インスタグラムアイコンツイッターアイコンyoutubeアイコンメールアイコン
日本基督教団 The United Church of Christ in Japan

【4706号】荒野の声

2010年9月11日

 

▼ケン・フォレットの『大聖堂...果てしなき世界』を読み終えた。読み終えたと言うと、随分大袈裟な表現に聞こえるかも知れない。神学書や哲学書ではなく、通俗的な小説に過ぎないのに。しかし、前作『大聖堂』と併せれば、文庫本6冊で3810頁、しかも、前作との間に10年の間がある。読み終えたが実感だ。▼前後両作品が舞台にするのは、11231174年、そして13271361年、大聖堂建設を背景に、修道院とその門前町を主な舞台として、多くの登場人物が描き出される。一方で、ケン・フォレットらしくテンポ早い物語の展開、息つく間もなく読んでしまったとも言える。▼日本伝道150年の記念行事を持ったくらいだから当然だが、創立100年を超える教会が多くなった。今年創立100年を迎えるのは、1910年・明治43年に立てられた教会、戦後1945年に立てられた教会も今年65歳になる。戦後の教会もぞくぞくと還暦まもなく古希を迎える計算だ。還暦・古希・後期高齢者、そんな雰囲気もある。会堂の老朽化、会員の高齢化に悩む教会も少なくない。▼しかし、『大聖堂』の物差しで測れば、未だ未だほんの幼児期だ。そもそも、大聖堂ともなれば、100200年、何世代もの大工によって建てられるのが当たり前だ。未だ未だこれから。

 

教団新報
PageTOP
日本基督教団 
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-31
Copyright (c) 2007-2022
The United Church of Christ in Japan