インスタグラムアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4719号】教区コラム 西南支区

2011年3月19日

 

独立的な姿勢が強い中での協力

佐野 英二

 

西南支区は、渋谷区、港区(一部南支区)、世田谷区(一部南支区)の3区、44の活動教会から成り立っております。その内の10教会は幼稚園を併設しています。また支区内には、キリスト教主義の学校が、大学を含め3校あり、社会施設は4施設あります。

次に東京教区における各支区の現住陪餐会員数を%で見てみます。(支区名...2003年度・5年後の2008年度の順です)

西南...27%・27%、東...18%・18%、南...16%・15%、北...22%・22%、千葉...17%・18%。数的には殆ど変化はありませんが5年後の2013年の統計が注目されます。

西南支区の諸教会は、独立独行的な姿勢が強いと言えます。その中で"協力"し合うことに着眼して、一昨年「西南支区教会フェスティバル-とにかく集ろう!-」を開催しました。また南支区とは港区と世田谷区で共有区になっていることもあり、両支区の交流を深め宣教課題を共に担うことが出来るように、4年前から年に1回ですが、合同教師会を開催して来ました。

今年度は南支区が主催で、去る118日(月)午後2時~4時まで、会場は日本基督教団・高輪教会。主題・「二一世紀におけるわたしたちの教会形成-ヨハネ福音書から学ぶ-」。講師...大森めぐみ教会 土戸清牧師」。W・マルクセン『福音書記者マルコ-編集史的考察-』の書証...超一級の聖書解釈を提供する名著に触れる喜び...を共に分ち合いました。

(東京教区西南支区長)

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan