【4750号】第6回教師委員会報告

被災地教師の健康管理

 第37総会期第6回教師委員会が、教団会議室にて4月20日に行われた。
 事務局報告があり、特に「被災教会・伝道所担任教師健診(人間ドック)」(対象者は教師と配偶者)について、奥羽・東北・関東の教区議長及び教師宛に文書を発送した結果として、70名くらいの希望者があった旨、報告があった。報告を踏まえて、人間ドック後の治療(精密検査・毎年の受診・疾病が発覚した場合の対処)について、教師委員会より救援対策室長に進言・質問することとした。
 また被災教会・教師問安について、昨年秋に13教会、今年2月に問安をかねて郡山教会(安積教会も問安)で教師委員会を開催したが、継続していく必要性を確認した。
 さらに今回は、新任教師オリエンテーションの具体的内容、担当について集中して話し合われた。新任教師オリエンテーションは、6月18日~20日、2泊3日で天城山荘で開催される。主題は「教団の教師として宣教を共に担う」である。プログラムは、ほぼ例年通りに行われるが、昨年より、過去においてオリエンテーションに参加できなかった補教師に対し、過去3年間まで遡って案内を出すことにしている。また「メンタル問題を抱えている人とのかかわり方」 (仮題)として、石丸昌彦氏(桜美林大学教授・柿ノ木坂教会員)に講演をお願いした。
 教師委員会予算の70%に当たる350万円の予算が組まれ、また共に教団教師として宣教を担う者として、学びと良き交わりの時が与えられるので、新任教師オリエンテーションに参加することを各教会、各学校・施設、各教師も重要なこととして受け止め、参加してほしい。
 その他にも教規が定める職務に従事しない教師(無任所)に関する件および信仰職制委員会の答申に関する件、「改訂宣教基礎理論」に関する件について話し合われた。課題は多いが、一つ一つていねいに、祈りつつ、対応していきたい。
 次回は、6月18日、20日、新任教師オリエンテーションをはさんで、天城山荘で開催することとした。
(堀眞知子報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友