【4733号】PCTからの東日本大震災献金に感謝 第2回台湾協約委員会

2011年9月5日(月)~6日(火)、日本基督教団真駒内教会において第37総会期第2回台湾協約委員会が行われた。
そこでは主に、2012年2月20日(月)~23日(木)に台湾において開催される、「日本基督教団(以下教団)と台湾長老基督教会(以下PCT)との教会協議会」の内容について協議がなされた。
それに先立つ報告事項として、2011年4月25日に行われた、PCT総会についての報告がなされ、総会の中で石橋秀雄教団総会議長よりPCTへの献金感謝と震災の現状が報告されたこと、また総会を開催した会場が、マカイ病院というPCT関係病院であり、PCTが教会外にも広く関係と信頼を築いていることが報告され、大いに学ばせられることであった。
また、教団よりの在台湾宣教師の活動についての報告があり、彼らの活発な宣教の業に皆が祈りを合わせた。
報告の最後に、東日本大震災におけるPCTからの4、800万円余の献金の現状報告がなされ、8月5日現在、PCTとしてだけでなく中会の一つである「嘉義中会」からも献金が寄せられており、今回の震災におけるPCT各個の教会の祈りを感じることができた。感謝をもって献金の報告を聞き、感謝の想いそのままに、その後の「PCTとの教会協議会」の協議も熱意をもって協議された。
その中では、まず次期協議会のテーマと方向性について話された。そこでは、協議会を通して、教団・協約委員会として今回の震災対応に関する感謝のメッセージを伝えられるようなものにしたいこと。次は我々がPCTが直面している教会的・社会的課題や試練に心を寄せる番なのではないか。などの意見が出され、テーマとして「日本の今、台湾の今」「共に喜び、共に泣く」などが候補として挙げられた。
また開催地エリアについて協議し、今まで開催されたことのない台湾中部の台中近隣が候補地に挙げられた。内容としては研究・講演とともにフィールドワークを通して台湾の現状と展望を分かち合いたいという意見があった。
募集においては日本よりの参加者に広く呼び掛けたいとの想いの中で、教区推薦として信徒(青年・婦人・壮年)の参加を募ることとした。
最後に、李孟哲委員の閉会祈祷をもって閉会した。今回は北海道の地での委員会開催となったが、アイヌ資料館での研修など、実り多い委員会となったことを感謝とともに報告する。
(野田 沢報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友