インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4988・89号】人ひととき(4面)

2022年12月31日

音楽の力で人々を繋ぐ

坂部 宏子さん

 坂部宏子さんは北海道・帯広の出身。得意の音楽を生かし教会と地域とに奉仕する。
 父親は帯広で小学校教員として勤めていたが、オペラ歌手の夢を追い上京。教壇に立ちつつ週末にアマチュア歌手として活躍したが、戦時の栄養失調がたたり声が出なくなる。この父の無念さが坂部さんの音楽の原動力ともなった。
 坂部さんは戦後、高校生の時に地元のメノナイト教会で受洗。その後8人家族のうち5人が同じ教会や日本基督教団で信仰に導かれた。
 関西でキリスト教を学んだ後に全国の教会を巡り、40代で北海道に戻る。幼稚園の教諭、園長も15年間務めた。
 08年、夫婦・娘3人家族の健康のため「気候の温暖な」仙台平野に移住。10年に教団・名取教会に家族で転入会した矢先、東日本大震災に見舞われた。新たな地での信仰の友が津波の犠牲となり、教会は被災した。しかし坂部さんはここでめげない。仙台南部を中心に開始していた歌や趣味のサークルをさらに拡大、10以上のグループを展開する。幼児教育に長く携わったが、高齢者層にこそ学びのニーズがあると読んだ。地元紙の告知欄と口コミを活用し、これまで延べで数百人のメンバーをまとめてきた。
 名取教会のある地区は福島第一原発エリアを含む。避難を余儀なくされた伝道所が二つあり、住民が戻り始めた小高地区で19年秋より自由な歌のサークル「サフラン」を展開。仙台の集会は古参メンバーに託した。コロナ禍の中断の後22年春に再開。会場も地区交流センターから小高伝道所に移した。会堂は複数の地域住民グループの交流の場となっている。
 80歳の記念に賛美の映像投稿も開始。視聴者数は伸びている。音楽の力は信仰の伴侶として人々を繋ぐと信じる。

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2023
The United Church of Christ in Japan