【4689号】伝道150年記念諸集会、盛会の内に一段落

 

広い会堂も400人の会衆でぎっしり

 

プロテスタント日本伝道150年記念、能登半島地震被災教会堂再建のためのチャリティーコンサートが、アドベント前夜、1128日午後5時から銀座教会で開催された。

ヘンデル作曲「メサイア」を上演、ソリストに五十嵐郁子(ソプラノ)、佐々木まり子(アルト)、川瀬幹比虎(テノール)、清水宏樹(バス)の声楽家を迎え、合唱は銀座教会聖歌隊、弦楽合奏はメサイア・アンサンブル、オルガン筒井淳子、草間美也子(銀座教会音楽主任)が指揮した。

開場前から教会前に長い列が出来て、開場と同時に会堂は400人の会衆で埋め尽くされた。メサイア全曲53曲中37曲を演奏する本格的なもので、合唱を受け持った聖歌隊は、この日のために主日ごとの訓練、合宿などの特別訓練を積み重ねて来た。総勢33人、一部に賛助出演もあったが、日頃の訓練を忍ばせる整った素晴らしい出来だった。

プロの声楽家の圧倒的な歌声と相まって、聞き慣れた広いホールでのメサイアと違う心に響く力。何よりも、オラトリオは教会堂で歌わるべきものとの思いを強くした。

テノールで賛助出演した長山信夫牧師は、閉幕の挨拶で、「073月に発生した能登半島地震で被災した教会会堂再建のため、教団は支援募金を呼びかけているが、15千万円の目標に対し、あと2千数百万円にまでたどり着いた。能登伝道の灯を消さぬため、一層のご支援をお願いします」と訴えた。

(永井清陽報)

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友