インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4731号】諮問2件いずれも継続審議に 第2回信仰職制委員会

2011年9月10日

第37総会期の第2回信仰職制員会が6月27日(月)~28日(火)に、委員6名出席(1名欠席)のもと教団会議室で行われた。
前回の委員会から継続となっていたセンター北伝道所(神奈川教区)からの諮問「伝道所における聖礼典の執行について」は、継続となった。
また、今回内藤留幸総幹事から諮問された「教団と教区の関係について」と「信徒の戒規における常置委員会の審判の効力について」の2つについても継続となった。
本委員会は、現在、主に諮問に対して答申を出すというあり方で職務を遂行している。しかし、教規44条に定められている本委員会の職務は実に広い。これを積極的に遂行しようとする場合、ステートメントや教憲・教規の基本的な理解を示す解釈集のようなものを提示していく必要があるのではないか、という意見が出された。
(小堀康彦報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan