【4885号】人ひととき ロナルド・ジュリアンさん 海の羊飼いとして

 横浜に「海員宣教」という、日本基督教団で唯一の活動があります。その担い手が合同メソジスト教会(アメリカ)から派遣されたフィリピン人宣教師ロナルド・ジュリアンさんです。東京・練馬の自宅から車で通い、港に着く船の乗組員を訪ねる毎日。

 実は、日本の輸出入を下支えしている船員の多くがフィリピン人。祖国を遠く離れ、このインターネット・SNS時代にも家族との連絡がつきにくいまま、何カ月もかけて港にたどり着きます。

 その間に体調を崩したり、精神的に追い詰められる人もいますが、なかなか言い出せません。船が厳しい階級社会であることもありますが、IT時代の港湾作業は高度に合理化され、船の滞在時間が驚くほど短縮されているため、不調を訴えにくいのです。

 ジュリアンさんは、そんな船乗りたちに寄り添い、買い物から、家族への連絡や送金の手伝い、病院への送り迎えまで何でもします。行き詰った船員を職場放棄寸前で思い止まらせたり、自死した船員の葬儀に立ち会ったこともあります。

 妻のデボラさんも、現在NCCで難民・移動労働者の人権問題に関わる宣教師です。来日して15年。最初の10年は、デボラさんの宣教活動をロナルドさんが配偶者として支え、二人の息子の成長を見守ってきた元祖育メン。

 ところが、5年前のこと。神奈川教区が求めている海員宣教の宣教師にぜひ、と熱心に勧めてくれた人がいました。そして祈りのうちに、これに応じる思いが固まりました。本人いわく、「神様からつまみあげられて、ポンと置かれた」ように、横浜の港で自らの使命(mission)を見つけたジュリアンさんは、海をわたってきた寄留者に寄り添い、心身をすり減らす羊はいないかと探し出す、いわば「海の羊飼い」として、今日も船を訪ね歩いています。

1967年フィリピン生まれ。母国で建築士・Webデザイナーなどを経て、2013年10月より現職。

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友