【4717号】人ひととき 峯田 敏幸さん

 

キリストの香りをイラストにのせて

職業はイラストレーター。一般のイラスト、デザインを手がける他、教師の友のイラスト、聖書を題材とした絵本のイラスト、聖句カード、伝道集会のチラシなど、聖書の世界をイラストで表現している。幼いころから漫画が大好きで、小学4年生頃から、兄と二人三脚で本格的に漫画を描き始める。もちろん将来の夢は漫画家だった。

時は過ぎ、漫画家になるという夢を脇に置き、大学でフランス語を学んだ。教会に初めて足を運んだのは大学卒業直前。進路に悩む中で、自分の生活を支える中心的なものを求める思いから、教会の門をくぐった。自らの中途半端な性格を良く分かっていた故、洗礼を受ける前提がなければ教会生活を長続きさせることは不可能だとの思いが強くあり、結果、2ヵ月後に洗礼を受けることになる。

教会には言葉が満ち溢れていた。言語を学んだ経験を持つ自分にとって、神の言葉を聴く教会は、うってつけの世界であった。しかし、聴覚的要素溢れる教会に、視覚的要素が足らないことに物足りなさを感じることもあった。

教会学校の奉仕を始め、その思いはますます強くなる。子どもたちへの伝道には、視覚的要素が不可欠である。自分にできることがあるのではないか。そして、自然にペンを走らせた。レンブラント、ダヴィンチなど、いわゆるキリスト教絵画にはない親近感が、イラストにはあると考えている。

イラストは、余ったスペースを埋めるためのものではないと言う。聖書をイラストで表現するときに一番気をつけているのは、神の言葉を正しく表現すること。聖書を繰り返し読み、繰り返し祈る中で、聖書の世界が表現されていく。

目指すのは、信仰告白的イラストであり、伝道的イラストである。これからも、イラストを通して、正しくキリストの香りを放っていくものでありたいと願っている。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友