【4683号】出版局ニュース

★キリスト教音楽講習会

825日(火)~28日(金)、第81回キリスト教音楽講習会が開催されました。東洋英和女学院六本木キャンパス(主会場)、青山学院女子短期大学、聖ヶ丘教会、霊南坂教会(パイプ・リード)の各会場のご協力のもと、約100名の受講生が学びの時をもちました。

2009年はカルヴァン生誕500年を記念し、「全地よ、主に歌えよ」(詩編96編より)の主題でプログラムが進められました。

実技はオルガン(パイプ・電子・リード)・声楽・聖歌隊・会衆賛美に分かれ、ジュネーヴ詩編歌を中心に、それぞれ演奏技術と礼拝奉仕者としての心を学びました。その他、8クラスに分かれたゼミ、全体合唱でも熱心な指導に導かれ、与那城初穂チャプレン(流山教会牧師)による「夕の祈り」で一日が閉じられました。

公開講座として行われた講演「カルヴァンの生涯を追う」(出村彰東北学院大学名誉教授)、2回にわたる「詩編歌とカルヴァンの礼拝」では、「礼拝者」としてのカルヴァン像に迫り、詩編歌や当時の礼拝について学びを深めました。

閉会礼拝は音楽礼拝として捧げられ、感謝のうちに四日間の学びを終えることができました。

★教会会計ソフト開発中

多くの教会で、会計や教会員名簿などをパソコンで管理されていると思います。しかし、既存の一般会計ソフトでは使い勝手や価格の面で満足できるものがなく、教会ごとに様々な工夫をしているのが現状ではないでしょうか。

そこで教団出版局では、こうしたニーズに応える優秀なソフトを、全国の諸教会に提供しようと企画しました。プログラムの専門家が数年間かけてある教会の会計のために開発したものをもとに、さらに様々な教会の状況に対応するよう改良を重ねています。エクセルベースで動作も軽く、使いやすさを追求しました。

現在、予算決算委員会でも検討して下さり、推薦して下さることになりました。

提供形式は、教団出版局が作成・製造・販売をし、開発者が初期サポートを行う。内容は、教会の会計全般(財産目録含む)・教会員名簿・出席管理・献金管理はもちろん、教団提出のC表が自動的に作成できるようになります。

予定価格はソフト本体=2万円。メール等による初期サポート料=1万円の合計3万円(税抜き本体価格)。各個教会に特化したカスタマイズ・仕様変更や電話サポートは別契約・別料金となります。

さらに使い易いよう、改良を進め、11月上旬の発売を目指しています。

 

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友