【4719号】荒野の声

 

▼誰もが一度や二度は「さかだち」をした経験を持っていると思う。控えめに言っても、多くの人が何度も挑戦し、そして退けられている。その動機は、大抵健康問題にある。医者に勧められてという場合が殆どかも知れない。理屈では分かっていても、なかなか実行できない。体調不良の自覚があって、初めて、真剣に取り組むことになる。▼さて、覚悟を決めて、エイヤっとかけ声をかけても、最初からうまくはいかない。無理をしないで、少しずつ、少しずつだ。三日坊主に終わらないこと、継続することが、肝要だ。一ヶ月二ヶ月と続けられたら、次第に確かな効果が現れる。▼しかし、効果が出た時が、大きな危機だ。とりあえずの目標を達成する、体重が減る、体調が良いとなると、最初の必死な思いが、萎えてしまう。そして、目標を喪失し、気が付いたら元の木阿弥ということさえ。リバウンドだ。▼その時に、何かしら新しい動機付けがあったら、非常に効果的だ。例えば、チャリティーマラソンのような考え方だ。達成した数字に見合う金額を、災害被災者に献金するとか。誰かを応援することで、自分の応援団を作るのだ。▼ところで、逆立ちと酒断ちは、同音異義語だ。酒断ちも本来は断酒ではなく、何かしらの祈願のために行うものだった。

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友