【4901・02号】東北教区被災者支援センター・エマオ活動終了 多くの支援者を得て活動

 8年間支援してもらった東北教区被災者支援センター・エマオは、19年3月末ですべての活動を終えた。

 東北教区では、3月23日に被災者支援センター委員会主催で「被災者支援センター・エマオの8年を感謝する会」を開催した。第一部礼拝、第二部感謝会で、教区内諸教会をはじめ県外の各地から元スタッフ、ワーカー、食事ボランティア、初期の立ち上げにかかわった方たち、笹屋敷の前町内会長など60名の参加があった。懐かしい出会いがあり、都合で参加できない方にはビデオレターを送ってもらい、いろいろな方のエマオへの思いを聞くことができた。

 効率を求める現代において、エマオは「より添い」を大切にする「スローワーク」を合言葉にして歩んできた。「エマオさんが手伝ってくれたから畑を続ける気になった」、「津波は辛いことだけれど、これがきっかけでみんなと会えたのは嬉しい」、「これからも忘れないでほしい」と被災地の方たちは言う。

 エマオを通して出来たつながりは、これからも続く。エマオを通して嬉しい出会いがあった一方で、痛みを持った方もいる。それらすべてを主が受け止めて下さるように。エマオを覚えて祈り、支えて下さった方たちに感謝する。 (小川幸子報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友