仰がどのように受け継がれ、問われているかを問うものであったが、不明瞭な解答が多くあった。

 面接試験は、受験者の伝道者としての召命を問うものである。「全体面接」と「個人面接」がある。日本基督教団はどのような教会か。日本基督教団の教師として召されていることはどういうことか。そのような問いかけがなされたが、教憲教規、信仰告白との関わりの中で、答えに窮する受験者もいた。

 教師検定試験は伝道者としての召命を問う試験なので、課題を与えられた受験者はもう一度、自分の問題点を確認し、主の召命に誠実に応えてほしいと願っている。

 学科試験の間に、「Cコースガイダンス・面接試験」を行った。Cコースの受験者は独学で行っている方が多い。神学の学びで課題としていることは何かを聞き、伝道者としての召命に揺るぎがないかを確認している。また秋季教師検定試験後に、「Cコース認定面接」を行った。Cコースを受験するに当たり、教団の教師として主に喜んで仕える召命が明確かどうかを確認した。主が様々な形で、伝道者を召してくださることに畏れと喜びを感じた。 (井ノ川勝報)

 

講 評
 この夏の自然災害の影響を受けた受験者たちもありましたが、2018年秋季教師検定試験が9月11日から13日にかけて無事行われました。

 教師検定試験は、召命を確認する機会であるため、筆記試験のみならず、面接も重要な試験として位置づけられています。教団信仰告白に共に立ちつつ為される試験全体を通して、日本基督教団に教師が生み出されている恵みを先ず思います。

 また、筆記試験における近年の傾向は、聖書自体を良く読んでいるか否かが答案に表れています。加えて、神学的に思考する力も一朝一夕には培われませんので、教師の生涯の重要事として意識していただきたいものです。

 試験の結果もそれぞれですが、主の御旨と信じ、受け止めて歩んでいただきたいと切に願っております。

第40総会期教師検定委員長   服部 修

 

2018年秋季・正教師検定試験問題

教憲教規および諸規則・宗教法人法(60分)
 次の2題に答えてください。

 1.日本基督教団は教憲第1条に「本教団はイエス・キリストを首と仰ぐ公同教会であって…」と定義しています。日本基督教団が公同教会であることと、あなたが仕える「日本基督教団○○教会」とはどのような関わりがあると説明できますか。必要な条項およびその内容を明示しながら論述してください。

 2.教会が宗教法人格を取得するため、宗教法人設立の申請をしようとするときは、宗教法人法第12条の規定に基づいて「法人規則」を作成しなければなりません。日本基督教団教規85条に示される「教会規則」との違いを明らかにしながら、「法人規則」の目的と役割について論述してください。

旧約聖書神学(60分)
 次の3題のうちから、2題を選んで答えてください。

 1.旧約聖書において「金の子牛」が何を象徴しているのか、複数の書に触れて述べてください。

 2.エゼキエル書において「ダビデ」が登場する箇所を全て書き、それらが指し示していることについて述べてください。

 3.ヨブ記42章において、ヨブの3人の友がとりなされなければならなかった主張の問題点は何か、具体的な例を引用して述べてください。

新約聖書神学(60分)
 次の3題のうち2題を選んで、聖書個所をいくつか挙げつつ、答えてください。

 1.新約聖書における「希望」について

 2.使徒言行録における「われら(わたしたち)」章句について

 3.パウロ書簡における「神の怒り」と「神の義」について

教会史(60分)
 1.古代教会における正典、信条、職制の確立について、述べてください。

 2.次の2題から1題を選んで答えてください。 ①アウグスティヌスの神学の特色とその教会史的意味について、述べてください。 ②カルヴァンのジュネーヴでの改革について、述べてください。

【4890・91号】荒野の声

 先立たれた夫に、妻に、再会するのが楽しみです、と素朴な信仰から言われることがある。本紙「消息欄」に逝去教師氏名を挙げさせてもらっている。限られた一通りの報告の行間に、いくつの涙が、笑い、喜びがあったのだろうかと思う。伝道の苦楽を分かち合うとき、どれほど大きな喜びがあるのだろうか。

▼一方、その時、果たして、夫と、妻とわかるのだろうか。死後も、復活も、わたしたちには、まだおぼろげにしか思い描けないでいる。主は、復活の時には、めとることも嫁ぐこともない、天使のようになるのだ、と言われた。

