【4919号】新春メッセージ すべての命が救われるために 石橋秀雄

乾いた地に埋もれた根から生え出た若枝のように/この人は主の前に育った。見るべき面影はなく/輝かしい風格も、好ましい容姿もない。彼は軽蔑され、人々に見捨てられ/多くの痛みを負い、病を知っている。彼はわたしたちに顔を隠し/わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。 彼が担ったのはわたしたちの病/彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに/わたしたちは思っていた/神の手にかかり、打たれたから/彼は苦しんでいるのだ、と。《イザヤ書53章2〜4節》

すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足しています。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。 《コリントの信徒への手紙二12章9〜10節》

 

悲惨を知る教皇の叫び

 昨年、クリスマスに向かう生活の中で世界が注目する出来事と世界に衝撃を与える事件があった。フランシスコ・ローマ教皇の来日と、中村哲医師の悲劇だ。

†††††

 11月23日フランシスコ・ローマ教皇が来日、11月24日午後6時10分から広島の平和記念公園でローマ教皇を迎えての「平和の集い」が開催された。この平和の集いに仏教の代表者、神社本庁総長、教派神道連合理事長、新日本宗教団体連合理事長、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の代表者19名が招待された。私も19名の一人として招待された。

 ローマ教皇の来日の目的は「すべての命を守るため」と知らされた。

 19名の席は前と後ろから照明で照らされる舞台のような席だ。周りは夜の闇に包まれている。平和の集いには2000名の参列者がいたが異常に静かだ。

 突然遠くで大歓声が起こった。そして、「フランシスコ・ローマ教皇の到着です。起立してお迎えください」とアナウンスされた。同時に私たちは斜め一列に並ぶことが求められた。私たち招待者にはローマ教皇との対話の時があると聞かされていた。

 教皇は、斜め一列に並ぶ私たち一人一人と丁寧な対話を重ねながら、その先の被爆者の席に進んで行った。斜めに並んだ意味は「すべての命を守るため」との祈りと思いを、19名の日本の宗教の代表者と重ねながら、被爆者の席に向かったのだと思った。

 教皇が被爆者の席に行き、高齢の女性の肩を長く抱きしめる姿に感動した。この高齢の被爆者の痛みを一身に受けとめようとする姿だ。同時に被爆地広島の悲惨を一身に受けとめようとする姿だ。

 被爆者の悲惨を受けとめた教皇は「核は犯罪で神に罰せられる。兵器で威嚇しながら、どうして平和の提案ができるか」、「真の平和は非武装以外ありえない」と語った。そして「原爆と核実験、あらゆる紛争の犠牲者の名により、声を合わせて叫ぼう、戦争はいらない、兵器の轟音はもういらない。こんな苦しみはもういらない」と、悲惨を知ったローマ教皇の叫びが闇を包む会場に響きわたった。

 

悲惨を知る主

 主イエスは人間の悲惨を知り尽くした救い主だ。「彼は軽蔑され、人々に見捨てられ、多くの痛みを負い、病を知っている。彼はわたしたちに顔を隠し、わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。彼が担ったのはわたしたちの病、彼が負ったのはわたしたちの痛み」(イザヤ書53章2〜4節)。

 「彼は私たちに顔を隠し」ている。本当の顔は隠されている。神の国で光り輝く顔は隠されている。ただひたすら惨めな姿をさらし、私たちの病、私たちの痛み、私たちの悲惨を知り尽くし、それを担って十字架に死んでくださった。全ての人間の命を救うために十字架の道を歩まれたのだ。

 

悲惨と悲惨とが信頼で

 12月3日に中村哲医師が銃弾の犠牲になって命が奪われ世界に衝撃を与えた。

 中村医師の死を伝えるニュースの中の加藤登紀子さんのインタビューに心が刺される思いがした。加藤さんはコンサートなどでペシャワール会を支え、中村医師が「ときさん」と呼ぶほどに親交があり、よく電話をするということだ。

 2008年のクリスマスの電話で明るく「『メリークリスマス』と言ったら、なんだか変。応答がない中村医師は嗚咽していた。『ときさん、実は僕はクリスチャンなんだよ』と話したそうだ。クリスマス、この喜びの日に中村医師は泣いていたという。「中村医師は純粋無垢な人だった」、「武器に屈してはいけない。信頼が第一だ」として活動する中村医師のことを、加藤さんは語っていた。

 「普通の生活をする」という夢をかなえるために働く人々が、タリバンがいるという理由で爆撃されて犠牲になる。純粋無垢な中村医師はクリスマスに、悲惨を知り尽くして十字架の主を見つめて泣いたのではないかと思った。

 アフガニスタンの人々は農業で生活をしている。干ばつで難民となった。難民の悲惨をなめ尽くした人々のただ一つの夢は「普通の生活をする」こと。水があり、食べることができ、家族と一緒に生活することだ。

 悲惨を知り尽くしている人々が「信頼が第一だ」と中村医師の言葉と指導で結びついて行った。用水路を造り、水が荒れ地に、砂漠に注がれ畑が緑に変わって行った。水のある所に動物が、魚が、鳥が生息するようになった。「二度と難民に戻りたくない」と懸命に力を合わせ、60万の人々の夢がかない「普通の生活をする」。まさに奇跡だ。

 「武器に屈してはいけない。信頼が第一だ」と訴え銃弾に倒れた中村医師。しかし、この命を懸けた中村医師の訴えと「すべての命を守るため」の目的をもって来日したローマ教皇の広島の叫びとが世界に響きわたった。

 

弱いときにこそ強い

 「キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう…わたしは弱いときにこそ強いからです」(第二コリント12章9〜10節)。

 私たちの悲惨を知り尽くしておられるお方が、私たちの悲惨の中に宿ってくださるのだ。

 世界の危機、日本基督教団の危機、わたしの危機の中に2020年の歩みが始まる。この危機によって自分の弱さを、悲惨を思い知らされることがある。しかし、その最も弱いところに主が宿ってくださるが故に「弱いときにこそ強い」と言ええる希望の世界が開かれて行く。

(越谷教会牧師)

【4919号】荒野の声

 アフガニスタンで支援を行う医師、中村哲さんが凶弾に倒れた。現地で信頼関係を築きながら、生活の基盤を整えて行った働きは、国家による支援では実現し得ない実りをもたらしていた。▼平和を望まない人々が、敵意の渦巻いていることを示そうとしたのだろうか。よそ者の活動を嫌う民族主義的熱狂が強まっていたのだろうか。罪が生み出す「隔ての壁」を思わずにはいられない。▼その壁は、私たちの現実でもある。先進国では、年々「孤立主義」が強まっている。殺害されたのが、ジャーナリスト、あるいは宣教師だったらどうだっただろう。死を悼む声と共に、「余計なことをするな」、「外国にまで出て行って、自分の価値観を押し付けるな」と否定的な声が囁かれたかもしれない。▼多くの経典や倫理、哲学が「人にされたくないと思うことは、人にするな」と説くのに対して、主イエスは「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」と語る。▼消極的な関わりから積極的な関わりに一歩踏み出す時、避けられない罪故の苦難が生じる。その苦しみを担う時に、愛が生きられ、実りが与えられることを心に刻みたい。

【4919号】▼伝道対策検討委員会▼ 機構改定議案 7月常議員会で作成・公表へ

 12月6日、教団会議室にて、第5回教団伝道対策検討委員会を開催した。前回記録承認後、岸俊彦教団伝道推進基本方針展開検討小委員長は、『信徒の友』に掲載している「日本伝道の推進を祈る日」の各教区からの記事について、複数の教区より、祈りに覚える教会として2教会を選ぶことは難しいとの意見が寄せられており、その場合には各教区の状況を紹介するようにお願いしていると述べた。

 このことに関連して、1教区から記事そのものの提出を断る旨の意見表明が出されていることへの対応について協議したほか、献金の使途を明確にすべきであるといった意見が出された。

 続いて久世そらち教団機構改定検討小委員長は、小委員会における協議の概要(機構改定の必要性、教団総会議員数・常議員数の変更、事務局・委員会の改変)、教団総会議員数の変更に伴う経費の見通し、機構図案を説明した。

 これに対して、教会を会場として教団総会を開催する場合のメリットとデメリットは何かとの質問や、機構改定において教団の教会としてのあり方の根本的な事柄を検討すべきではないかといった意見が出された。また、今後検討すべきこととして、伝道局の働きの内容、教団としての対外的な関わりの内容といった事柄があることを確認した。

 さらに、教団総会に機構改定・関連教規変更議案を提出するためのスケジュールについて協議し、2020年の各教区総会に議案の概要を提示して、7月の常議員会で議案を作成・公表することを次の常議員会に提案することとした。

 これに関連して、教規の条文変更の内容や運用面について常議員会においてきちんと議論すべきである、沖縄教区との関係回復が必要である、機構改定によって経費をどれくらい削減ができるのかを明確にすべきであるといった意見が出された。(雲然俊美報)

【4919号】台風(15号、19号、21号)被害報告

♦東北教区♦

 4教会で会堂等が被害

 10月に発生した台風19号により東北教区でも各地で被害が発生した。教会の会堂等が被害を受けたのは4件。角田教会は会堂が床下浸水、雨漏りの被害を受けたことに加え、付属幼稚園の園庭に土砂が流入、園バス等が水没した。川俣教会は会堂の一部が床上浸水、敷地内に土砂が流入した。磐城教会は会堂が床下浸水、牧師館は床上15㎝の浸水被害を受けた。本宮教会は礼拝堂と隣接の幼稚園園舎が2m弱の浸水被害を受けた。また会堂は被害を受けなかったものの、仙台愛泉教会では園庭に土砂が流入、原町教会ではカーポートが破損、鹿島栄光教会、中村教会では断水が発生するなどの被害が生じた。加えて、これら被害を受けた教会を含め13の教会・附帯施設において、教会員宅や職員などの関係者宅での浸水や土砂流入の被害も多数発生したとの報告も受けている。

 教区は被害報告を受け、本宮教会、磐城教会に対して泥出し・清掃等のボランティア活動を計画、作業を行った。作業日数は5日間、教区内外から延べ25名がボランティアに参加した。本宮教会は会堂の床一面に2ミリほどの泥が堆積しており、また会堂ベンチなどの備品類もほぼすべてが泥に覆われている状態であった。そうした泥をブラシで掻き出したり、雑巾で拭きとったりといった清掃を行った。結果、屋内の清掃作業については概ね完了することができた。磐城教会では牧師館の和室の床板を外し、床下の泥の除去を行った。またそこから基礎の合間を縫うように他の部屋の床下へと潜っていき泥を掻き出した。こちらも予定した作業は完了に至った。本宮教会、磐城教会ともに今後は専門業者が入り本格的な修繕を行う予定。

 その他、様々な支援の在り方を検討していく必要がある中で、教区は「台風19号等被災教会支援会計」を設立し運用していく方針を立てている。(川上 侑報)

 

♦東京教区千葉支区♦

 かにた教会、かにた婦人の村に大きな被害

 昨年、千葉県は三度にわたる大きな災害を被った。9月9日の台風15号、10月12日の台風19号、そして10月25日の台風21号の影響による記録的短時間豪雨である。そして、その度に教団をあげ、祈っていただき感謝にたえない。

 台風15号は、最大瞬間風速57メートル超の今まで経験したことのない大型台風であった。特に大規模停電や風雨による直接被害で南房総地区は大きな混乱状態となった。また千葉市は明け方、台風15号の通り道となり、道路標識は根元から曲がり、信号は横を向き、街路樹が倒れるなどの被害があった。中心部近くでも停電となり、交通網は混乱した。当初、朝9時には動き出すと言われたJR、私鉄各線も復旧が進まず、東京方面からのJRは幕張以遠が終日運休となった。

 千葉支区内の教会も建物被災、敷地内樹木の倒壊、停電により、多くの困難があったが、とりわけ、かにた教会、かにた婦人の村の被災支援活動は今なお続いている。クラッシュジャパンと協力しつつ、千葉支区でも千葉内房分区を中心として館山市内の教会以外の住宅へもボランティア派遣を行っている。

 台風19号は15号ほどではなく、むしろ、長野や東北の被害が知られている。しかし、銚子教会は外壁がはがれる被害があった。

 10月25日の豪雨では教会の被害は多少の雨漏りなどはあったが目立つものはなかった。しかし、多くの地域で洪水や土砂崩れによる死者が出たことが知られているように、地域によって大きな被害があり、実際、避難所で過ごした信徒たちがいた。また、野田教会は江戸川、佐原教会と小見川教会は利根川の、それぞれ警戒地域にあり不安な時を過ごした。

 なお、会堂被災については千葉支区のホームページにあげられている。(岸 憲秀報)

 

♦東京教区東支区♦

 大島の2教会、関係保育園に被害

 東支区での主な台風被害は、大島の波浮教会、大島元村教会と関係保育園だった。罹災当時の被害状況をまとめて記す。

◎波浮教会

 会堂の講壇側の屋根が破損し、講壇部分の内壁が落下。会堂の床が水浸し、説教壇が聖書も共に濡れた。講壇両脇の小部屋天井から雨漏りし、窓枠の隙間から雨が吹き込み、堂内に水溜まりができた。牧師執務室の窓が割れ、購入して1年経っていないコピー機は水が溜まるほど濡れてしまい、パソコンやプリンターも水浸しとなった。礼拝堂隣の応接室の床は水溜りになった。ここは18年、床の上張り工事をしたばかりだった。玄関付近は、コーキングをしたばかりだった明かり取りの窓から雨が入り込み、水浸しになった。会堂隣りの物置のトタン屋根と外壁が剥がれて飛散した。物置のトタン屋根と他所から飛んできたトタン屋根が教会の庭に大量に集積した。外壁については、会堂・牧師館共に多数の損傷を受け、その他、教会敷地入り口の教会看板が壊れ、重量のある透明アクリル板も飛ばされた。

