2017年 日本基督教団・在日大韓基督教会 平和メッセージ

2017年 日本基督教団・在日大韓基督教会 平和メッセージ

日本基督教団総会議長  石橋秀雄

在日大韓基督教会総会長 金 性 済

「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない。」(イザヤ書2章4節)

わたしたちは、主イエス・キリストを救い主として、世にあって教会に呼び集められ、そして主イエス・キリストの名によってこの世に、「地の塩」そして「世の光」(マタイ5:13-16)として「平和を実現する」(マタイ5:9)使命を帯びて遣わされている教会であります。この信仰的自覚に立ちつつ、わたしたちは、今遣わされているこの時代の世にあって、国家の政治の道が聖書の指し示す平和の道に反すると判断した時、黙認することなく、預言者の心をもって警鐘の声を挙げずにはおれないのです。日本基督教団と在日大韓基督教会は、以上のような信仰的立場を共有しながら、1984年2月に和解と協力の宣教協約を締結し、今日に至るまで、福音伝道に協力し合いながら世の平和に仕え歩んでまいりました。

しかしながら、過去四半世紀の日本の政治の流れを振り返るとき、わたしたちは大きな危惧を抱かずにおれません。旧日本軍「慰安婦」問題への日本の国家的関与を認めた、1993年の河野談話、また日本の戦争責任に関する1995年の村山談話以降、第一次安倍政権が2006年に誕生しました。そして2012年以降、第二次、第三次安倍政権のもとで、特定秘密保護法制定(2013年12月6日)、集団自衛権容認の閣議決定(2014年7月1日)、安保法制の確立(2015年9月19日)に至り、今日では憲法第9条をはじめとする改憲の動きを一層強めています。さらに、戦前に国民の内心の自由、表現の自由、集会結社の自由を脅かす弾圧装置として機能した治安維持法と酷似する「テロ等準備罪」(共謀罪)法案を成立(6月15日)させ、それは施行(7月11日)されることになりました。これら一連の政治の動きを通して、基本的人権と平和主義の理念に立つ現行憲法に支えられてきたこの日本は今、自由と人権を尊重する民主主義と平和主義、そして国家権力の暴走を防ぐ立憲主義を崩壊させつつあると、わたしたちは認識し、強い危機意識を覚えると共に、そのような動きに断固反対します。

今日本が自公連立政権の、多数議席の横暴によって歯止めがかからないまま突き進む危険な政治に対して、わたしたちは聖書の指し示す愛と平和の福音に立脚しつつ、断固として反対を表明します。さらに、自由と人権を保障する平和憲法に基づく民主主義国家と戦争を放棄する平和外交の道を強く訴えずにおれません。なぜなら、わたしたちキリスト者は、聖書のみ言葉に促され、この世界にあって、「見張り」(エゼキエル書3:17;33:2)の使命を帯びて、正義と平和を証しする証人として平和の主イエス・キリストに遣わされているからです。

2009年よりこの日本に広がり始めたヘイトスピーチに対して、わたしたちは2015年11月に「マイノリティ問題と宣教」国際会議を東京で開催しました。その結果、去る4月8日に、東京新宿西早稲田に「マイノリティ宣教センター」を、世界の諸教会に支援されながら、日本のキリスト教諸教団・諸団体と共に開設するに至りました。わたしたちは今後、このセンターを通して、日本の諸教会と共に、そしてさらに欧米諸国において人種差別と難民排斥と闘うキリスト教会とつながりあって、和解と共生平和の天幕を広げるような宣教的取組を推進していく所存であります。

さらに、わたしたちは、不安定化した朝鮮半島を中心とする北東アジアにおいて、いたずらに緊張を煽る政治主張やメディアに踊らされることなく、冷静な目をもった対話的な平和外交の道を切望します。そのためにまず、日韓のキリスト教会の間において、和解と平和をめざす誠実な歴史認識の共有と相互交流と宣教協力の道を、いっそう力強く推進してゆく所存であります。

和解と協力の宣教協約に結ばれた日本基督教団と在日大韓基督教会に、「向こう岸に渡ろう」(マルコ4:35)と呼びかけられた主イエス・キリストが、この嵐の時代の世に宣教の船出をする両教会を守り、導き、そして貴くお用いくださることを信じつつ、平和の向こう岸に向かって帆を広げ進み続けていくことを、わたしたちはここに決意するものであります。

「主よ、われらを守り、導き、お用いくださり、あなたと共に平和のために働くものとなさしめたまえ。アーメン」

2017年8月

領収書発行についてお知らせ

領収書発行についてお知らせ

これまで皆さまから頂戴した献金には、漏れなく領収書を発行しておりましたが、郵便料金値上げに伴い、これを原則廃止とさせていただきます(第40総会期第2回常議員会にて了解済)。郵便払込取扱票をご利用になった際に振替払込請求書兼受領証が残りますので、それをご利用ください。銀行口座からお振り込みの場合は、通帳記帳をもって領収の証しとさせていただきます。現金の場合は、これまで通り領収書を発行いたします。

なお、どうしても領収書が必要な場合は、お申し付けいただければ発行いたします。皆さまから頂戴した献金を有効に用いさせていただくためにも、この経費削減にご理解くださいますようお願い申し上げます。

2017年8月

日本基督教団事務局

総幹事事務取扱 道家紀一

宣教研究所 『教区互助制度資料集-教師謝儀互助・教会互助制度-』 販売のお知らせ

宣教研究所 『教区互助制度資料集-教師謝儀互助・教会互助制度-』 販売のお知らせ

頒価 300円

申込

日本基督教団宣教研究所

東京都新宿区西早稲田2-3-18-31

電話 03-3202-0546

E-mail  senken-r@uccj.org

 

組織的犯罪処罰法改正に抗議し、同法の廃止を求める声明

組織的犯罪処罰法改正に抗議し、同法の廃止を求める声明

「剣を打ち直して鋤とし 槍を打ち直して鎌とする。」(旧約聖書イザヤ書2章4節)

去る6月15日、多くの反対の意見が表明されている中、十分な審議の時間を持つことなく、参院本会議において組織的犯罪処罰法改正案を可決したことに対し強く抗議します。

同改正において新設される「テロ等準備罪」の実質的な内容は、過去三度廃案となった「共謀罪」そのものです。そもそも同改正自体、憲法第31条に謳われている罪刑法定主義に反しています。また、その内容については、処罰の対象者が極めてあいまいで、一般人が処罰の対象となる可能性を排除することはできません。

さらに、この改正により、いわゆる「監視社会」体制作りが進められることが懸念されるほか、個人の内心の自由の侵害が現実のものとなること、また、市民の自主的で自由な活動が委縮してしまうことが予想されます。

日本基督教団は第二次世界大戦中に治安維持法違反とされる宗教弾圧事件を経験しました(1942年6月、1943年4月)。旧ホーリネス系教会の牧師130名ほどが検挙され、その教会が解散させられるという苦難の出来事を忘れることはできません。

日本基督教団は戦争遂行に協力をしてしまった過去の罪を主なる神の前に悔い改めつつ、日本が、「剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする」との聖書の教えに学び、世界の国々相互の信頼関係を構築し、積極的に平和を実現していくための不断の努力と取り組みを続けることを強く願います。

日本基督教団創立記念の日(1941年6月24日)、および、ホーリネス系教会弾圧の出来事を覚える日(1942年6月26日)を前に、組織的犯罪処罰法改正に反対し、同法の廃止を強く求めます。

2017年6月15日

日本基督教団

総会議長  石 橋  秀 雄

【公募】CCAアジア宣教会議と60周年祝典ご案内

◆公募:CCA アジア宣教会議及び60周年祝典出席◆

日本基督教団が加盟しているCCAからアジア宣教会議と60周年祝典のご案内が届きました。

是非教団からの代表者だけではなく、日本基督教団教師の皆様も共にご出席下さると幸いです。

CCA Asia Mission Conference&Diamond Jubilee Celebration

日時:2017年10月11日(水)―17日(火)

会議は12日(木)AM-16日(月)PM。60周年祝典は15日(日)
場所:ミャンマー、ヤンゴン
テーマ:Journeying Together: Prophetic Witness to the Truth and Light, in Asia.
出席予定:CCA加盟教会の総幹事、議長や世界宣教幹事等の代表
参加条件:詳細を参照の上、(https://goo.gl/uI30KG
参加志のある日本基督教団教師。英語でのディスカッションに積極的に取り組む者。
費用:参加費USD150、航空券、国内外移動費、海外旅行社保険等は自己負担。
応募方法:申込みフォーム (https://goo.gl/bi46Td) をご記入の上、国際関係委員会宛てにメール、FAX、または郵送にてご送付下さい。
申込先:日本基督教団事務局 世界宣教部 国際関係委員会宛
メール:ecumeni-c@uccj.org
FAX:03-3207-3918
住所:169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
締め切り:2017年7月10日(月)必着

※応募多数の場合、書類選考の可能性あり。

ご応募お待ちしております!

AMC案内

AMC申込用紙

  • 共に仕えるためにPDF

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    日本基督教団年鑑2017年版

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友