【4916号】♦エキュメニカルプロジェクト♦ 違いから学び、一つになって礼拝

 「えきゅぷろ」をご存知だろうか。正式名はエキュメニカルプロジェクト。超教派の青年たちによる集いである。ある時カトリック教会の青年たちが「自分の教会しか知らないので他教派の青年たちと交わりを持ちたい」と願ったことから始まった。

 毎回有志の青年たちが実行委員会を組織し、実にきめ細やかな準備を重ねている。実行委員会代表は仙台北教会会員で大学生の三浦洋人さんである。

 三浦さんによると、カトリック教会でプロテスタントについての勉強会が始まると集った青年間で交流が生まれ、宗教改革500周年に向け教派を超えて一緒に何かしようとの機運が高まり2017年に最初の集まりがスタートした。初回は約150名の青年が参加。フェイスブックのページには開始当初の熱い思いが記されている。「クリスチャン人口1%弱のこの国で、『イエス・キリストのもとに一致しよう!』と集まった複数の教派(現時点ではカトリック教会、日本福音ルーテル教会、日本基督教団)の青年からなる団体です。さまざまな交流の機会を皆さんと一緒に『実行』していきたいです!れっつ・ごー・えきゅめにかる!」

 10月19日正午より日本福音ルーテル東京教会を会場に第3回エキュプロが開催された。主題は「祈りってなんだ」。

 開会礼拝では関野和寛牧師が主の祈りについて説教、式次第には四つの主の祈りのパターンが示された。その後、ゲームで汗を流し、小グループに分かれて自らの祈りの生活を振り返り、分かち合った。その後、共に聖餐に与れる日が来ることを願いつつ、一致のために黙想する時を持った。合同礼拝ではサレジオ修道会の佐藤直樹神父が司式し、筆者が説教を担当した。参加者は100名を超えた。

 「教派」はどちらかといえば否定的に捉えられているところがあるが、ここではそうではない。無教会、ホーリネス教団の青年も参加している。互いの違いから学びつつ一つになって礼拝する姿に日本の教会の希望を見た。(増田将平報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友