インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4757号】復興に向け祈りを合わせて取り組む 第5回社会委員会

2012年9月29日

7月24日~25日、第37総会期第5回社会委員会が開催された。
釜土達雄委員長司式による礼拝をもって開会した。24日は、宣教研究所委員会の陪席があり、宣教基礎理論(第1草案)について、内容と経緯に関する説明を受け、意見を求められた。
意見交換の後、予定されていた議案の協議を始めた。大三島義孝幹事より添付資料に基づいて、業務報告、常議員会報告を受けた。また、東日本大震災関連で、会堂、牧師館再建計画に対する支援が3件執行されたとの報告を受けた。
原田史郎委員より、総会議事録に基づいて日本キリスト教社会事業同盟総会報告を受けた。また、森田恭一郎委員より日本キリスト教保育所同盟理事会、並びに総会報告を受けた。
本委員会に先立って開催された37総会期全国社会委員長会議(7月23日~24日開催)について、すべての委員が感想を述べた。
報告者から、十分な備えにより、東日本大震災復興支援の現場から報告してもらった。また、石橋秀雄教団総会議長と内藤留幸教団総幹事から教団の取り組みについて報告を受けた。
これらの報告を共有したことにより、復興に向けて、祈りを合わせて取り組んでいくことを確認できたのではないかと感じた。
協議事項としては、「社会委員会通信」第48号発行に関する協議を行い、全国社会委員長会議に関することも加えて発行することとした。
丹波二三夫担当職員より、2011年度会計決算について報告を受け、委員一同承認した。
第38回総会報告に関して、準備された資料に基づいて内容を確認した。協議の結果、申し送り事項を加えて総会報告とすることとした。
次回委員会は、9月24日~26日に真和志教会(沖縄)にて行う。基地問題をはじめ、歴史的なことも含めて理解を深め、課題の共有に役立てることを目的とし、沖縄フィールドワークを行う予定となっている。
以上の協議を経て、村上恵理也委員の祈祷により閉会した。
(上森俊明報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan