【4956・57号】部落解放センター運営委員会 新運営委員長のもと初めての会合

本運営委員会にさきかげ、4月9日、第8回(臨時)部落解放センター運営委員会をオンラインで開催した。ここでは、斎藤成二運営委員長を主事代行に選出するにあたり、公平性の観点から主事との兼任を避けるため、新運営委員長に亀岡顕運営委員を選出した。新活動委員長には、活動委員会にて小西淳活動委員が選出されたことが報告された。

この体制のもと、第41総会期第9回部落解放センター運営委員会を6月25日、オンラインで開催した。運営委員16名の出席と8名の陪席。まず、各部門の活動報告をした。青年ゼミナールはオンライン開催となり、8月12〜24日にかけて連続講座を設け、最終日に全体協議を行う。また、運営委員会がオンライン開催となってから、各教区の報告時間が充分に確保できなかったことを反省し、今回は充分に時間を取って報告を聞いた。

協議事項では2020年度活動献金報告、2020年度経常・特別会計報告、2020年度経常・特別会計監査報告を上程し、いずれも質疑の後承認した。次に2021年度経常会計補正予算案を上程した。現在、作業補助者を置いてセンター歴史資料の整理を行っており、その謝礼の取り扱いについて、その内訳や支出項目の検討を行った後承認した。

カナダ合同教会からの指定献金について、先方に提出する使用計画を協議した。マイノリティー宣教センター・農村伝道神学校と共同で行っているAffirming Ministry Projectや部落解放センター建物のリノベーション等に用いることを決議した。特にセンター建物は老朽化が顕著で、実習生受け入れ時の宿泊場所確保も急務なので、具体的なアイデアを出すために、運営委員長のもと検討委員会を設置する。

加えて、主事代行を置いている実情を踏まえ、今後のセンター活動の展望と新主事選任について継続的に協議していくことを確認した。

(後藤 慧報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友