インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

教団新報:一覧

【4914号】▼世界宣教委員会・国際関係委員会▲ 青年派遣プログラム好評

2019年11月9日
 9月27日、第2回世界宣教委員会並びに国際関係委員会を教団事務局で開いた。  まず確認されたのは、アジア、北米、南米、ヨーロッパへ派遣されている宣教師の状況である。提出してもらった報告書などを参考に、一人一人の様子を委員間で共有するように努めている。  宣教師はそれぞれ全く異なった文化や言語、政治的背景、そして経済状況の中で、教会や学校等で求められているニーズに応えるべく奮闘しており、委員会としても可能な限り支援したいと考えている。具体的には、医療費や語学研修費の補助、必要に応じて緊急事態への支出も行っている。  また当委員会からの出張として、台湾基督長老教会総会や英国メソジスト教会年会等への参加、青年派遣プログラムの引率の報告を各担当者から受けた。  特に6〜9月にかけて、台湾、ドイツ、カナダ、フランスへの4つの青年派遣プログラムは、概ね好評だったとのこと。今後……

【4914号】▼部落解放センター運営委員会▲ 積立の運用方針を協議

 9月30日〜10月1日、大阪クリスチャンセンター会議室にて開催した。運営委員長・各教区運営委員15名の出席と東京五支区やNCC代表者ら10名の陪席があった。  まず2月19日付で「天皇代替わりについて」の声明を教団内及び内閣府に送付したことが報告された。次に、部落差別問題を担当する部門が未設置の教区に対し、センターとしてきめ細やかな支援に努める旨を確認した。この具体的な形として今年は奥羽教区へ働きかけを行なった。  また、第41総会期第4回常議員会で継続審議となった18年度決算・19年度予算の修正案を協議し承認した。人件費の記載に誤差が生じた点は教団事務局の指示によるものでセンター側に瑕疵はない。だが同時に指摘された運営資金積立は、明確な目的を定め、説明責任を果たしながら運用する必要を確認した。今後は、同資金が部落解放のために献げられたことを念頭に置き、これまでの理解を継承す……

【4914号】▼宣教師人事・支援委員会▲ 宣教師を巡る課題を議論

 第1回宣教師人事・支援委員会が10月3日、教団小会議室で開催された。出席者は清弘剛生委員長(頌栄教会)、デイヴィッド・リーディー書記(宣教協力学校協議会・青山学院大学理工学部教授)、小海光(ウェスレー財団)、李相勁(福知山教会)、岩田昌路(狛江教会)、事務局より加藤誠幹事、高田輝樹職員、廣中佳実職員。  開会祈祷、委員長・書記選出後、前回議事録の承認、報告事項から入った。宣教協力学校協議会の働き、及び夏の台湾スタディーツアーの成果、学校訪問、出張、来日訪問者の件が報告された。  協議事項では、宣教師のビザの申請、任期延長及び満了に関して承認がなされた。また、その他では、過去10年間は、宣教師派遣を希望する学校数が、紹介できる宣教師数を上回り候補者探しに苦慮していたが、現在はその需要と供給のバランスが逆転していることについて話し合われた。日本で宣教師として奉仕をしたい有能な候補……

【4914号】▼伝道委員会▲ 資金援助実施要綱改正の必要性を共有

 第3回委員会が9月30日〜10月1日に函館千歳教会にて行われた。開会礼拝では、柴田もゆる委員(会場教会牧師)が奨励を行い、その中、北海教区の現状についても触れた。殊に、同委員を代務者とする渡島福島教会が、決して多くはない信徒ではあるものの、福音のともしびを掲げ続けるために祈りを合わせる様子を語り、委員一同印象深く聴いた。  20年3月開催予定の農村伝道に関する協議会について、西中国教区の協力を得られることが報告された。三次教会を会場に、同教区の「農」を語る会に合流する(合同開催)。全国からの参加者の交通事情を鑑み、プログラムの変更等さらなる協力を同教区に要請すること、教団からも発題者を推薦することを承認した。20年6月開催予定の教区伝道委員長会議については、会議の持ち方として分団協議に時間を割き、教区間の情報共有を密にすることを確認し、主題については継続審議する。  資金援助……

【4914号】委員会コラム 教育委員会 新しい革袋を模索 増田 将平

 教育委員会は、宣教委員会のもとに置かれている常設専門委員会です。  第一回の教育委員会では委員会に求められている働きを確認しました。  ①教会および幼稚園におけるキリスト教教育の調査・企画  ②キリスト教教育主事の育成・指導に必要な事項  ③青年の指導に関する事項  ④学校との協力および連絡  ⑤関係委員の推薦  ⑥その他キリスト教教育の発達に必要な事項  前総会期委員会からの申し送り事項に青年伝道担当部署の設置があります。これは青年伝道に携わっている者たちの念願です。9月に開催された教区青年担当者会では秋山徹総幹事が「教団青年プラットフォーム」の経過報告をし、今後の青年伝道を共に考えていきたいと述べ、活発な意見交換がなされました。  また、次総会期中に教会中高生・青年大会を開催する件(教育委員会、伝道委員会、伝道推進室の共同提案)が……

【4914号】事務局報

佐藤政男氏(隠退教師)  19年9月19日逝去、83歳。福島県生まれ。63年東京神学大学大学院卒業。同年より自由ヶ丘、会津高田、両津教会を牧会し、東北学院榴ヶ岡高校に務め、岩沼教会を経て07年隠退。  遺族は息・佐藤史さん。   大城 実氏(無任所教師)  19年9月20日逝去、84歳。トラック諸島(現ミクロネシア連邦)生まれ。63年ドルー神学校卒業。同年より糸満教会を牧会し、沖縄教区、沖縄キリスト教短期大学、沖縄キリスト教学院に務める。  遺族は妻・ジェーン満子さん。   有馬昭平氏(隠退教師)  19年9月20日逝去、90歳。神奈川県生まれ。51年、日本基督教神学専門学校卒業。同年より九州教区事務所に務め、有田、富高、豊橋東田教会を牧会し、社会福祉法人幼年保護会、基督教友愛社会館、興望館、岡山博愛会に務め、武蔵野、武蔵野横須……

【4914号】宣教師からの声 清教学園の創立-祈りから生まれた学校

植野 公稔 (学校法人清教学園 法人事務局長)  清教学園の始まりは、ユニークである。太平洋戦争後、人心の混乱の中、河内長野教会の日曜学校に集う生徒たちが「聖書に基づいた学びのできる、自分たちの学校が欲しい」と熱心に祈ったのが、その始まりであった。生徒たち自身の自発的な祈りから学校が作られたという創立の歴史は、世界中を見渡しても、そうはあるまい。  1948年以来、生徒たちは、自分たちの学校を設立するために、「すくど」(焚きつけ用の枯葉)を拾い集めてそれを街中で売り、募金活動を続けていた。1950年、この生徒たちの熱い思いに周りの大人たちも応え、河内長野教会の信徒全員の心に「キリスト教を土台にした学校を作ろう」という夢が芽生えた。そしてそのとき、植田真一と中山昇という二人の人物が神様からの特段の召命を受け、清教学園の創立のために自分自身の人生を捧げるという道を選んだ。  植……

【4914号】人ひととき 合田 知善さん 宇宙、地域、教会-夢をもって歩み続ける

 合田さんの仕事は「宇宙」。現在、JAXA「はやぶさ2」プロジェクト等の地上システム整備に従事している。子ども時代を過ごした米テキサス州ヒューストンにはNASA管制センターがあり、映画のようなコンピュータやロケット、月の石、スペースシャトルの掲示物に触れ、宇宙に憧れた。もちろん、スター・ウォーズの大ファン。  宇宙関係の仕事に就きたいという願いが聞かれたときは、「キリスト者としてこの仕事をしなさい」と言われたように感じた。最初のプロジェクトは、宇宙ステーションに載せるソフトウェア開発で10年以上要した。次はそれを動かす地上システムの設備でさらに10年。気の遠くなるような時間も、夢があって楽しいと合田さんは語る。  キリスト者の両親と共に広島教会で合田さんの教会生活は始まった。幼児洗礼を受け、毎週礼拝に通った。その後、父親の転勤で玉川平安教会、さらにヒューストンの長老教会へと移る……

【4914号】御殿町の避難所

 越谷教会の住所は御殿町だ。徳川家康の別荘があった地であり町名が御殿町。越谷で一番地盤の強い地だ。  中越地震の時、十日町教会が避難所となりボランティアセンターとなって、教会堂が用いられているのを見て、災害時には教会を避難所に出来るか、耐震診断を行った。その結果強い建物であることが証明された。  今年の始めに町内会から「避難所にして欲しい」との依頼があり、喜んで承諾した。そして、10月の役員会では、一人暮らしの信徒が召され、資産を教会に寄付されることになったので、これを基金としてソーラーシステムを設置して避難所としての整備をすることにした。  そして台風19号が猛威を振るった。御殿町は大きな橋二つ、小さな橋三つ。橋を渡らなければ御殿町には入れない。私の家の前は中規模の川で、台風接近にともない30時間、市から委託された業者が監視をしつづけた。水位が上がり、避難すべきかどうか……

【4912・13号】2019年秋季教師検定試験 正教師42名、補教師13名、転入1名受験

2019年10月12日
御言葉を語るための神学を身に着けているか  2019年度秋季教師検定試験が、9月10〜12日、大阪クリスチャンセンターを会場に行われた。台風15号により受験者の到着が案じられたが、無事に開催でき感謝である。  秋の試験は、正教師試験が中心となる。准允を受け適当な年数を経てきた者たちが試験に臨んだ。既に補教師として御言葉と教会に仕えてきた者たちが、改めて教師としての召しを確認しながらの試験である。受験者それぞれが教会的権能に携わる重みと畏れをいだきつつ試験に臨んだ。正教師の受験者は42名、加えて補教師13名、教師転入1名の受験者を得た。多くはないが、これだけの教師が立てられることに感謝したい。  受験者それぞれが、祈りと共に神の御前に畏みつつ、先立って出された提出試験、今回の筆記試験、そして面接試験に取り組んだ。正教師試験を中心として行われた試験であるが、提出試験の説教、釈義に……
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2024
The United Church of Christ in Japan