【4738・4739号】出版局ニュース

http://www.bp.uccj.or.jp
★新刊から
◇CDで聴く日本の説教《第3回配本》『竹森満佐一』加藤常昭:監修 聖書学者であり、神学教育者であった竹森満佐一は、何よりも教会の礼拝を通してみ言葉を語り続けた説教者であった。吉祥寺教会の礼拝で語られた代表的な説教の録音を二枚のCDに収録。《好評発売中》『島村亀鶴』『榎本保郎』各3570円
◇さんびかものがたりV 《全5巻完結》『平和の道具と 信仰生活の歌』川端純四郎:著 「讃美歌21」の430番以降の信仰の歌の中から、「神はわが力」「山路こえて」「あめなるよろこび」等の歴史的讃美歌、また「球根の中には」等の新しい歌まで、37曲の誕生のドラマを紹介。賛美する喜びがさらに深められるシリーズ。待望の完結。各2520円。
◇『東日本大震災を通して問われたこと 現代日本の危機とキリスト教 東日本大震災緊急シンポジウム』日本基督教団救援対策本部:編 2011年8月に銀座教会で開催されたシンポジウムの再録。開会礼拝説教(北紀吉)、教団議長挨拶(石橋秀雄)他、キリスト教学校(中山昇)、神学者(芳賀力)、社会福祉(稲松義人)、教会・牧師(岡本知之)、それぞれの視点からの発題及び講演「土曜日のキリスト」(大木英夫)等を収める。1995円
◇特別増刊号『説教黙想アレテイア 危機に聴くみ言葉/3月11日の後で教会は何を聴き、何を語るか』
◎第1部「座談会」被災地の牧師は、何を経験してきたのか。東京の神学者たちは、何を経験してきたのか。加藤博道、佐藤司郎、高橋和人、宮崎新、柳谷雄介、吉田隆、近藤勝彦、徳善義和、並木浩一、平野克己
◎第2部「歴史を振り返って」危機と向き合ってきた歴代の説教者たちに学ぶ。久米あつみ、佐藤司郎、四竃揚、鈴木正三、ジム・ピーターソン、柳田洋夫
◎第3部「説教黙想」今こそ味わうべき、み言葉の黙想。雨宮慧、小友聡、加藤常昭、左近豊、鈴木淳一、橋重幸、立野泰博、徳善義和、吉田隆、吉村和雄 2000円
◇ひかりをかかげて《第一回配本》『ディートリッヒ・ボンヘッファー ヒトラーとたたかった牧師』村上伸:著 「牧師ボンヘッファーが、悪人といえど、何故ヒトラー暗殺に関わったのか」。若い人たちに、信仰を貫いて生きたキリスト者の姿を伝える伝記シリーズ、第一弾。1260円
◇ニューセンチュリー聖書注解『雅歌』ジョン・G.スネイス:著 竹内裕:訳男女が愛を情熱的に歌い上げる雅歌が、なぜ正典なのか。ユダヤ教やキリスト教の解釈を踏まえつつ、テキストを詳細に解き明かす。4620円
★「委託出版」承ります。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友