【4946・47号】世界宣教委員会 PCR検査にかかる諸費用を補助

第5回世界宣教委員会が、2月1日、オンライン形式で開催され、冒頭、コロナ禍でさまざまな影響を受けている教団派遣宣教師たちの現状が報告された。

「医療緊急語学申請」は医療費3件、緊急1件、語学研修1件を承認。また、現在は一時帰国等の折に陰性証明の提出等を求められることを鑑み、教団派遣宣教師に対し、「医療緊急語学申請」とは別に、新たに年度内上限5万円とする「PCR検査および陰性証明にかかる諸費用補助」を行うこととした。

2020年度エキュメニカル奨学金は、東京神学大学の韓国国籍学生へ送られる。

ナグネ宣教師(韓国/長老会神学大学校・セムナン教会)は2021年3月末をもって退任、佐々木良子宣教師(ドイ/ケルン・ボン日本語教会)は2025年3月末まで任期を延長する。

「教団機構改定」(案)について話し合い、「世界宣教」という言葉が消え、「対外部」という名称が用いられることに対し、反対の意を表明することとした。「対外部」では、これまで海外の諸教会との関わりの中で世界宣教委員会が、また「世界宣教」という名の下で教団が担ってきた働きやその歴史を表すことはできない。日本基督教団はWCC(世界教会協議会)の正式なメンバー教会(日本には計4教会)として日本の教会を代表する声を有している。国内外の超教派の関わりも担うというのであれば、Global and Ec-umenical Ministriesということを目指しているのかと思われるが、「対外部」では何を目指しているのかわからない。また東日本大震災を経験してなお任期を延長し日本に留まった宣教師や、コロナ禍で日本以上に厳しい環境下、福音宣教のために現地に留まっている宣教師たちの働きや思いを「対外部」という言葉ではとても受け止めきれない。(西之園路子報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友