【4912・13号】2019年秋季教師検定試験 正教師42名、補教師13名、転入1名受験

御言葉を語るための神学を身に着けているか

 2019年度秋季教師検定試験が、9月10〜12日、大阪クリスチャンセンターを会場に行われた。台風15号により受験者の到着が案じられたが、無事に開催でき感謝である。

 秋の試験は、正教師試験が中心となる。准允を受け適当な年数を経てきた者たちが試験に臨んだ。既に補教師として御言葉と教会に仕えてきた者たちが、改めて教師としての召しを確認しながらの試験である。受験者それぞれが教会的権能に携わる重みと畏れをいだきつつ試験に臨んだ。正教師の受験者は42名、加えて補教師13名、教師転入1名の受験者を得た。多くはないが、これだけの教師が立てられることに感謝したい。

 受験者それぞれが、祈りと共に神の御前に畏みつつ、先立って出された提出試験、今回の筆記試験、そして面接試験に取り組んだ。正教師試験を中心として行われた試験であるが、提出試験の説教、釈義には不足を覚えるものも少なからずあった。すでに教会にあって御言葉に仕える経験を積んで来たことを前提にすると、礼拝の会衆・聴衆の姿が見えない説教が散見された。聖書の解説に終始し、説教者自身が、神の恵み、救いの喜びをメッセージとして聞き取れていないのではないかと危惧されるものもある。それは、釈義・黙想の不十分さに伴うものでもある。しかし、近年の受験者の傾向として神学以前に聖書そのものに親しんでいないことが伺える。このことは筆記試験の「旧約聖書神学」、「新約聖書神学」からも指摘できる。「旧約聖書神学」では聖書の御言葉がどういう時代背景のなかで、どういう神学的思想をもって語られているのか不明瞭、不正確な解答が見られた。また「新約聖書神学」では聖書の箇所を挙げるに留め、その箇所をどのような意図をもって示しているのか論述できない解答があった。聖書の素読が召命と教会に仕える歩みのすべての始まりとなることを受け止めてもらいたい。

 「教憲・教規、宗教法人法」では教憲前文の第3段落から教団の歴史的歩みを踏まえた解答を期待したが、教団史に思いを馳せることができない解答が見られた。

 「教会史」は使徒信条を通して教会史を概観することを求めたが、古代からすぐに日本基督教団信仰告白に結びつけて解答するものが多々あった。中世を経て、宗教改革を通してプロテスタント教会の信仰の基礎とされてきたことが論述できない受験者が非常に多かった。

 「組織神学」では組織神学的に考え、論述することが不慣れな受験者の姿が浮かび上がる。これも説教の言葉が整わないことの一因となっていると考えられる。

 「面接試験」は受験者それぞれの言葉で、召命を語ることができた。公同教会、信仰告白、教憲・教規、説教・聖礼典などを踏まえて、召されている確信を語る姿は頼もしくもあった。それゆえに、教会を建てる御言葉を明晰、明確、大胆に語る者とされることを期待したい。教師試験は、今後の各自の課題を受け止める時でもある。教師検定試験に合格することがゴールなのではない。召命を問われながら、教師とされ続ける始まりとしてほしい。

 教師試験と合わせてCコース受験志願者認定面接を行った。3名の志願者に対して教団の教師として立てられることの意味を確認し、今後の歩みのために祈りを献げた。

 試験終了後、第3回教師検定委員会を開催。今回の試験を振り返り教師検定委員会としての課題も共有した。(清藤 淳報)

 

講評
 2019年秋季教師検定試験が、9月10〜12日、大阪クリスチャンセンターで行われました。台風の影響で、試験時間を繰り下げることも事前に計画しましたが、予定通りに行われました。補教師試験に13名、正教師試験に42名、転入試験に1名が受験されました。全ての受験志願者が、主の召しに応えて、真剣に、真摯に筆記試験と面接試験に臨まれました。教師検定試験は、伝道者として一人一人の魂に向かって、御言葉を豊かに、深く、鋭く語るために、神学を身に着けているかどうかを試験するものです。伝道者としてまだ何が身に着いていないか、どこに課題があるのかを発見し、伝道者としての姿勢を整え直すのです。合格された方も、課題が課せられた方も、生涯に亘り、主から伝道者へ問われていることです。

  第41総会期 教師検定委員長

井ノ川 勝

 

2019年秋季・正教師検定試験問題

教憲教規および諸規則・宗教法人法(60分)
 次の2題に答えてください。

1.教憲前文の第3段落には教団成立の経緯が記されています。歴史的な視点を踏まえつつ、特に「くすしき摂理のもとに御霊のたもう一致によって」という文言から、何を受けとめることができるのか述べてみてください。

2.宗教法人法による責任役員会の職務権限と教会規則における役員会の処理事項とを比較しながら説明してください。またその両者の関係をどのように整理して説明できるか、記してください。

 

旧約聖書神学(60分)
 次の3題のうちから、2題を選んで答えてください。

1.イザヤ書全体について、高等批評の問題に触れながら述べて下さい。

2.仮庵の祭について、その規定や内容について具体的な聖書箇所を挙げながら述べて下さい。

3.バビロン捕囚後のユダヤ人の生活、特に信仰面においての活動を聖書箇所を挙げながら述べて下さい。

 

新約聖書神学(60分)
 次の3題のうち2題を選んで、聖書個所をいくつか挙げつつ、答えてください。

1.洗礼者ヨハネについて

2.イエス・キリストの昇天について

3.パウロは「自由」をどう理解しているか

 

教会史(60分)
 次の1題に答えてください。

◎日本基督教団は、日本基督教団信仰告白に「我らはかく信じ、代々の聖徒と共に、使徒信条を告白す」と述べ「使徒信条」を告白しています。この「使徒信条」の成立、西方教会全般で用いられるに至る経緯、また日本基督教団信仰告白にて告白される意味について述べてください。

【4912・13号】荒野の声

 夏の暑さに酷使した牧師館のクーラーが冷えたり冷えなくなったりでいよいよ交換となった。業者の人が自分も見たことがないほど古いものだと言っていた。昔のものは作りがよく長持ちするそうで、今のはこうは持ちません、とのこと。よく働いてくれた。▼時代に耐える言葉とは何だろうかと考える。古典、キャッチーながら繰り返されるコピー、歌、真実を巧みに切り取った報道。逆に早々に陳腐化する言葉、ニュースは圧倒的に多い。そのときはうまく切り取ったつもりでも、時間と共に色褪せてゆく。▼新報発行に携わり教団の目指す方向を示そうと努力をしてきたつもりではあるが。残る記事、言葉もあるが、早々に伝える意義を失ったものも少なくない。真実を見極める目がいかに眩んでいるかを思わされる。▼多くの書物を渉猟するわけではない者が貧しい読書歴の中で読み続けているのは、やはり聖書だ。時代に、歴史に耐えた言葉であり、時間的制約の中で永遠を語り続けていることに触れる喜びは何にも比べ難い。神には一日は千年のようで、逆も然りとある。限られたときの中で永遠の言葉に聞き、語る幸いに、なお与りたいと願う。

【4912・13号】▼教区青年担当者会・教育委員会▲ 「青年伝道のこれから」を協議

《教区青年担当者会》
 9月9〜10日、第9回教区青年担当者会が教団会議室で開催された。初日は台風15号が北上する最中であり、交通の事情で参加が適わなかった方もいたが、13教区から32名が出席した。

 今回はプログラムを見直し、各教区や団体を代表している参加者が発言する機会を多く設けた。一日目は、全国から集った担当者と秋山徹総幹事が直接意見を交わす時間を設けた。秋山総幹事から「青年伝道のこれから」と題して話してもらった。内容は教団機構改定に伴う青年への働きかけについて、また「教団ユースプラットフォーム」(KYP)についてである。インターネットを基にして青年同士の交流や情報共有等の場を作るKYPの構想を聞いた参加者からは、質疑応答時や分団時に様々な意見が出された。更に、グループディスカッションを2回行い、異なる場で働く担当者同士が語り合う場となった。多様な視点から各グループで話し合われた。

 また、今回は、三つのグループによる活動報告があった。中部教区バイブルキャンプ、東北教区の青年活動、日独ユースミッション2019である。多くの画像や映像、メンバーによる寸劇なども交えて臨場感あふれる報告だった。

 また、他教区や団体から提出された報告書が会場内の壁面に掲示され、参加者らが情報交換する様子も見られた。

 二日目は、再びグループディスカッションが行なわれた。前日のプログラムを通して、参加者の関心が高かった四つのテーマ「プラットフォーム」、「世代(青年の定義・中高年の居場所)」、「地域とのつながり・リーダー育成」、「キリスト教主義学校との連携」に分かれて話し合った。

 インターネットを介して様々な情報を得られる昨今ではあるが、教区青年担当者会が、直接顔を合わせて話題を共有し相互のつながりを発展させていく場であることを実感した。(望月麻生報)

 

《教育委員会》
 第3回教育委員会が9月10〜11日、教団会議室で開催された。夏に行なわれた諸行事や各委員会の報告がなされた。2019年度クリスマス献金に関すること、精勤賞の表彰状とバッジに関すること、またキリスト教教育主事認定試験の日程等を報告、確認した。

 教区教育担当者会が、2020年2月17〜18日、東海教区・清水教会、清水国際高等学校で開催される。教会学校の在り方が多様化している中で、教団として「教育」をどう捉えていくかを参加者同士で考える時としたい。委員会に先立って開かれた教区青年担当者会と同様に従来通りの会を開催するのではなく、教会や地域が直面している様々な現状や変化と共にある会を目指す。

