【4845・46号】▼在日韓国朝鮮人連帯特設委員会▲関連集会に委員派遣・参加

 第5回在日韓国朝鮮人連帯特設委員会が、6月24日、教団小会議室で開催された。今回は、前回の委員会以後の関連集会への参加や派遣の報告が主なものであった。

 1月28~29日に開催された外キ協全国協議会は、30回という大きな節目を迎え、初心を確認してこれからも忍耐強く活動を継続していく一致が確認された集会であった。2月1日に開催された東京教区平和祈祷会について、教区議長の奨励、カトリックの平和メッセージ紹介があったことが報告された。更に、小橋孝一委員長が出席した「教団宣教方策会議」「在日韓国YMCA110年記念会」「NCC宣教会議準備会」「在日大韓基督教会との宣教協力委員会」「全国社会委員長会議」の報告があった。

 今後の活動として、8月19~20日に神戸で開催されるキリスト教学校人権教育セミナー(主題「いのちと向きあう」)に宮本義弘委員を派遣、9月16日に高麗博物館と図書館アリランを見学することを決め、委員会を閉じた。(宮本義弘報)

【4845・46号】消息

石原信良氏(隠退教師)
 16年7月5日逝去、84歳。東京都生まれ。58年東京神学大学大学院卒業。同年より東京信愛、都城城南、佐賀、大島教会を経て98年隠退。
 遺族は娘・隅田明子さん。

【4845・46号】宣教師からの声 番外編 日本初期における女性(宣教師)の働き 阿部  (頌栄短期大学前学長、名誉教授)

 頌栄保育学院は、1889年10月に頌栄保姆伝習所を、11月に頌栄幼稚園を開設し、以来伝習所が頌栄保育専攻学校、頌栄短期大学と名称を変更し、頌栄幼稚園と共に今日に至っている。現存する保育者養成機関としては日本最古である。

 頌栄創立者A.L.ハウは、1852年1月12日、マサチューセッツ州ブルックラインにて出生した。父・チャールスは典型的なフロンティアで、やがてイリノイ州クリフトンの広大な土地を開拓し農園を経営した。母・メリーは強固な信仰と豊かな芸術的天分をもち、演奏家としても力を発揮していた。夫妻は、ベタニア・ユニオン教会に属し、父は日曜学校長、母はオルガニストを務め、日曜日午後には自宅を開放して礼拝を守り、パーティを開いて開拓者コミュニティの中心的家庭であった。

 ハウは、イリノイ州クリフトンの公立学校およびニューハンプシャーの私立学校において初・中等教育を終えた後、1867年ロックフォード女子セミナリー(ロックフォード・カレッジの前身)に入学、音楽を専攻した。ちなみに神戸女子神学校(現・神戸女学院)創立者J.ダッドレーもこの出身者である。同校を卒業後、ハウはディアボーン女子セミナリーにおいてさらに音楽の研鑽を積んでいる。

 その後ハウ一家はシカゴ郊外ロングウッドに転居したが、妹メアリーの幼稚園課程専攻に心動かされたハウは、アリス・H・パットナムがシカゴに1874年に創立したシカゴ・フレーベル協会保母養成所に入学、保母資格を取得した。1878年には、中部婦人伝道会幹事ブラッチフォード夫人の後援により貧困家庭子女のために設けられた幼稚園に妹メアリーと共に勤務した。

 1874年、神戸に誕生した摂津第一公会(現・日本キリスト教団神戸教会)を中心とする神戸婦人会が幼稚園の設立を強く祈り求め、アメリカン・ボードに幼児教育の指導者の派遣を要請した。J.デイヴィスが愛妻の死去に伴い一時帰国し、1886年10月27、28日シカゴ郊外オーク・パーク教会にて行われた中部婦人伝道会年会において講演、日本の神戸における幼稚園のための教師を必要としているとアピールし、これに感激しこれを自分の使命と確信して1887年に来日したのがハウであり、2年後に頌栄が創立された。この創立経緯も頌栄独自のものである。

 来日間もないハウは、神戸YMCAとアメリカン・ボードが共同で開校した英語学校で英語を教えつつ、自ら日本語を学び、さらにピアノ教師、バイブルクラスやオルガニストの要請に応えつつ、幼稚園設立に向け準備を行い、当時神戸にあった3つの幼稚園を見学するなどしつつ、保母へのフレーベル遊具の指導なども行った。ハウを招致した神戸婦人会と共に、園舎・校舎の建築、伝習所の授業計画、幼児唱歌の翻訳等、準備を整え頌栄が創立された。ハウ来日の目的は幼児教育であったが、幼児教育の前に保育者養成が急務であり、まず頌栄保母伝習所が設立され、2週間遅れて頌栄幼稚園が開設された。当時の日本社会は未だ幼児教育に対しての理解や関心は極めて薄かったが、ハウの忍耐と努力により幼稚園も定員を満たして順調に歩みを続けた。

