【4758号】ユースミッションの振り返りの時 第7回教育委員会

9月3日・4日、教団会議室にて37総会期最後となる第7回教育委員会が開催された。8月18日〜25日に行ったユースミッション2012の開催後でもあり、会議全体はその内容の振り返りが中心となる。
ユースミッションには台湾からの青年7名と日本から4名の青年が参加した。その参加者のうちの一人廣中佳実姉の陪席を得て振り返りの時を持つ。
台湾・日本の双方に参加意義が曖昧なまま参加した者があったり、さまざまな面で準備不足であったことは反省される。しかしプログラムを終えるまでに、両国の青年の交わりを深め、祈りを共にし、国を超えて働かれる主の御業を共に仰ぐ者とされたという喜びの感想があがる。
ユースミッションの全体を通して、み言葉に基づいた日々のプログラム設定がきちんとなされたほうが良かった、というのは青年たちからの声。片方で青年たちが自主的にデボーションの時を持ち、日々の恵みをみ言葉から聞き取るなどしてプログラムの内容を自ら深めていたことは、意味深いことであった。
今回はプログラム中に「教会中高生・青年大会」があったために、これまでのユースミッションとは違って、より教会的な位置づけがなされたことも評価される。ユースミッションと教会中高生・青年大会は別プログラムであるが、教育委員会が双方に関わっていることからその関係性を深めていきたい。またそもそもユースミッションは台湾基督長老教会との宣教協約に基づいたものであるので、教育委員会だけでなく教団全体のなかでの位置づけがなされるべきとの意見もあった。このような豊かなプログラムがあることを広く知らせる課題も挙げられた。
ユースミッションの振り返りの他、クリスマスに向けて今回リニューアルする「みんなで生きよう」誌の誌面の確認作業を行う。
また第38回教団総会報告をまとめながら、今総会期の活動を反省する。そこで震災にいつも心を置き、祈りつつ開かれてきた教育委員会であったことを振り返った。
(清藤淳報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友