【4744号】齋藤篤宣教師派遣式  ケルン・ボン日本語キリスト教会へ

1月27日、齋藤篤宣教師派遣式が、秋山徹牧師による司式、木下宣世世界宣教委員会委員長の、マタイ福音書11章25~30節に基づく説教によって、日本聖書神学校において執り行われた。
齋藤宣教師は、ドイツ、ケルン・ボン日本語キリスト教会に、林原泰樹宣教師の後任として、4月より赴任する。
同教会の前身は、1977年に歩み出した、ボン大学神学部の「ボン聖書集会」であり、後に礼拝場所をケルンに移し「ケルン・ボン教会」となった。2007年には創立30周年を迎えた。
1980年に、同教会は、日本基督教団と当時のドイツ福音主義合同教会(EKU)との協約に基づく教会となり、現在、リンデンタール地区にあるボンヘッファー教会で礼拝を持ち、デュッセルドルフ、ケルン、ボン近郊の日本人伝道を担っている。
これまで、日本基督教団とラインラント州教会が、同教会の財政を支援してきたが、昨今のドイツ教会に共通する財政逼迫により、宣教協力関係は保ちながらも、まさに、齋藤宣教師赴任直前の3月に、ドイツ側の支援終了が決定している。これまで以上の厳しい経済状況での働きとなる。
また、説教の中でも語られたが、前任者となる林原宣教師の二女玲羅さんの病気による死去と、前々任者の宣教師夫妻の病気療養のための中途帰国という、大きく深い傷を負った教会への齋藤宣教師の赴任は、だからこそ、大変に期待を持たれている。
木下委員長は説教の最後に「齋藤宣教師には、この傷ついている教会に赴き、包むような牧会をしていただきたい。私たちを招いてくださるイエス様のところに、皆さまをお連れするような姿勢で務めていだきたい」と結んだ。
齋藤宣教師は、派遣式当日に配布された『ごあいさつ』の文中で「与えられた課題に対して、遣わされる教会の皆様と共に、神の力によって大胆に挑戦し、神への信仰にしっかりと立つ教会の宣教の業に全力を持って働きたい」と力強く語っている。
(なお、夫人の齋藤朗子さんは、今春、日本聖書神学校を卒業し、試験、諸準備を終えた後、追ってドイツに渡り、共に宣教の業を担う予定である)。
(新報編集部報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友