【4699号】委員辞任に伴い、亀岡氏、勇氏補充 第7回教師委員会

 

47日、教団会議室にて、36総会期第7回教師委員会を開催した。

議事に先立ち松井睦委員長より、前回委員会をもって委員を辞任した2名の補充として、亀岡顕氏(本郷中央教会牧師)と勇文人氏(若草教会牧師)が紹介された。

前回議事録承認後、委員長および事務局からの報告を受け、主に審判委員会より当委員会に提出を求められている資料(北村慈郎教師への戒規適用申立書および関係資料、同申立の受理を決定した委員会議事録、調査員会報告書、戒規適用を決定した委員会議事録等)の内容について確認し、審判委員会に送付することとした。

続いて、当委員会に寄せられた5件の戒規適用の申立について、各申立書および関係資料により慎重に審議し、その結果5件とも戒規の適用が相当であると判断することができないため、不受理とした。なお、それぞれに不受理とした理由と、申立事案によっては各関係機関およびその代表者に申し出ることが適当であるといった意見等を付して、各申立者に通知することとした。

次に、本年62123日に、伊豆の天城山荘にて開催予定の新任教師オリエンテーションについて協議した。主題は「教団の教師として宣教を共に担う」を継続すること、プログラムも、山北宣久教団総会議長による講演をはじめ、教団の各執行機関の取り組みを紹介する時間をもつなど、これまでの内容を踏襲することとした。なお、2日目午後には深井智朗氏(滝野川教会牧師、聖学院大学教授)を招き、「グローバル化とこれからの教会」と題して講演をしていただくこと、また、最終日には前年度同様に小島誠志氏(松山番町教会牧師)を招いて牧会講話をしていただくこととした。

本オリエンテーションに参加する教師が、それぞれ主の召しに応える思いを強くすると共に、教団の教師として立てられていることの意義を確認し、さらに教師相互の交わりを深める機会となることを願っている。

以上のほか、無任所教師等の働きに関する課題の共有と検討については、次回以降の委員会に継続することとした。

(雲然俊美報)

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友