インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4980・81号】人ひととき(6面)

2022年9月10日

終わりのない仕事

弘前西教会員
佐藤洋治さん

 佐藤洋治さんは1957年、青森県弘前市で生まれた。地元にある東奥義塾高校に在学中、すでにクリスチャンであった親友から紹介されて向かった先は、民家にしか見えない、できたばかりの小さな開拓教会、現在の弘前西教会であった。当時、高校での朝礼拝や聖書科の授業、教会での説教はよく分からなかったが、ただ一つ、分かったことがあった。それは「この人たちは本気だ」ということだった。
 やがてクリスチャンとなり、母校の英語教師になると、さらに研鑽を積むために渡米。デンバー大学で学んだ後に帰国し、聖愛中高に導かれ、現在まで仕えてきた。そして今、あらためて大切にしているのは、生徒一人ひとりのために祈ることだと言う。
 もちろん、それは英語教師としてではなく、主が教育現場に派遣してくださった一人の信仰者として、福音宣教の一端を担わせていただいているから。そこで主から与えられたのは、相談に来た生徒、問題を起こした生徒、そしてその親のために祈る日々であった。特に、ここ数年は、生徒たちや同僚たちの心と体の癒やしのために祈るよう示されている。不登校の生徒たちが次々と教室へ復帰し、同僚の帯状疱疹による痛みが癒やされるなどの出来事を通して生きて働く神の力を体験することができたと言う。
 定年を迎え、高校の英語教師としての働きは終わろうとしている。しかし、一人ひとりを主の御名によって祝福する仕事に終わりはない。「積み上げてきた経歴や称賛は主の十字架の前には何の意味もないが、赦された一人の罪人として、十字架と復活のイエス・キリストを伝えることは大きな喜びだ」。病によって視野が欠けつつある瞳を輝かせながら信仰を告白する姿は、まさに「本気」だった。

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan