【4717号】恵まれます、この一言が

 

越谷教会役員会で「教団議長」ということで協議会を開いた。「教会や付属幼稚園に牧師・園長の不在が多くなるのでは」と不安や反対の意見を述べる役員もいた。当然なことだ。この反対の思いを抱く役員の心を和らげたのは、「恵まれます」という一言だった。

教団総会の次の週に国分寺教会から祈祷会出席者の寄せ書きが届いた。同教会の望月麻生牧師は、かつて、静岡英和女学院時代の中学一年修養会で出会った。現在も同修養会の講師に呼ばれ続けているが、その生徒だった。

クリスマスには母教会(大宮教会)から疋田國磨呂牧師を始め76名の寄せ書きのクリスマス・カードが届いた。

14日には東京の朝祷会で、「教団議長のために、越谷教会のために」祈ってくださるということで出かけて行った。

「恵まれますよ」の一言が、何であるかを実感させられている。

1月の役員会では「越谷教会の牧会伝道をどうするか、伝道・牧会部委員会と共に考えよう」との熱い発言があり、9月の役員研修会を年度始めに、役員会と伝道・牧会部委員会合同の研修会を開くことを決めた。越谷教会のために、全国から熱い祈りを捧げてくださっていることに、感動している。伝道に熱くなる教会は、祈りが熱く捧げられる教会だ。

先の常議員会で「常議員会で祈祷会を」をとの発言があった。今、常議員で共に祈る時を持ちたいと考えている。

(教団議長 石橋秀雄)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友