クリスチャン・ゼブリー元宣教師企画によるワークショップ

クリスチャン・ゼブリー元宣教師企画によるワークショップ

主題: “宣教の霊的原動力”
日時: 2019年2月23日(土曜日) 10:00から16:30まで
場所: 東京都渋谷区南青山6-10-11 ウェスレーセンター

主イエスは聖霊なる神と息を合わせての働きをどんな風に全うされたのか、聖霊なる神とはどんな方なのか、私たちは教会の働きでどのように聖霊なる神と協
調することができるのか...学びのとき、祈りのとき、学んだことを他の受講者と
一緒に実践してみるとき、これらの3要素で本ワークショップは構成されています。
今回の学びは聖書に基礎を置くもので、改革長老教会国際部デュナミス・プロジェ
クトの一部分です。北米、アフリカ、そしてアジアの様々な地域で、神様は永年に
亘って、本プログラムを用いて霊的な覚醒を起こして来られました。

講師: ジェイ・ノブロック宣教師 韓国・ソウル在住
2018年に本ワークショップの主催者である改革長老教会国際部(Presbyterian Reformed Ministries International米国NC州)より、アジア担当宣教師として韓国・ソウルに派遣されました。ジェイ宣教師は2011年から“デュナミス”プログラムの講師として米国と韓国で用いられてきました。受講者は教会・宣教団体のあらゆる世代です。ミシガン州のカルヴィン・カレッジでは学部生にも教えてきました。“耳を使って宣教する”をモットーに、受講者が三位一体の神との関係で成長し、聖霊の導きを正確に見分けられるようになることを喜びとしています。

場所: ウェスレーセンター 会議室204
・地下鉄 表参道駅から...徒歩10分
・JR渋谷駅から...都バス(01系) 最初のバス
停(青山学院中等部前)で下車、徒歩3分

主催:❶改革長老教会国際部   (Presbyterian Reformed Ministries International米国NC州)
❷クリスチャン・ゼブリー元宣教師...300年前に渡米した代々の牧師家庭に生まれる。1998年長老教会宣教師として来日、9年間青年伝道に専念。帰国後2014年再来日。現在は改革長老教会国際部宣教師、西東京ユニオン教会主任牧師。

参加費:無料、但し自由献金は歓迎(会場費に充当)
昼食: 持参(または会場の近所で購入)
「宣教の霊的原動力」 2019年2月23日(土)10:00-16:30
於:ウェスレーセンター 会議室204 (東京都渋谷区南青山6-10-11)

10:00-10:30 茶菓/交流会

午前の部
10:30-10:45 イントロ
10:45-11:30 学び(その1):「イエスと聖霊なる神」
11:30-12:00 討論会:この学びは世界観にどのように影響するか

12:00-12:40 昼食(各自)

午後の部
12:40-13:00 個々人での祈り・振り返り・明け渡し
13:00-13:45 学び(その2):「聖霊なる神とはどんな方か」
13:45-14:10 小グループの交わり...討論と祈り

14:10-14:15 5分休憩

14:45-15:00 学び(その3):「宣教において聖霊なる神と息を合わせる」
15:00-15:40 祈り会
15:40-16:00 証し・報告
16:00-16:30 日本の働き人と収穫のため導かれるままに祈るとき
16:30       お開き
――終了後、希望者を対象に個々人のための祈りのときを持ちます。
主催者・祈りチームが、霊的な強めを求める一人ひとりのために祈らせて頂きます。

テゼ共同体での黙想プログラム

フランスのテゼ共同体で黙想しよう
(台湾基督長老教会と一緒に)

日時:8月22日(木)—9月5日(木)
場所:スイス・ジュネーブ、フランス・テゼ
人数:5名—8名(台湾チーム約20名・引率同行)
条件:18歳—35歳
教団の教会に通う方、テゼの黙想に関心がある方
費用:約30万円(航空券、宿泊代、食費、入場費、交通費)
補助:15万円 世界宣教の日献金 海外青年派遣費より
申込:1.申込書
2.牧師推薦書
3.パスポートのコピー
提出:3月1日(金)必着
169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 世界宣教委員会宛
メール:hironaka@uccj.org  FAX:03-3207-3918 いずれの提出方法も可。
必須:準備会&祈り会 5月を予定しています。詳細は後日。
報告書提出 9月30日(月)まで

<スケジュール(案)>
8月22日(木) 成田または羽田出発
8月23日(金)   ジュネーブ到着
8月24日(土)   ジュネーブ観光(宗教改革記念碑、国連、赤十字博物館、ブラザー・ロジェの住まい)
8月25日(日)   サン・ピエール大聖堂
8月26日—1日    移動⇒ テゼ共同体青年たちのための国際的集い Taize Community テゼ共同体
9月2-3日           パリ観光(ルーブル美術館、セーヌ川、エッフェル塔等)
9月4日(水)     パリ出発
9月5日(木)     成田 または 羽田到着
<宿泊先>
ジュネーブ:HotelBel’Espérance GENEVAまたは同等クラスのホテル http://ur0.work/PCr5
テゼ:テゼ共同体
パリ:AubergeAdveniat(仮)http://ur2.link/Qn6G

★全日程、台湾基督長老教会の大学・専門学生と一緒のプログラムです。
★出発日が23日に変更する可能性有り。

● 信頼の巡礼 テゼ共同体青年たちのための国際的集い
日時:8月25日(日)—9月1日(日)
18歳から35歳の青年を対象とした祈りと分かち合いの一週間
グループによる黙想と分かち合いや異なる国々の発題者によるワークショップ。希望者は環境問題と気候変動をテーマにしたプログラムに参加。

● テゼ共同体とは Communauté de Taizé
(黙想と祈りの集いホームページより抜粋 http://mokusoutoinori.cocolog-nifty.com/
●テゼ共同体とは、フランス・ブルゴーニュ地方の小さな村「テゼ」にある、キリスト教の男子修道会の名前です。
1960年頃に争いや分裂のあるこの地上で、『見える和解のしるし』となることを目指して始まりました。カトリックとプロテスタント出身の修道士(ブラザー)たちが、教派の違いをこえて、ともに祈りと労働の生活をしています。
テゼは、深い沈黙の中での祈り(観想)を大切にすることでも知られています。朝昼晩の祈りは、長い沈黙と単純素朴な祈りの歌、聖書の朗読によって進められます。
「内なる信仰を深めること」と同時に、「苦悩する人々との連帯」が創設から大切な指針となってきました。この2つは、単純素朴でもてなしに満ちたテゼでの生活の源泉です。
このような単純素朴で、もてなしに満ちた生活にひかれて、また人生の意味と希望を模索して、毎週何千人もの若者がテゼを訪れるようになりました。集った若者はともに祈り、心を憩わせ、新しい出発へ招かれます。

・ 黙想と祈りの集い (テゼの歌による祈りの集い)
分裂した世界に一致を求めるテゼの「信頼の巡礼」に連帯して、黙想と歌による祈りが世界各地で開催されるようになりました。これらの集いは、「黙想と祈りの集い」と呼ばれ、エキュメニカルな(教派をこえた)祈りの場として、すべての人に開かれています。

別紙にてテゼからの提言2019年を添付しています。どうぞそちらも御覧ください。
2019年テーマ:「もてなすことを忘れないように」

2019年度日本基督教団エキュメニカル協力奨学金のご案内

主の御名を賛美いたします

2019年度日本基督教団エキュメニカル協力奨学金のご案内です。

この奨学金は、2007年に解散した宣教協力協議会(CoC)の留学生奨学金制度を受け継ぎ2008年に設置されたもので、毎年1名〜2名に支給されております。

今年も公募を始めましたので、ご案内申し上げます。

<奨学金>

・支給する奨学金は、一人あたり36万円を上限とし、日本基督教団国際関係委員会の定める額とする。

・奨学金の送金は2019年7月までに行う。

・奨学金の送金は、奨学生の研究・研修機関を通じて行う。

 

<申し込み方法>

所定の申し込み用紙に必要事項を記入の上、研究・研修機関を通して、2019年5月7日(火)まで(必着)に下記に提出する。

申し込み先:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18

日本基督教団事務局 国際関係委員会宛

 

<提出書類>

(1) 願書

(2) 履歴書

(3) 本国の所属教会からの推薦状

(4) 日本における出席教会の牧師の推薦状

但し、教会は日本基督教団・在日大韓基督教会[KCCJ]に限る

(5) 研修機関からの推薦状(教授またはそれに準ずる者)

(6) 研修計画書(留学目的、留学機関、期間等を詳細かつ具体的に記載すること)

(7) 資金計画書(学費、自己負担金、希望奨学金額を詳細に記載すること)

 

<詳細及び申込書一式>

募集要項

申込書一式

 

<規約一部抜粋>

第一条 目的

JNACの世界宣教協力の意志を受け継ぎ、広い意味でエキュメニカルな相互理解と宣教協力に資するために日本において研究・研修に従事するアジア地域等からの留学生を支援する。

第二条 資金

1)「世界宣教の日」献金からの繰入金

2)在北米関係教会からの献金および日本国内の献金によるCoC奨学金基金

3)その他

第四条 申請資格

奨学金に申請しようとする者は、以下の各号をすべて満たすものとする。

1)アジア地域等から日本へ留学しているキリスト者。

2)既に日本に滞在して研究・研修に従事している者。

3)日本において日本基督教団、在日大韓基督教会のいずれかの教会に出席している者。

4)日本において、また母国において、エキュメニカルな宣教協力に貢献する志をもつ者。

 

ご応募お待ちしております。

<お問い合わせ>

ecumeni-c@uccj.org 或いは 03-3202-0544まで

2017年度宣教方策会議報告書について

2017年度宣教方策会議報告書について

2018年3月5日(月)~6日(火)、富士見町教会にて開催されました「2017年度宣教方策会議」、主題:「日本伝道をどう考えていくか~宣教基本方策をもとに~」の報告書ですが、今回は、印刷・製本配布ではなく、教団公式サイトにPDFで公開することいたしました。どうぞご利用ください。

http://uccj.org/report_2017

2019年2月1日 日本基督教団宣教委員会

 

第41回日本基督教団総会(2018年10月23日(火)~25日(木)) 速報

第41回日本基督教団総会 速報No.1 2018.10.24 13:30 (PDF)

・第41回教団総会開催

「伝道する教団の建設」-伝道の命と力の回復-を主題に

・石橋議長再選

・開会礼拝説教 「福音伝播の命令」 李秀英牧師

・来賓挨拶

 

第41回日本基督教団総会 速報No.2 2018.10.25 8:30 (PDF)

・久世そらち新副議長

・ミナハサ福音キリスト教会との宣教協約締結

・逝去者記念礼拝 「『衣鉢』を継ぐ者」 横山良樹牧師

・報告会

・協議会

 

第41回日本基督教団総会 速報No.3 2018.10.25 14:30 (PDF)

・雲然俊美書記再選

・聖餐礼拝 「あなたの未来には希望がある」 黒田若雄牧師

・部落解放劇 さようなら無関心-関係者で行こう!

 

第41回日本基督教団総会 速報No.4 2018.10.25 19:00 (PDF)

・雲然俊美書記再選

・常議員決まる

・聖餐礼拝 「あなたの未来には希望がある」 黒田若雄牧師

・部落解放劇 さようなら無関心-関係者で行こう!

 

 

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2017年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2019年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友