 第42総会期に第3回教会中高生・青年大会を開催する旨が伝道委員会、伝道推進室との共同提案として増田将平委員長から提案された。すでに伝道委員会、伝道推進室、宣教委員会においても可決されている。2020年はオリンピックがあるため21年度に開催する希望がある。委員からは組織づくりや会計について、いくつか質問と意見が寄せられた。

 台湾基督長老教会との青年交流プログラムについても話し合われた。来年2020年は日本側が台湾のメンバーを迎え入れる番である。オリンピックがあるので時期は慎重に検討せねばならない旨が確認された。

 また、10月19日に開催される「えきゅぷろ」(青年による超教派の集い)の後援と、増田委員長の派遣を確認した。

 幼稚園融資金募集の案内を教団新報で公示した。キリスト教主義の幼児教育を資金融資で支える大切な働きである。幼稚園が認定こども園になるケースが少なくない中で、従来の要綱の見直しも必要になってくることも指摘された。(望月麻生報)

【4912・13号】「伝道推進基本方針」展開案決議によせて

日本基督教団総会議長 石橋秀雄

《小規模教会を伝道拠点に》
 2030年問題が日本基督教団(以下、教団)に迫っています。2030年問題とは、この年を境にかなりの数の教団の教会が消滅すると言われている危機のことです。今、この危機に対する教団の取り組みが問われる中、教団常議員会は、「教団伝道推進基本方針ー共に祈ろう、共に伝えよう、共に献げよう」展開案を決議しました。

 この決議が画期的なのは、教団の教会が一致して日本の伝道に取り組む業が、具体的に示された点です。教団は全国に1685教会を有します。これほど多くの教会を有することは教団の強みと言えます。

 しかしその中には少子高齢化が進み、消滅の危機にある小規模教会があることを忘れてはなりません。小規模教会は主の御体なる教会を立て続け、生き生きとした礼拝を献げています。その村に、その島に、その町に「主は生きておられる」との確信の中で伝道がなされていることに教団は絶えず励まされてきました。

 この小規模教会を教団の伝道拠点教会として支えましょう。そのことから教団の全ての教会に血が通いだし、教区の伝道が推進され、教団の伝道に勢いが増していくでしょう。一人一人が伝道に熱くなり、主から託されたこの国の伝道を推進していかねばなりません。

 

《共に祈ることから》
 基本方針の第一は「祈ること」です。祈ることから始めましょう。主イエス昇天後の弟子たちは「心を合わせて熱心に祈っていた。・・・・・・百二十人ほどの人々が一つになっていた」(使徒1・14〜15)とあります。心を合わせ、熱心に、一つになって祈る。その祈りに応答するように聖霊が降りました。

 伝道は聖霊なる神の御業です。神の御業に応え、祈りの輪を広げようではありませんか。基本方針では、毎月第3主日を「日本伝道の推進を祈る日」に制定しました。礼拝出席者数20名以下の教会を第3主日に覚えて祈ります。全ての教会が活性化され、この国の伝道に一致して取り組み「このようにして、主の言葉はますます勢いよく広まり、力を増していった」(使徒19・20)と言い得る教団を共に目指しましょう。(「信徒の友」11月号より)

【4912・13号】▼伝道対策検討委員会▲ 小委員会、総会議員数改定を提示

 9月13日、教団会議室にて、第4回教団伝道対策検討委員会を開催した。前回記録承認後、岸俊彦教団伝道推進基本方針展開検討小委員長が、教団伝道推進基本方針の具体的な展開の取り組みの現状を報告し、協議をした。

 協議においては、第4回常議員会で決議した内容と異なっている点があること(祈りに覚える教会名を『信徒の友』に掲載する予定が1ヵ月遅れたこと、各教区から挙げてもらう教会数が「5教会程度」であったものが「2教会」とされていたこと)について質問が出され、これに対して岸小委員長は、『信徒の友』の編集日程の都合上、祈りに覚える教会の掲載が1ヵ月遅れとなったこと、また、誌面の都合および費用の関係で「2教会」としたと答えた。また、石橋秀雄委員長は、このことについては教団三役が承認をしたと述べた。

 次に、久世そらち教団機構改定検討小委員長が、教団機構改定案として、教団総会議員数案(議員数を教師100名、信徒100名、推薦議員は16名を超えない数とする。各教区選出議員数について最初に配分する議員数を教師2名、信徒2名とする)、および、常議員数案(三役と教師6名、信徒6名とする)を提示した。

 協議においては、今後の小委員会における検討の方向性についての質問が出され、これに対して、「総務局」・「伝道局」の設置等、「教団機構改定案骨子」の内容に沿って検討を進めて行くことを確認した。また、各委員会活動等の運用の検討が必要であること、教団財政の削減の具体案を示すべきであるといった意見が出された。

 以上の協議の後、教団伝道対策検討委員会として二つの小委員会からの報告を承認し、10月に開催される第5回常議員会に、教団伝道推進基本方針の具体的な展開の現状について報告すること、および、教団機構改定案を提示することとした。(雲然俊美報)

  • 共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友