 ハウは、未だ幼児教育に関する教科書のない時代に、教科書の作成にも貢献している。「幼稚園唱歌集」(ハウ選、1892年)、「保育学初歩」(ハウ著、1893年)、「クリスマス唱歌」(ハウ選、1894年)、「七少姉妹・一名地理入門」(アンドリュー著、坂田幸三郎訳、1895年)、「幼稚園唱歌続編」(ハウ選、1896年)、「母の遊戯および育児歌上・下」(フレーベル著、ハウ訳、1897年)、「人の教育」(フレーベル著・ハウ訳、1898年)と、毎年教科書出版にも努力し、特に「保育学初歩」は講義ノートを書物として纏め、フレーベルの恩物の理論と指導法がわかりやすく述べられている。また「母の遊戯および育児歌上・下」には、フレーベルの原著にある母と子の絵を和風の着物に書き換えるなどの工夫もなされている。いずれにしても幼児教育の開花期に、保育室での実践と様々な講義と実技指導、さらに教科書の出版など日本の幼児教育の先駆者としての役割を十分に担ったのがハウである。

 ハウは、1927年10月17日に頌栄を辞して帰国、1943年10月25日ニューヨーク州ローチェスターにて91歳で召天した。なお、1940年ハウは日本での教育功労が認められ、天皇より藍綬褒章が授与されている。日米開戦の前年にもかかわらず贈られたこの受賞は、ハウの働きがいかに大きかったかを物語っている。
(Kyodan Newsletterより)

【4845・46号】人ひととき 藤野 俊夫さん 若き魂にメッセージを語り続けて

 「His image is my image」「神のイメージ(似像)が私のイメージ」という言葉に常に励まされ、落ち込んだとき、挫折したときにはいつもここに立ち戻り、歩んできた。そう語る藤野さんは、昨年9月に自費出版で2冊目の著書を纏めた。その名も「出でゆくは青き海原」。讃美歌439番の歌詞から付けられた名前である。

 藤野さんは北陸学院高等学校において36年間教師として働き、現在も非常勤講師として教鞭を執っている。「出でゆくは青き海原」は自身の信仰の証しとして、生徒たちに語った礼拝メッセージ集である。卒業式ではいつもこの讃美歌が歌われた。はるかなる望みを胸に、港を目指して船旅を進んでほしい、という愛と祈りが込められている。

 若き頃は生きる意味を問い、「偽りの罪意識」(P・トゥルニエ)に悩まされたこともあった。20歳の頃、ペンテコステ礼拝で不思議な風のような聖霊に導かれ、金沢教会において洗礼を受けた。

 さらに、金沢教会が開拓伝道をした内灘教会へCS教師として遣わされ、長老として教会を支えてきた。どこまでも暗い深淵の中を落ち続けても、最後の最後に自分をしっかり受け止めてくださる方がおられることを信じる。それが求めていたものだった、と振り返る。ところが、教師の仕事は激務である。突然、1991年に激しい目眩と嘔吐に襲われ緊急入院。ひたすら祈った。全治2か月の診断にもかかわらず、奇跡的にわずか2週間で神様の御守りの中、職場に復帰した。

 現在、妻も共に長老であり、使徒言行録のパウロを支えたアキラとプリスキラのように、忠実に主に仕える夫婦になりたいと語る。このようなクリスチャン教師たちによっても、青年伝道が推進されることを願うものである。

1952年石川県生まれ。金沢教会にて受洗。内灘教会長老。

【4845・46号】ヘイトスピーチを乗り越える

 昨年11月、在日大韓基督教会は、日本及び世界のキリスト教会に呼びかけて、「ヘイトスピーチをのりこえ、共生の天幕をひろげよう」(創世記26・23〜25) を主題に、東京・水道橋の在日本韓国YMCAで第3回「マイノリティ問題と宣教」国際会議を教団も共催して開催した。ここへは宣教協約がある教団から多数参加し、WCCを始め日本各教派・アジア・アフリカ・欧州・北米からの出席者と協議した。会議は、日本政府に対して、14年国連自由権規約委員会及び人種差別撤廃委員会の勧告に従い、「人種差別撤廃基本法」「外国人住民基本法」と同等の効力をもってヘイトスピーチ等差別行為を違法化する国内法の整備を急ぐべきとの強い意志が支配した。

 教団は、14年6月から16年3月まで、日本キリスト教会館の耐震・補修工事で一時ヘイトスピーチ・デモの国内最大拠点、新宿区大久保通り一丁目に仮事務所を設けた。この間、在特会デモが京都朝鮮人小学校に対する攻撃で、京都地裁が1226万円の賠償金支払いを主催者の在特会に命じ、最高裁も14年10月に最終判決を下した。更に、本年5月24日衆議院は、「ヘイトスピーチ解消法」を可決して、日本初の反人種差別法とした。現在、在日大韓基督教会は、先の国際会議のフォローアップ事業として「マイノリティー宣教センター」設立準備中だが、この案件には越えるべき多くの課題があるようだ。
(教団総幹事 長崎哲夫)

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友