インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4988・89号】▼WCC第11総会オンライン報告会 ▼(4面)

2022年12月31日

ユース枠代表議員、スチュワードから報告を聞く

 11月22日、日本基督教団主催でWCC(世界教会協議会)のオンライン報告会が行われた。WCC総会は今年の8月31日から9月8日にかけてドイツのカールスルーエで開催されている。
 西之園路子WCC代表議員はWCC成立の歴史や本総会全体の概略について報告、伊勢希ユース枠代表議員はプレユースでの世界のユースたちとの出会いとその出会いを通し与えられた気づきや恵みについて報告、スチュワードとして参加した内田幸四郎神学生(東京神学大学)は、WCCにおけるスチュワードの働きについて報告した。写真を多用しつつ、それぞれの異なる視点からの臨場感溢れる報告となった。
 WCCスチュワードは、世界中の諸教会から集った18〜30歳のユースで構成されている。彼らはプレ集会に先んじて現地入りし、WCC総会に向けての諸準備を行い、また一ユースとしてプレユース集会に参加。総会が始まると、受付や入口のセキュリティチェック、会場内の誘導、ヘッドホンセットや資料の配付、会場準備等の奉仕に当たる。スチュワードの多忙な働き無しにはこの総会は成り立たない。そしてこのスチュワードの中から将来の世界の教会を担う者たちが誕生する。現在のWCCのリーダーたちの中にもスチュワード経験者は少なくない。
 今回の総会で、日本に一枠与えられているユース枠に教団から代表を派遣できたこと、またスチュワードとして参加するユースが与えられたこと(内田神学生は自ら応募して、スチュワードに採用された)、そしてこのような報告会で二人のユースから報告を聞けたことは、教団にとってもとても喜ばしいことであった。
 WCC総会では青年たちも積極的に発言していた。WCC総会で中央委員に選出された150名の内、青年の占める割合は13%、女性は約4割。それでももっと青年や女性の数を増やして欲しいとの要望が出ていた。

(西之園路子報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2023
The United Church of Christ in Japan