【4680・81号】教区報告 共有すべき課題と独自の課題と

 

①第67回北海教区定期総会(20074月)に提出された「訴願」問題の解決について、今後なお誠実に対応していきたい。

②十年来、作成を進めてきた「日本基督教団罪責告白」試案ができあがり、今後一年間かけて、各個教会的告白へと降ろしていく。

③「にじのいえ・信愛荘」合併委員会を立ち上げ、全国募金を働きかける。教団の隠退教師のための施設として、教団センターにあたるものと認識している。

628日に教区創立10周年の記念礼拝を行った。

⑤「にじのいえ・信愛荘」は西東京教区内の青梅市にあるので、東京教区に協力していく。

⑥不登校・ひきこもりの青少年及び家族と共に歩む小委員会を宣教部のもとに設置する件を教区総会で可決。

⑦キリスト教教育主事の働きの場が確保されていない状況があり、その養成と働き場について検討していく。

2004年に発覚した前嘱託職員による会計横領のうち、全額の62パーセントにあたる791万円が弁済された。今後なお慎重に対処していく。

 

各教区総会が開催された直後の常議員会に当たるため、沖縄を除く全教区から、報告がなされた。書面による報告に基づき、教区議長が口頭でも報告した。1教区3分と時間が制限されたが、律儀に守る所もあれば大幅に超過する所もあり、また、書面での報告も、様式・字数が不統一であった。

参考になるかと考えて、教区議長が口頭でも特にふれた報告事項・今後の課題を一覧表にまとめ、○を付した。特定の意図のもとに編集したのではなく、機械的に置いたに過ぎない。しかし、自ずと見えて来るものがあるように思う。

(秋葉恭子報)

 

  • 日本伝道の推進を祈る日

    「2021 日本基督教団教会・伝道所一覧」発行

    10

    新型コロナウイルス対策資料

    共に仕えるためにPDF

    牧会者とその家族のための相談電話

    International Youth Conference in Kyoto

    日本基督教団2019年度宣教方策会議

    公募・公告

    エキメニュカル協力奨学金 申込書類一式

    日本基督教団年鑑2020年版

    よろこび

    日本基督教団 伝道推進室

    東日本大震災救援対策本部ニュース

    にじのいえ信愛荘

    教団新報 archive

    教日本基督教団 文書・資料集 申請書等ダウンロードコーナー

    月間 こころの友