【4697・98号】教区総会を前にして 各教区の課題を覚えて祈る

 

北海教区

①《総会主題》20044月に策定され10年間取り組むこととしている第3次長期宣教計画にあげられている標語「平和を生きる神の民」のもとに建てられている宣教方針。

1.教会が新しくされるために-革新。

2.御業を共に担うために-連帯。

3.平和を実現するために-平和。

②《最重要議案》昨年度の総会において審議され継続となっている「パワーハラスメントの防止と問題解決に関するガイドライン制定に関する件」

③《祈りに覚えてほしいこと》教区内教会相互に連帯をしつつ、小規模教会を支え守る教区財政基盤の確保が出来るようになること。

(副議長 笠田弘樹)

 

奥羽教区

①《総会主題》教区主題「さあ、共に生きよう」宣教計画重点目標

*教会は神の栄光をほめたたえるために「さあ、共に生きよう」と互いに呼びかけ、礼拝を献げ、新しい讃美と告白を生み出し、希望のメッセージを語ろう。

*教会が直面する困難や困窮の中にあっても落胆することなく、聖霊の力ある働きによって時を得ても得なくても、常に絶えず、御言葉を宣べ伝えよう。希望をもって「さあ、共に生きよう」と励ましあい、伝道に励もう。

*キリストの証人として「さあ、共に生きよう」と呼びかけあい、主が重荷を負うものと共にあったように、主に従って世に仕える教会を志す。以下省略

(議長 邑原宗男)

 

東北教区

①《総会主題》1973年以来、一貫して東北教区は「共に働く教会」を宣教基本方針としている。

②《最重要議案》「これまで教区規則に位置づけられていた東北教区センターを廃止し、新たに教区の各教会を基本構成員とする(新)東北教区センターを設立する件」。2001年に開館した教区センターに財政、組織(規則)、建築の3点から検討を重ね、教会のセンターとしての位置づけを明確にする。

③《祈りに覚えてほしいこと》地方崩壊の嵐の中で、伝道の実りである過疎地域にある地域教会の存続と再建。

(議長 高橋和人)

 

関東教区

①《総会主題》関東教区総会の第60回を記念して、「関東教区・日本基督教団罪責告白」案に基づいた礼拝式文で開会礼拝をし、その成立を目指す。

②《最重要議案》教区が「沖縄キリスト教団との合同の実質化」の課題を担い、合同の裂け目の克服を願って10年間かけて検討した「関東教区・日本基督教団罪責告白」に関する件。「教団年金」に関する件。「部落解放センターキャラバン」に関する件。

③《祈りに覚えてほしいこと》新潟県中越地震・中越沖地震の復興において現わすことのできた連帯の力を、福音伝道の推進と教会互助へと転換できるようにお祈りください。

(議長 疋田國磨呂)

 

東京教区

①《総会主題》…ありません。

②《最重要議案》…全ての議案。

③《祈りに覚えてほしいこと》…現在日本基督教団隠退教職ホーム「にじのいえ信愛荘」の合併事業の推進がなされています。このため総額2億円のうち5千万円の募金をしていますので、全国の教会の協力を願っています。

(議長 長崎哲夫)

 

西東京教区

①《総会主題》(主題はないが)教区宣教の三本柱「伝道・連帯・奉仕」。

②《最重要議案》

*「教区開拓伝道推進に関する件」20089月から続けている立川での夕礼拝をさらに充実させ、伝道所開設に向けて次なる段階に踏み出す。

*「教区特別会計規則制定に関する件」上記開拓伝道のための特別会計を設け将来の建物取得に向けた積み立てを本格的に開始する。

③《祈りに覚えてほしいこと》教区開拓伝道において伝道の喜びを共有することによって、教区全体の宣教力向上と信仰の一致を目指す。またこの業が進学就職などで他教区から送り出されてくる信徒(特に青年)の受け皿となれるように。

(議長 大村栄)

 

神奈川教区

①《総会主題》従来より神奈川教区は特に主題を挙げていません。年に2回開催するうちの2月の総会では新年度の教区の活動計画案、予算案などを審議しています。また6月の総会では主に旧年度の各報告承認などを行っています。

②《最重要議案》今年度の6月総会では准允、按手の執行、また教団総会議員の選出などです。

③《祈りに覚えてほしいこと》当教区内教師、教会から起こった未受洗者配餐問題に関する対応や結論が神の御心にかなったものになることです。また教勢低下からの脱却です。どこの教区、教会も同じだと思いますが。 (議長 岩﨑隆)

 

東海教区

①《総会主題》東海教区は教区総会に、特に主題を掲げていません。

②《最重要議案》主な議案は、按手礼、准允式執行、伝道所の第二種教会設立、前回決めた互助新案の施行を1年先に送り2012年度からとすること。

③《祈りに覚えてほしいこと》祈りに覚えていただきたいことは、2012年に向けて教区の互助を補えるよう分区で教会相互顔の見える協力伝道を展開できる形作りです。信仰告白、教憲、教規を基に同質の福音によるユニークな伝道が展開されますように祈って下さい。 (議長 小出望)

 

中部教区

①《総会主題》特に主題は設定していないが、21年ぶりに北陸で教区総会が行われる。

②《最重要議案》「開拓伝道献金」の継続に関する件、及び、「再建伝道費」の継続に関する件

③《祈りに覚えてほしいこと》能登半島地震被災教会再建(特に、七尾教会・羽咋教会新会堂建築)を覚えて祈ってほしい。教区の諸教会・伝道所の一致の基礎として教団信仰告白、教憲・教規が尊重されること。

(書記 横山良樹)

 

京都教区

京都教区は総会の主題を掲げることはしていませんが、課題の一つとして取り組んでいるのは教区改革をめぐっての検討です。各個教会の自主性を大切にし合いながら宣教連帯を深めて行くために機構、財政、宣教方針について協議を重ねています。教区総会でも協議会を行います。もう一つは教団との関わりです。聖餐のあり方を巡って教師委員会が教師への「免職処分」通告を行ったことへの対応について、総会で協議し、教区の姿勢を確認して行きます。京都教区は「合同教会」としてのありようについて考え合うことを丁寧に積み重ねて行きます。

(議長 望月修治)

 

大阪教区

①《総会主題》「大阪教区の主にある一致と前進のために」

②《最重要議案》「3号議案」に関する件。 「教師互助規定」変更に関する件。「韓国基督教長老会老会との交流を進めるための特別委員会」を設置する件。

③《祈りに覚えてほしいこと》教区総会が、『「3号議案」の精神』に堅く立ち、異なる意見にも耳を傾け、主にあって和解と一致を目指す会議となるように、教師互助の充実のために、韓国基督教長老会老会との交流を主の導きのうちに始めることができるように、お祈りください。

(議長 向井希夫)

 

兵庫教区

①《総会主題》主題はとりたてて設定しませんが、あえて申せば、教区内及び他教区との連帯・互助といえます。

なお基調講演の講師には、近時に地区再編を実施・体験された東北教区から講師をお招きします。

②《最重要議案》本原稿〆切日時点では未だ全議案が揃わないのですが「2010年度兵庫教区経常会計予算案に関する件」は、どの議案・次期活動にも何らかのかたちで関係する意味では最重要議案と申せます。

③《祈りに覚えてほしいこと》当教区は、来たる総会が改選期です。

(議長 林邦夫)

 

東中国教区

①《総会主題》「教会をひらこう」

②《最重要議案》

*三役体制に関する件。

*教会強化特別資金運用規定変更に関する件。

*その他。

③《祈りに覚えてほしいこと》「プロジェクトチームの活動について」第58回総会(20095月開催)において、議案第11号「常置委員会の下に『中期宣教計画』を立案する『プロジェクトチーム』を設置する件」が圧倒的多数をもって可決されました。このことの中に、現在の東中国教区(48教会・伝道所)のおかれている苦境の現状が現れています。「教会を何とかしたい。何とかせねば」という不安と期待が込められています。度重なる委員会が開催され、暗中模索の中、本総会においてプロジェクトチームより中間報告がなされます。本教区総会の主題はこの様な状況下、討議と祈りの中で示されたテーマです。(議長 宮﨑達雄)

 

西中国教区

①《総会主題》特に主題を設けておりません。

②《最重要議案》いずれも重要ととらえるべきものと考え、法定議案以外のものを以下に挙げます。

*北村慈郎教師に対する「免職」処分の撤回を求める件。

*日本基督教団と沖縄キリスト教団との合同のとらえなおしと実質化を推進する件。

*上関原発の建設に強く反対し、原発推進政策を再検討するよう要望する件。

*災害対策特別会計設置に関する件。

*教区事務所の移転設置に伴う必要資金を、引き続き「教区運営資金」会計から支出する件。

他に米軍再編、在日米軍岩国基地関連議案が予定されている。

③《祈りに覚えてほしいこと》教区内70の教会・伝道所が様々な違いを抱えつつも、連帯・協力して歩むことができるように。

(議長 柴田もゆる)

 

四国教区

①《総会主題》四国教区は教区総会で主題を掲げることはしませんが、教区内諸教会および伝道所が、それぞれ神に委託された使命を自覚しつつ、協力し合って歩むことを目指しています。

②《最重要議案》すべてが最重要議案ですが、中でも教団総会議員選挙が大事だと考えています。

③《祈りに覚えてほしいこと》無牧だった3つの教会に教師が赴任されましたが、新たに無牧になる教会が6つ増えました。専住者なき教会数が16と全体のほぼ2割になりました。個教会の教勢や財力など体力の低下も顕著になりました。四国教区として互助制度を軸に協力関係の中で、精一杯のことを考え、試みていることを祈りに覚えていただきたい。

(議長 黒田道郎)

 

九州教区

①《総会主題》毎年特に定めていません。

②《最重要議案》2011年度の機構改正に備え、その方向性を確認する議案。各個教会の教区負担金縮減のため、財政のスリム化、組織の合理化を目指します。教区の諸活動の質を保ちつつこれを行うのが課題です。

③《祈りに覚えてほしいこと》各個教会においても教区においても財政状況は困難さを増しており、教区間また教区内の連帯強化を願っています。しかしその願いに反して、様々な意見や立場の違いを理由に連帯を損ねるような対立が教区内においても顕在化しています。違いを超えた連帯と互助の充実のためにお祈りください。

(議長 深澤奨)

 

沖縄教区

沖縄教区からは、

教団との関係上、回答をいただけませんでした。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友