▼夫としての、妻としての何がしかの連続性がきっとあるのだろうけれど、夫婦であることの交わりを越えた大きな交わりに入れられることの約束だ。この交わりには、そもそも結婚していない者たちも、結婚が壊れてしまった者たちもいる。

▼キリストが夫であり、教会が妻であるならば、わたしたちの限界も破れもある結婚に、しかし真理が現わされている。終わりの日に与ることが約束されている、とてつもなく大きな交わりに入れられることが、すでにこの地上の教会の実に小さな交わりに生きることにはじまっている。

【4890・91号】▼伝道委員会・伝道推進室合同委員会、伝道委員会▲ 推進室、次総会期取り組みについて協議

《伝道委員会・伝道推進室合同委員会》
 逗子教会にて、9月18日に行われた。伝道委員会の兼清啓司委員によって開会礼拝が献げられた。伝道推進室に関する諸報告を受け、それを巡る協議をした。

 広報については、室報を年2回発行して、伝道推進室が担当して行われたことの報告と、書き下ろしで地方の諸教会の様子も伝えている。過去の室報は教団公式サイトの伝道推進室のページからPDFでダウンロードもできる。参照いただきたい。

 教師養成プログラムについては、有志で始められ、伝道推進室が引き継ぎ、2018年度からは教師委員会が担当している。推進室の手を離れるが、位置づけがはっきりとすることは望んでいた展開である。

 このように具体的展開が起こることを推進室としては願っている。

 山梨伝道キャラバンの報告を受けると共に、伝道キャラバンは地方が伝道の最前線であることを確認し、奉仕者も思い改まる好機であることが伝えられた。

 ただ一旦その働きを休み、2019年3月21日に向け、青年伝道の準備を進めている。宗教改革500周年記念教会中高生・青年大会(リフォユース500)のユース・カンファレンスの成果を踏まえ、青年たちに向けた新たな形での集会を計画している。併せてコンテンポラリーワーシップについての意見交換が参加者の中で意欲的に行われた。

 伝道推進室は伝道局構想を踏まえて設置されたものであり、伝道対策検討委員会での機構改定を含めて協議をしている。財政のこともあるが、目下の伝道の危機に際して、具体的展開のために推進室が働きを担うとの思いが、石橋秀雄室長から伝えられた。

 その他、離島などの遠隔地において礼拝を守り続けること、青年伝道集会の分かち合いの一環として、インターネット活用の仕方も折に触れ話題に挙がった。 (飯田敏勝報)

 

《伝道委員会》
 第6回委員会が、9月18~19日に逗子教会で伝道推進室との合同委員会後に行われた。

 業務報告及び会計報告を受け、2018年度会計中間報告ならびに長期貸出金残高の推移を確認した。貸出金返済が著しく滞っている2件について、督促に対する返答を検討し、なお現実的な返済計画を求めるものとした。

 また「日本基督教団伝道委員会資金援助実施要綱Ⅲ8.」の規定に基づき、教区にも回収と返済の責任があることを確認し、その周知徹底を心掛けるものとした。

 点字「こころの友」における作業を鑑み、日本盲人キリスト教伝道協議会に年1万円の献金をささげることとした。

 伝道に関する発題は、「刑務所伝道」と題し小池正造委員から、「共にあることの喜びと祈り―社会福祉法人との関係をめぐって」と題し村上恵理也委員からなされた。前者は教誨師として奉仕する中で見えてきたこと、また教誨師の抱く喜びと課題が伝えられた。後者は松戸教会と社会福祉法人ピスティスの会とのこれまでの歩みを振り返り、教会と施設の区別をきちんとつけながらも相互の協力関係を築いてきたことが伝えられた。

 関係委員会・担当者の報告を受けた。宣教委員会報告、常議員会報告、農村伝道に関する協議会の報告書の進捗状況、「こころの友」「信徒の友」編集委員会の予定、日本基督教団教誨師会総会・研修会・教区代表会の報告が伝えられ、諸活動における恵みを分かち合った。

 2018年度前期貸出金として、東京教区・荒川教会への1千万円の貸出を承認した。

 第41総会期委員会への申し送り事項を確認し、今総会期に課題となった「一般貸出」規定改定の方向性を見定めた。

 木村太郎委員の奨励と祈祷会によって閉会した。 (飯田敏勝報)

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友