【4932・33号】北海教区 平和に関わる特別決議可決

新型コロナウイルス感染症の影響により、第80回北海教区定期総会を議決権行使書を用いて開催した。

5月20日を開始日とし、6月17日の臨時常置委員会をもって閉会した。これは苦渋の決断であったが、教規に定めのない「議決権行使書」による開催について批判を招き、これを総会と認めるか否かについて厳しい意見を受けたことも付しておきたい。

補教師准允に関する件において1名の准允候補者が承認され、7月4日に別途准允式を行った。

2020年度歳入歳出予算案(付:負担金配分)は、賛成多数で可決したものの、コロナ禍により教会の献金収入激減が危惧されることから、負担金減額等の措置を求める声が上がった。

また、議長総括では、教区財政逼迫による改革の必要性が記され、教区財政検討小委員会の設置が報告された。

常置委員選挙は行わず、教規第3条2項を準用して全ての常置委員の任期を1年延長した。また、第42回日本基督教団総会議員選挙も行わず、教規第3条2項の定により第41回教団総会議員の任期を延長した。加えて、定数2名増員(教職1名、信徒1名)にともない、前回の選挙の次点者をそれぞれ繰り上げた。

【教職】清水和恵(新発寒)

【信徒】葎嶋恵美子(旭川六条)

その他、4つの平和に関わる特別決議(天皇制関連、辺野古の新基地建設関連、核・原発関連、韓国元「徴用工」への歴史責任)、アイヌ民族の権利を回復する運動の推進決議、西東京教区との第8期宣教協約が可決された。(齋藤 開報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友