 波浮教会は当面、大島元村教会で合同で主日礼拝を守ることとなった(12月第一主日まで)。

 

◎波浮保育園

 屋根の防水シートがすべて剥がれ落ち、保育室が使用不可。園舎の窓が割れ、クーラーが一台損壊。組み立て式のプールが、鉄門扉を飛び越え、都道と駐車場も越えて奥の畑に飛ばされて破損。

 

◎大島元村教会

 教会堂の屋根瓦・雨樋が数か所破損。サッシの隙間から雨水が大量に侵入し、1階と2階のそれぞれの台所の被害が大きかった。会堂の外の浄化槽ブロワーが破損。牧師館では2階で雨漏りが発生。

 

◎北ノ山保育園

 台風後に浄化槽ブロワーが壊れたが、台風が原因と思われる。

(藤盛勇紀報)

 

♦神奈川教区♦

浸水、風害、雨漏りなど全地区で被害

 神奈川教区では、台風15号の通過直後、9月11日に教区内全教会・伝道所などにアンケートを送り、被害の報告を受けた。また、続けて上陸した、台風19号の被害についても、10月15日に、再度アンケートを実施した。

 特に川崎・鶴見地区において、浸水被害を受けた教会があり、宿河原教会、向河原教会、川崎戸手教会、川崎教会が床上浸水だった。多くのボランティアの手助けが得られたとはいえ、その復興のために、どの教会も多くの苦労と困難とを抱えている。

 また、東湘南・西湘南地区では、台風15号で、「風害」を受けた教会が多くあり、藤沢北教会、辻堂教会では、教会の垂れ幕や看板が吹き飛ばされた。鎌倉教会では、教会堂の屋根のトタンが吹き飛ばされたばかりではなく、牧師館の屋根そのものが歪んでしまった。

 横浜地区でも、六角橋教会が雨樋からの水が建物内に侵入し、1階、2階部分が水浸しになり、神奈川教会も倒木の被害を受けた。特に六角橋教会については、被害額は甚大なものとなっている。

 西湘南地区、湘北地区で台風19号による被害を受けた教会があった。小田原十字町教会は雨漏りが激しく、教会全体に亘っている。三・一教会も天井全体が雨漏りしていた。

 以上の教会は、議長がお見舞金を持って訪ねることができた教会だが、それ以外にも、被害教会はある。

 教区では、教区お見舞金規定に基づき、被災報告のあった全教会に一律1万円、100万円以上の被害に遭った教会・伝道所に10万円のお見舞金を渡し、さらに大きな被害のあった教会には、募金活動を開始できることを定めている。今回の台風では、100万円以上の被害に遭った教会・伝道所が、8教会に上った。

 更に、現在検討中だが、復興のために全国募金も必要としている。すでに教団、諸教区等から支援をいただき感謝である。
(三宅宣幸報)

【4919号】♦伝道資金を用いた取り組み(中部教区)♦ バイブルキャンプが受洗のきっかけに

 中部教区においては、教師謝儀に対する援助を謝儀援助のみならず、謝儀をより充実するために伝道費援助を行っている。また、教師の生活をできる限り支えることは、各教会・伝道所における伝道の要となることを教区総会ごとに確認している。その伝道費援助の半額を、毎年、教団へ伝道交付金として申請している。

 教団伝道方策交付金申請は、教区独自の伝道方策、特に、各教会・伝道所の伝道活動への援助と、青年伝道活動として2017年度から開始されたバイブルキャンプへの援助に充ててきた。伝道活動への援助は、小規模教会・伝道所に対して、特別伝道集会や教会コンサートにかかる費用、チラシや講師謝礼などの伝道費に対しての援助である。

 ただし、2020年度は教団財政も考慮して、教団伝道方策交付金申請をバイブルキャンプのみに絞ることを決定した。これは、青年伝道により力を入れ、福音を次の時代を担う一人でも多くの人に伝えたいという思いからである。

 このバイブルキャンプは、比較的若い教師たちが実行委員となり企画している。キャンプの対象者は中高生で、二泊三日のとても充実したプログラムになっている。何回かのメッセージを中心にして、受け止めたことをグループで語り合い、バンド演奏による賛美をし、参加者一人一人への丁寧なケアなどを通して、イエス・キリストにつながることを心がけて行われている。また、終了後には中高生の様子を伝えるカウンセリングシートを教会宛に送付し、キャンプだけで一時的に盛り上がるだけでなく、教会につながる働きかけをしている。

 2017年度は34名、2018年度は37名の中高生が参加者として与えられた。2017年度参加者からは7名の受洗者や信仰告白した者が与えられた。

 このバイブルキャンプがより充実したものとなり、主によって信仰継承が進められるように祈り願っている。(加藤幹夫報)

  • 共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友