インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4754・55号】荒野の声 

2012年8月18日

▼猛暑に備えて、緑のカーテンを植えている人は少なくない。最近は定番の朝顔よりゴーヤの方が人気が高いと聞く。育てやすい健康野菜だから、一挙両得だ。▼我が家は何故かカボチャ。初めから狙ったものではなく、思わぬ方向に蔓が伸びて来て、結果そうなった。葉が大きいから遮熱効果は高いと思うが、風通しは悪いかも知れない。実がぶら下がっているのが、窓から見えるだけで4個ある。毎日大きくなっていくのは楽しみだ。▼しかしちょっと不気味だ。太い蔓がまるで鎌首をもたげ、窓から侵入しようとしている怪物のようにも見える。果実は頭のようだ。毎日少しずつ近づいている。ウェストールの『かかし』にも思える。いっそ目鼻を付けてハロウィンのカボチャにしたら、涼しいかも知れない。▼カボチャはアメリカが原産地と聞いて意外だった。カンボジヤだと思い込んでいた。カンボジヤの、電気も電話もなければインターネットも通じない寒村に、青汁の素のケイル畑が拡がっている。この村に学校を作る働きをしている人が、試みに蒔いたら、日本の倍にも大きくなり、常時収穫できる。生野菜不足の現地の人に大いに喜ばれているそうだ。実は、この種は元々我が家の庭から収穫したもの…これは自慢話。▼福音の種も、蒔かなければ芽生えることはない。

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan