【4912・13号】人ひととき 大澤 小枝さん 未来を築く「教育」

 ユネスコ・イラク教育担当事業統括上官。ロンドン大学にて「地中海学−中東の歴史・外交」と「教育計画」の分野で修士を取得。UNRWA、UNHCR、ユニセフ、JICA、NGOでヨルダン、レバノン、ガザ、スーダン、イラクと、パレスチナ難民の教育を中心に、中東での教育に10年以上携わる。

 クリスチャンホームに育ち、教会や学校で「パレスチナ」、「イスラエル」という言葉を聞いてなじみがあった。大学1年生の時に祖母と聖地旅行に行き、そこでパレスチナとイスラエルの小競り合いを聞き、「なぜこの人たちは、長い間戦い合わなければいけないのか」と疑問に感じ、勉強しようと思った。

 留学し中東の勉強を続けるうちに、不当な扱いを受けてきたパレスチナの人々のために何かをしたいとの想いを与えられた。しかし同時に、中東のことだけを知っていても彼らの役に立てないことを悟る。攻撃に対し、攻撃で返すことが繰り返され、終わることのない不平等な占領下に生きるパレスチナの未来を築き上げるためには教育が基礎となることに気付かされる。パレスチナ人は「教育」を唯一奪われることのない投資であると信じ、子どもたちの教育にとても熱心である。

 「教育分野で彼らの役に立てれば」との想いから、教育計画を学び、中東の国々で教育分野の仕事に就いている。現在は紛争や貧困、女子差別等、様々な理由で通学できない子供たちを学校へ通えるよう支援する事業の統括をしている。助けを必要としているイラクの将来を担う子どもたちのために、少しでも役立てれば嬉しい。

 将来は、 何が自分に与えられた働きか、御心を問いつつ、中東での仕事を継続するか、日本の教育の将来のために役に立ちたい。

東京生まれ。滝野川教会員。写真は、実弟が牧会している山口教会礼拝堂にて。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友