インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4938・39号】《会堂共済組合》 被災に大いに寄り添う

2020年11月28日

2019年は台風が9月から10月にかけて連続して同じ地域を襲い、さらに後追いするかのような豪雨で、被害が大きくなった。会堂共済組合では、すべての支払いを2020年8月18日をもって完了した。支払い実績は左記の通り。

ある教会では今回の台風での被害を機に、会堂・牧師館の建て直しを決定。建物が取り壊されることになったが、建築業者に原状復帰の見積りを取るようにと会堂共済組合から教会に勧めをした。届いた見積金額を精査して保険金を支払った。教会では新築費用の46%が教会積立金、19%が教会債発行で、残りの35%が全国献金・支区借入金・他教会借入金。その中にあって、会堂共済組合からの保険金は3%相当になり、教会からは大いに感謝された。

まだ加入されていないところはぜひ問い合わせてもらいたい。現在の保険料との比較を勧めます。教会・学校の財政の役に立ちたいと願っている。(辻井秀雄報/会堂共済組合常務理事)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan