【4890・91号】人ひととき 石田真一郎さん 教団の伝道・教育を担当

 石田真一郎さんは、東京生まれ、東京育ち。これまでの赴任教会も東京だが、父は長崎生まれ、母は広島育ちで、共に被爆はしなかったが、石田さんは、小さい時から原爆の話を聞かされて育った。

 石田さんが8月2日生まれだったこともあり、母親の話は、石田さんの心に強く残って、石田さんの歩みを決定づけることになる。

 70年代、父親の仕事で小学6年生までの4年間をロサンゼルス近郊で過ごした。

 2年生だった74年は、米国が介入したベトナム戦争が好転せず、翌年の北ベトナム爆撃に踏み切った時期で、米国は、騒然とした状況が続いていたが、身の回りは平和だった。

 石田さんは、国際キリスト教大学(ICU)高校の時、初めて聖書を読み、筑波大学3年から教会に通うようになり、翌年、受洗した。

 4年生の石田さんは、会社訪問を続ける一方で東京神学大学も受験し、共に合格したが、いずれも辞退し、筑波大大学院に進んだ。

 どの道を歩むのか。この時点では、まだ決め切れなかったという。力強く人生の歩みを語ってくれた石田さんが、このときだけ、弱さを見せてくれた。

 修士論文で「日本キリスト教史」をテーマに書き上げ、92年、再び東神大を受験した石田さんに、もう迷いはなかった。

 ノンクリスチャンだった父は、ただ一言、「食べて行けるのか」と尋ねたそうだ。

 石田さんは、一昨年、教団事務局入りし、教団4人の幹事の一人として、伝道委員会・伝道推進室、教育委員会を担当している。

 インタビューの最後に、「52歳となった私の人生は、イエス・キリストの平和の福音を、告げ知らせることにある」と、力強く語った。

1966年、東京都生まれ。東久留米教会(西東京教区)牧師。2016年より教団幹事。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友