【4885号】▼教育委員会▲ 18年度クリスマス献金先を決定

 第5回教育委員会が、6月11~12日、教団会議室で開催された。

 報告事項として、今年度はキリスト教教育主事の受験者がいなかったこと、教会学校応援セットを応募のあった4教会に送付したことなどが報告された。また、18年度のクリスマス献金先として、アハリー・アラブ病院(パレスチナ・ガザ)、NPO法人灯台(アフガン難民救援協力会)、東北教区放射能支援対策室いずみ、以上3ヶ所が決定された。

 また、去る3月20~21日に開催された「リフォユース500青年大会」の報告がなされた。雪に見舞われたものの、前夜祭・当日合わせて延べ1700人以上の参加があった。他教派からの応援も受けての盛大な会になった。東京から遠い地域からの参加者への補助、資金、場所等、課題は多いが、次につなげていくための準備はしていくことを確認した。

 ここ数回、毎回時間を多くとっているのが、教団における青年担当部門設置に向けての議論である。早急の課題でありつつ教団の機構改定の動きと歩みを合わせる慎重さも求められている。学生キリスト教友愛会(SCF)と意見交換・連携を深めていくこと、教区や地区などでなされている青年への働きを単なる点ではなく線になるようつなげていくことが必要である。

 9月3~4日に開催される第8回教区青年担当者会は重要な接点となるだろう。スケジュールを工夫し、なるべく多くの情報交換や話し合いができるようにしていきたい。今回は講師に岡村直樹氏(東京基督教大学大学院教授)を招き、「ユースミニストリーの実践とリーダー養成」と題して公開で講演してもらう予定である(左囲参照)。多様な意見が交わされ、教団がより良く青年への働きかけをするため前進できる会を目指している。(望月麻生報)

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友