【4736号】伝道局設置の可能性を検討 第3回伝道委員会

第37総会期第3回伝道委員会が9月26日(月)~27日(火)、蕃山町教会にて開催された。
26日(月)夜は、教団伝道委員会主催の伝道講演会を諸教会にご案内して開催した。
北紀吉教団伝道方策検討委員長により「魂の叫びをききたもう神-一教会の伝道を通して-」との題で講演がなされた。
伝道について具体的示唆を得る講演で参加者が熱心に聴き入った。出席は15教会、32名。
「『農』に関する協議会」については、2012年2月28日(火)~29日(水)、日本基督教団松山城東教会と道後友輪荘を会場にして行うこととした。主題は「農村地方において伝道の幻に仕える」。講師は塩入隆氏(長野本郷教会信徒)で、講演は「賀川豊彦における農村伝道」。四国教区内より農関係者による発題を受ける。
「教区伝道委員長会議」については、2012年6月25日(月)~26日(火)、日本基督教団西千葉教会を会場にして行うこととした。主題は「一つと成らんために」とした。
前総会期の主題であった「新しい伝道協力の可能性」の方向性の継続、伝道に具体的に示唆のある講演などを求める意見が出された。数人に様々な角度から講演・発題をしてもらう方向性を確認した。
「伝道アイデア・アンケート」については、担当者により、アンケート集計結果の内容の精査や分類、留意点などが説明された。担当者よりパンフレットの内容イメージが提示され、協議した。2011年度内に発行するためのタイムスケジュールを確認し作業することにした。
また、伝道局設置の可能性について検討した。現伝道委員会の権限や予算の制限を考えると、伝道のための予算を持ち、更に長期的な研究や計画を作成し実施できる、教団全体の伝道体制に対し責任と継続性をもつ部署、すなわち伝道局が必要でないかとの意見で一致した。
この可能性について継続して検討すること、伝道方策検討委員会へ伝道局設置も含める機構改正を伝道委員会から要望することとした。
この他に、初雁教会(関東教区)の会堂貸出金申請を承認した。
次回は2月27日(月)~28日(火)に松山にて開催される。
(小林克哉報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友