インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4946・47号】宣教委員会「コロナ禍における宣教の情報交換会」を開催

2021年3月27日

2月4日、第5回宣教委員会がリモート会議によって開催された。

まず、各委員会の報告を受けた。伝道委員会から「開拓伝道援助金」の原資が先細りの状況にあり、原資となる「創立記念日献金」の呼びかけが緊急課題であることの報告があった。社会委員会からは、コロナ禍において、生活支援をしている団体への支援(原資は教団の救援対策基金)についての説明があった。一件につき10万円相当を支援すべく各教区に問い合わせ中で、今年度中に執行したい、とのことであった。

牧会者とその家族ための相談室委員会からは、電話相談のほか、現在は暫定的にメールでの相談も受けている、との報告があった。

協議事項として、10月教団総会までの活動を以下のように協議し決定した。①6月29日に、各教区におけるコロナ禍の取り組みを共有する協議会を開催する。開催の詳細は教務会において検討・企画する。②10月4〜5日に「障がい」を考える全国交流会を戸山サンライズで開催する(実施については4月の状況で判断)。その後、宣教委員会を開催する。

また、陪席の秋山徹総幹事から「教団機構改定」について(特に伝道局構想について)、本委員会として協議して欲しいとの要望がでたので、意見交換をした。その記録を委員長が教団議長に提出する。

また、その後2月26日に行った教務会で、協議会についての詳細を協議した結果、「コロナ禍における宣教の情報交換会」と称して6月29日の13時からリモートで開催、2名による発題(発題者は交渉中)、その後、各教区の情報交換をすることとした。情報交換に関しては事前にアンケート調査もすることとした。参加・アンケート共に各教区のご協力をお願いしたい。(田中かおる報)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan