【4879号】社会委員会 《全国社会委員長会議報告》

 第40総会期全国社会委員長会議が2月26~27日、教団会議室にて開催された。

 森下耕委員長による開会礼拝の後、伊藤朝日太郎弁護士より「『共謀罪』からどう身を守り、廃止を展望するか」と題して講演があった。「『共謀罪』をめぐっての今日的状況において、私たちは『安全』『国防』を唱える権力者の言葉に懐疑を持たなければならない。そしてこの共謀罪の廃止に持ち込むべきである。権力者は共謀罪を用いて、私たちを『敵か、味方か』に分断し、互いの心に憎悪の種を生み出させようとするだろう。その時にこそ、その分断と憎悪の心に打ち勝つキリスト教会の力が求められるのではないか」。

 続いて金性済牧師より「歴史の亡霊に抗い—天皇制ファシズムの再来?」と題して、発題があった。「治安維持法と教会(宗教)弾圧、そして朝鮮植民地支配と迫害があった。治安維持法はその成立以前から存在する国体護持思想や民族差別意識が根深く関わっている。それは今日の共謀罪も同じである。歴史のうねりの中で治安維持法が暴走したように、共謀罪も暴走する。この所にあって、私たちは福音に立つ。その主体性をもって、教会は国家からの弾圧とテロリズムとに対して戦って行かなければならない」。

 その後、質疑応答。さらに内容が深められた発言があり、続けて全体会にて、参加者の感想、意見が述べられた。

 そして教区報告として各教区より、社会委員会等の活動が報告された。その報告を経て、次のような要望が出された。「教団に、各教区での講演会などのために適切な講師を推薦できる人材バンクのような制度を作って欲しい」。「教団は声明文を表明してそれで終わりとするのではなく、その事柄をしっかりと継続して理解するために、声明文と共に、そのことについてのQ&Aを作成できないか」等。委員会として受け止めたい。 (石井佑二報)

  • 共に仕えるためにPDF

    リフォユース最新情報はこちら

    宗教改革500周年記念事業

    International Youth Conference in Kyoto

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2018年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友