インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4978・79号】2022年度❸教区総会報告(2面)

2022年8月6日

四国教区 
教団総会議員、選出しないことを承認

 四国教区第81回教区定期総会は、これを開会総会と再開総会の2回に分けて行った。
 教区規則によれば定期総会は4月中に行うよう定められているが、なお残る新型コロナウイルスの影響を考慮して、先ず4月中に取り扱う必要のある議案のみ書面で決裁し(開会総会)、その後休会、影響が減少すると見込まれる6月に参集して総会を再開し(再開総会)、残る議案を取り扱うこととした。再開総会は当初例年通り二日間に亘って行うこととしていたが、日程を1日に変更した。
 開会総会は5月6日を議決権行使書提出締切日にして行い、議員145名中議決権行使書提出119名により成立した。准允式執行に関する件と教区教会互助に関する件(2022年度互助予算)を取り扱い、承認して、総会は休会した。
 再開総会は高知教会を会場に議員参集により6月28日に行った。議員145名中98名の出席(開会時)により成立、教団総会議員選挙を実施して、各法定議案を取り扱った。また追悼式を執り行った。
 再開総会では、現在検討を進めている四国教区教会互助制度の変更について協議する時を持ち、変更案の方向性と内容を確認して意見の交換をした。これまで教区教師謝儀規定を基準として援助額を算出していたところ互助基準を新たに設けて算出するようにすること、また、会員数の減少により単独では互助の申請をするのが困難となる教会のために教会間協力により申請することができるようにすることが主な変更点である。
 再開総会は開催日1日だけのタイトな日程となったが、何より久しぶりに参集しての定期総会であり、再会を喜び合う声が会場に満ちて響いていたのが印象的であった。

 教団総会議員選挙結果
【教職】黒田若雄(高知)、寺島謙(松山城東)、松井曉郎(大洲)、大田健悟(鴨島兄弟)、上島一高(松山)、篠浦千史(さや)、筧牧人(伊予長浜)、岡本康夫(南国)
【信徒】長島恵子(鴨島兄弟)、脇萬里子(三島真光)、近藤康夫(新居浜西部)、菅田栄子(松山城北)、西村大吉(久万)、須賀香世(高知)、中村証二(善通寺)、大塚功(高知)

(松井曉郎報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan